徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】

  このエントリーをはてなブックマークに追加


次はちびっ子将軍。

満3歳で将軍、満6歳で夭折した哀しき七代目


徳川家継の肖像画
七代将軍・徳川家継
(読み:とくがわいえつぐ)
家継のここがすごい!
  • 満3歳で将軍になった


六代将軍・家宣もマイナー系でしたが、七代将軍・家継も知名度は低めですね。家宣もわずか3年しか将軍職に就いていなかったのですが、七代将軍・家継も将軍職にあったのはわずか3年。しかも満3歳から満6歳までという“幼将軍”。

なので、自分でなにかを成せるわけもなく評価もしようがないので、一般的にあまり知られていないのはしょうがない。政治に関しては、側用人の間部詮房と新井白石に一任し、先代・家宣の治世から続く「正徳の治」が行なわれました(幕府内の反発とかいろいろあって改革は頓挫)。

四代将軍・家綱、五代将軍・綱吉、六代将軍・家宣と3代にわたって世継ぎに恵まれなかった徳川将軍家。将軍が他界するたびに将軍継子問題に揺れました。

六代将軍・家宣には何人か子どもが生まれたのですが、不運なことに次々と幼くして命を落とし、家継だけが生き延びました。

とはいえ、家宣が他界した時、家継はまだたったの満3歳。幕府の公式記録『徳川実紀』に「生来聡明にして仁慈の心あり」と書かれ、先代の六代将軍・家宣のブレーンとして活躍した新井白石からもその利発さから将来を嘱望され帝王学を叩き込まれた家継でしたが、病には勝てずわずか満6歳で世を去りました。

新井白石の肖像画

新井白石「上様には期待してたのになぁ」

家継はあまりに幼くして将軍となったうえ病弱だったので、就任早々からある話題が持ち上がります。

「上様がお世継ぎを残さず他界されたら次期将軍は誰?」

大奥では次期将軍を巡り派閥争いが激化

父もすでにこの世におらず、周囲もそんな感じなので家継は孤独でした。哀れな家継が唯一心を許し、父のごとく慕ったのが側用人の間部詮房でした。間部が外出から戻ると自ら出迎え抱きついたほどだったとか。あまりに家継が懐いているのと、家継の生母・月光院が美しき未亡人であることもあって、「家継は本当は月光院と間部との不義の子では?」なんてゲスな噂まで流れたとか(デジャブ感)。

ちなみに、大奥スキャンダル事件として有名な「絵(江)島生島事件」が起きたのは家継の時代で、家継の生母・月光院と家宣(六代将軍)の正室・天英院による次期将軍を巡る熾烈な争いがウラにあるといわれています。

絵島生島事件(『新撰東錦絵 生島新五郎』月岡芳年 画)
スキャンダルの中心人物である大奥女中の絵島は月光院派の重要人物だったので、事件後、月光院派は劣勢となりました(『新撰東錦絵 生島新五郎』月岡芳年 画)
満6歳で他界した家継ですが、臨終時の身長に合わせてつくったといわれる大樹寺(愛知県岡崎市)にある位牌によれば135cmとかなり長身。現代っ子の満6歳男子の平均身長が122cm前後なので、当時の子どもと比較したらめちゃくちゃデカイ。なお、遺骨は長年の雨水により流され棺内には残っていなかったそうです。子どもの骨だからもろかったのでしょうか。

なお、七代将軍・家継が子を成さぬまま他界したことにより、“神君”徳川家康公から続いてきた徳川宗家の血はここで途絶えてしまいました

徳川家継の詳細データ
  • 生没:1709年8月8日(宝永6年7月3日)〜1716年6月19日(享保元年4月30日)
  • 将軍在位期間:正徳3年(1713年)4月2日〜享保元年(1716年)4月30日
  • 父:徳川家宣
  • 母:月光院
  • 正室:なし
  • 側室:なし
  • 子ども:なし
  • 身長:135cm
  • 死因:急性肺炎
  • 墓所:徳川将軍家の菩提寺・増上寺

次はお待たせしました。もしかしたら人気ナンバーワンかもしれない米将軍。

紀州からやってきた、知らぬ者なき“暴れん坊将軍”


