熱くなんてない!!! 今日の一枚 #49

8月9日で「はり」と「きゅう」、つまり鍼灸。お灸の熱さに耐える表情が素晴らしすぎる作品をどうぞ。

『三十二相追加百面相』より(小林清親 画)
『三十二相追加百面相』より(小林清親 画)
表情豊かな4人の男女。
今回注目していただきたいのは左下にいる上半身裸の男性。

自分の腕をつかみ、歯を食いしばり、眉間に深くシワを寄せなにかに必死に耐えています。
そう、彼は今まさにお灸を据えられているところなのです。

なんだか見ているこちらまで力が入ってしまいますが、じわじわと笑いもこみ上げてくる絶妙な表情です。

これは「明治の広重」と呼ばれた明治の浮世絵師・小林清親の作品で、いろんな表情の人物が描かれている非常におもしろい作品です。

耳そうじ(右下)している女性の表情もたまりませんね。清親の観察眼と表現力のすごさを感じます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事