舞い上がり、巻きつく 今日の一枚 #33

本日の一枚は「文月ふみの日」にちなみ、手紙の浮世絵。ですが尋常ならざる一枚。

『月百姿』「月のものくるひ 文ひろけ」(月岡芳年 画)
『月百姿』「月のものくるひ 文ひろけ」(月岡芳年 画)
細い月が雲に隠れそうな暗い夜。

橋の上に立つひとりの美女。その手に握られた手紙はまるで生きているかのように天に舞い上り、あるいは彼女の体に巻きつきます。

この女性は天下人・豊臣秀吉の女中おちよ。
ある日、おちよは恋人の死を手紙で知り、そのショックから気が触れてしまい、手紙を体に巻きつけ城の周りを徘徊するようになってしまったのだといいます。

なんという悲しい話……。よく見ると描かれているおちよも裸足であり、尋常ではないようすが伺えます。

一見すると淡い色彩で描かれた幻想的で美しい作品ですが、物悲しさも漂うのはそういう逸話があるからなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事