徳川吉宗の肖像画
八代将軍・徳川吉宗
(読み:とくがわよしむね)
吉宗のここがすごい!
  • ものすごい強運の持ち主
  • ものすごく自分に厳しい生活をした
  • 「享保の改革」を行い「徳川幕府中興の祖」と尊敬を集める
  • 象が見たいからといってベトナムから輸入させ、象ブームを起こした


平和に慣れダレきった武士たちの根性を叩き直し、枯渇した幕府の金庫を立て直し、かつての強い幕府を取り戻すべく獅子奮迅の働きをし「徳川幕府中興の祖」と評される徳川吉宗。

歴代将軍のなかでも絶大な人気を今なお誇り、「江戸時代の名君といえば?」と聞かれたら「吉宗!」と答える人も多いのではないでしょうか。そして吉宗といったらやっぱりこのイメージ。



名作時代劇ドラマ『暴れん坊将軍』
画像引用元
名作時代劇ドラマ『暴れん坊将軍』は、吉宗人気のかなり大きな要因となっている気がします。このドラマで「吉宗は庶民に優しい偉大なる将軍」というイメージが完全にできあがったんじゃないでしょうか。 

さて、史実の吉宗も将軍職にあった29年の間にじつに多くのことを行いました。吉宗の行った幕府立て直し一大プロジェクト「享保の改革」は「江戸三大改革」のひとつとして教科書でもおなじみ。ちなみに、あとのふたつは「寛政の改革」と「天保の改革」です。

どんな改革だったか忘れちゃった方も多いと思いますので、「享保の改革」をざっとご紹介。

当時は、側近政治による政治の腐敗、それまでの浪費のツケで傾きまくった幕府の財政、平和に慣れきったことによる武士の惰弱化・・・などなど問題が山積しておりました。

で、吉宗はこうした問題を解消し、幕府の権力を再び強力なものとすべく大鉈を振るいまくりました。大雑把に「享保の改革」で行ったことをまとめますとーー

何はともあれ質素倹約

幕府財政を立て直すため、質素倹約を奨励。将軍ながら吉宗は、食事は1日2食・一汁三菜の粗食、着物は木綿に限定するなど自らが範となりぜいたくを厳しく戒めました。

大奥の改革

財政立て直しの一環で有名なエピソードがあります。吉宗の時代、大奥は巨大化してしまい、たいへんな“金食い虫”でした。ある時、吉宗は家臣に「大奥からとっておきの美女を50人選べ」と命令します。

選ばれた50人の美女たちを前に、吉宗はこう告げます。





八代将軍・徳川吉宗の肖像画

「君たちは美人なので良縁もあるだろう。大奥以外で働くように」


吉宗は大胆なリストラを断行することで、大奥のコスト削減を実現します。

「町火消し」の組織化をはじめとする江戸の都市改革

吉宗と同じく時代劇ドラマヒーロー名奉行・大岡越前こと南町奉行の大岡忠相(ただすけ)が主導。

一番組い組(『江戸の花子供遊び』「一番組い組」歌川芳虎 画)
大都市・江戸で頻発する火事から庶民を守るため組織されたのが民間の消防組織「町火消し」(『江戸の花子供遊び』「一番組い組」歌川芳虎 画)

「目安箱」の設置

庶民の意見を聞くためのシステム。貧乏人に優しい無料の医療施設「小石川養生所」も目安箱の投書が設立のきっかけ。吉宗は庶民の実情を調査するため子飼いのスパイ集団「御庭番」も駆使しました。(『るろうに剣心』にも登場するアレ)

経済の中心である「米」に関わるあれこれを改革

新田開発したり、年貢徴収法を変更したり。“米将軍”とあだ名されるほど。なにせ、当時の経済の中心は米でしたから、財政改革をするのに米は避けて通れませんでした。

司法制度の改革

幕府の基本法典である『公事方御定書(くじかたおさだめがき)』を作成。教科書でもおなじみ。

武芸の奨励

吉宗は体育会系将軍。幕府の平和路線により弱体化した武士たちを叩きなおすため、五代将軍・綱吉の「生類憐れみの令」以来禁じられていた鷹狩りを30数年ぶりに復活

尊敬する家康公も大好きだった鷹狩り、吉宗も大好き。鹿狩りも大好き。鷹狩りや鹿狩りは将軍の威光を示すイベントであり、集団における指揮体制の強化、江戸周辺の視察などの意味もありました。

