どんどんお蕎麦持ってきて〜 今日の一枚 #41

本日は7月最後の日なのでお蕎麦の絵。しかしお蕎麦を食べているのは……。

『木曽海道六十九次之内 六十八 守山』(歌川国芳 画)
『木曽海道六十九次之内 六十八 守山』(歌川国芳 画)
木曽街道にある守山宿のお蕎麦屋さん。

盛りそばのせいろが何段にも重ねられまるでタワーのようになっています。
そばつゆもお代わりしまくってるようです。

画面左に見えるのはこのお店の店員さん。追加のお蕎麦を運んできたところですがその量がまたスゴい!
そしてこの顔である。
(え!? まだ食うんですか!?)という心の声が聞こえてきそうです。

ちなみにこの山盛りのお蕎麦を美味しそうに食べているのは達磨さん。厳しい修行を自ら課していた達磨さんだけに相当おなかが減っていたようです。

ちなみのちなみ。守山宿の「守山」に「山盛りのお蕎麦」をかけたダジャレになっているそうな。

あー、なんだかお蕎麦が食べたくなってきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事