渾身の一撃 今日の一枚 #52

本日の一枚は、「武者絵の国芳」の本領発揮を感じさせる迫力。

『通俗 水滸伝豪傑百八人之一人』「花和尚魯知深初名魯達」(歌川国芳 画)
『通俗 水滸伝豪傑百八人之一人』「花和尚魯知深初名魯達」(歌川国芳 画)
どぉりゃああああああ!!!!

という雄叫びが画面のなかから聞こえてきそうです。

描かれているのは中国の伝奇小説『水滸伝』に登場する豪傑のひとり、魯智深(ろ ちしん)。
筋骨隆々の巨漢にして怪力の持ち主です。

国芳は、魯智深が太い松の幹を一刀両断する瞬間を描いているのですが、画面にみなぎる迫力がすさまじい。

ねじ切れる松の幹、飛び散る木っ端、盛り上がる筋肉、地面を踏みしめる足の指一本一本の力の入り具合……どこを切り取っても目をみはる表現力です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事