江戸時代の鹿狩り(今の千葉県松戸市の小金牧、『小金原田蒐之図』部分)
今の千葉県松戸市の小金牧では大規模な鹿狩りがたびたび行われました(『小金原田蒐之図』部分)
などなど、改革で実行した施策は盛りだくさん。

ほかにも、優秀な人材をバシバシ登用したり、“甘藷先生”として有名な学者の青木昆陽にサツマイモの栽培を命じたり、キリスト教対策のため輸入が禁止されていた洋書の輸入を緩和したり(ただしキリスト教関係は厳禁)、桜の名所・飛鳥山をはじめ庶民の行楽地を整備したり、江戸に「象ブーム」を巻き起こしたり・・・。

あと、夏の一大イベントとして毎年テレビ中継もされる隅田川の花火大会。あれもその起源は吉宗にあり。大飢饉とコレラで命を落とした多くの人々の魂を弔うために大川(現・隅田川)で行った花火大会がルーツだといわれています。

超人的活躍をした“暴れん坊将軍”には超人的エピソードがたくさんあります。

身長180cm説もそのひとつ。マツケン吉宗のイメージがあるためか、たしかに長身なイメージがありますが、本当のところは推定身長156cm。ただ、これ江戸時代においては平均的な身長です。

まだあります。子どもの頃、周囲が手を焼くほどの本当の“暴れん坊”だったといわれる吉宗は身体能力がずば抜けていたそうで、突進してきた巨大なイノシシを一撃でぶちのめしたとか、逃げようとした獲物の鶴を2kmも走って追いかけたとか、とても将軍とは思えないトンデモエピソードのデパート状態。

江戸時代の鹿狩り(今の千葉県松戸市の小金牧、『小金原田蒐之図』部分)
和歌山駅にある吉宗像は、日本各地にある有名人の像の中でも屈指のカッコよさ!画像引用元
「徳川幕府中興の祖」としてその後の将軍たちからも手本とされ、時代劇ではヒーローになり“完全無欠な人気者”という印象の吉宗ですが、ここからは吉宗のちょっとブラックなお話。

そもそも吉宗は将軍になるはずもない立場でした。

吉宗の出身地は現在の和歌山県である紀州藩で、お父さんは御三家のひとつ紀州徳川家二代藩主・徳川光貞。お母さんは和歌山城の女中で、お風呂の番の時に“お手つき”になったともいわれてます。光貞の四男坊だった吉宗にとって将軍どころか紀州藩主も夢のまた夢、小藩の大名として生涯を終えてもおかしくありませんでした。

ところが、兄たちに加え父親までもが次々に他界し、棚ぼた式に紀州藩五代藩主になってしまいました。この時、吉宗22歳。

紀州藩主時代、吉宗は藩政改革をさまざま行い大成功を収めており、のちの「享保の改革」にはこの時の経験が大いにいかされました。

吉宗のラッキーは続きます。

六代将軍・家宣が病死、七代将軍・家継もわずか8歳で病死、そして、八代将軍最有力候補として名のあがっていた尾張藩主・徳川吉通(よしみち)までも謎の急死を遂げたのです。で、最終的に吉宗が八代将軍となったわけです。このあまりに都合よすぎる展開に、「吉宗がジャマ者を次々に毒殺したのでは?」という黒い疑惑が今もささやかれています。果たして、真相はいかに・・・?

