ドラマティックなシーンをよりドラマティックに 今日の一枚 #44

本日8月4日は「橋の日」。数ある橋を描いた浮世絵のなかから特に印象的な一枚を。

『義経一代記五條ノ橋之圖』(歌川国芳 画)
『義経一代記五條ノ橋之圖』(歌川国芳 画)
満月が照らす橋の上。

大薙刀を振るうのは武蔵坊弁慶。その切っ先をひらりをかわすのは牛若丸。のちの源義経である。

そう、これは若き日の義経と弁慶の五条大橋での劇的な出会いを描いたもの。

誰もがよく知る名シーンを武者絵の名人・国芳は、大胆な遠近法を橋に用いることで非常にドラマティックに演出しました。これを見た当時の人は画面に吸い込まれるような錯覚を覚えたんじゃないでしょうか。

国芳の弟子である月岡芳年も五条大橋での名シーンを描いていますが、そちらもまた非常なる名作です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事