頂上目指して 今日の一枚 #51

本日「山の日」にちなんで、富士山頂を目指す人々とそれを照らす朝日。

『諸国名所 駿州 大宮口登山』(魚屋北渓 画)
『諸国名所 駿州 大宮口登山』(魚屋北渓 画)
ここは富士山登山の入り口のひとつ大宮口。

富士信仰の信者たちでしょうか。そろいのファッションに身を包んだ大勢の人々が山肌にはりつくようにして山を登っています。

これほどの人数が描かれているのに、ほとんどの人の顔は傘で隠れており、パッと見るとなにやら不思議な光景に。

画面右から登る朝日の丸と傘の丸がリンクしており、まるで朝日から丸たちが飛び出してきたようにも見えます。
光の描き方もユニークです。

ちなみにこちらの作品の作者は、かの葛飾北斎の弟子でもともと魚屋だった魚屋北渓(ととやほっけい)です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事