徳川吉宗の八代将軍就任の様子(『旧徳川八代将軍宣下之図』)
吉宗の八代将軍就任を描いた明治期の作品(『旧徳川八代将軍宣下之図』)
また、「享保の改革」は「江戸三大改革」のなかで唯一成功した改革として非常に評価が高いのですが、幕府を立て直すために増税など農民に苦しいところを押し付けた改革でもありました。

幕府は潤ったけど農民は疲弊した、という部分でマイナス評価する向きもあります。農民一揆もめちゃくちゃ起きてるし。さらに、「ぜいたくは敵」方針を庶民にも強制したので文化的にも停滞期でした。

江戸時代の「打ちこわし」(『江戸市中騒動図』)
吉宗の時代、江戸でも「打ちこわし」が発生するように(『江戸市中騒動図』)
余談ですが同じ頃の尾張名古屋では“吉宗のライバル”といわれる尾張藩主・徳川宗春(むねはる)が吉宗の倹約路線に逆行するような積極政策で名古屋をバブル状態にしていました。バブルなんで、間もなく弾けちゃいましたが・・・。

最後に晩年の吉宗について。

あまり知られていませんが、晩年の吉宗は介護生活を送っていたようです。

将軍を引退後、中風(脳卒中)を患った吉宗は、右半身麻痺と言語障害という重い後遺症に悩まされたそう。側近の小笠原政登が記した『吉宗公御一代記』によれば、90人もの小姓が吉宗のお世話をし、食事やリハビリなどきめ細やかな介護がされたもよう。その甲斐あって、江戸城を歩き回れるくらいには回復した吉宗でしたが、脳卒中を再発し68歳で世を去りました。九代将軍・家重への心配を残して・・・。

右は馬上の吉宗公、左は吉宗が描いた馬の墨絵
画像右は馬上の吉宗公、左は吉宗が描いた馬の墨絵。馬が大好きだった吉宗は馬の絵も上手でした。画像引用元
輝かしい功績と絶大な人気のためあまり語られませんが、吉宗にも影の部分があったのです。

徳川吉宗の詳細データ
  • 生没:1684年11月27日(貞享元年10月21日)〜1751年7月12日(寛延4年6月20日)
  • 将軍在位期間:享保元年(1716年)8月13日〜延享2年(1745)9月25日
  • 父:徳川光貞(紀州藩二代藩主)
  • 母:浄円院(お由利の方)
  • 正室:理子(まさこ)女王(皇族の王女さま)
  • 側室:深徳院(九代将軍・家重の生母)、深心院(御三卿の一橋徳川家初代当主の生母)、本徳院覚樹院ほか
  • 子ども:徳川家重(九代将軍)、徳川宗尹(むねただ/一橋徳川家初代当主)ほか
  • あだ名:米将軍、鷹公方
  • 尊敬する人:初代・徳川家康五代将軍・徳川綱吉
  • 身長:推定156cm
  • 死因:脳卒中
  • 墓所:徳川将軍家の菩提寺・上野寛永寺


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22
一人鍋が定番! 江戸時代の冬の食事は現代とちょっと違っていた フグは庶民向け
寒い冬にこそおいしくなる温かい冬の食事。おでん、すき焼き、フグ、焼き芋...。今も見るけど、ちょっと違う江戸時代の冬の食事を紹介!
2017-01-15 14:52:57
ミニ氷河期だった江戸時代 庶民はどんな服装で冬の寒さをしのいだのか?
地球全体がミニ氷河期だった江戸時代。現代のような温かいコートやダウン、ヒートテックなどないなかで、人々はどのような服装で冬の寒さをしのいだのでしょうか?
2017-01-14 13:19:19
【食べないおせち料理】江戸時代の正月の常識が現代とだいぶ違う【お年玉はお餅】
現代のお正月といえば、初詣に行って、あけおめメールを送り合って、初売りで福袋をゲットしてといった感じですが、江戸時代の人々はどのようにお正月を過ごしていたのでしょうか?
2016-12-30 17:00:20
これが江戸時代!? ゆるカワすぎる仙厓(せんがい)和尚の作品に思わずニンマリする
「かわいい江戸絵画」が注目を集める昨今、禅僧・仙厓義梵(せんがいぎぼん)の画も唯一無二のユーモラス&抜群のカワイさで展覧会でも大人気。今回はそんな仙厓和尚の作品をたっぷりご紹介します。
2016-12-23 16:10:05

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
幕末関連の記事いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014/04/26 19:58:00
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
幕末関連の記事いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014/02/24 2:46:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 「53人の子を授かった精力絶倫のオットセイ将軍」「再評価が進むインテリ犬大好き将軍」など、15人の将軍は驚くほど個性豊かでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

トラックバックURL