北斎の珍しい作品 今日の一枚 #53

本日の一枚は、森羅万象を描いた北斎にあって意外なことに珍しい美人のクローズアップ絵。

『風流無くてななくせ』「遠眼鏡」(葛飾北斎 画)
『風流無くてななくせ』「遠眼鏡」(葛飾北斎 画)
こちらは、天才絵師・葛飾北斎の珍しい大首絵(おおくびえ)の美人画。

「大首絵」とは上半身にクローズアップした人物画のことで、喜多川歌麿の美人画や写楽の役者絵などが特に有名です。

森羅万象を描こうとした北斎ですが、意外にも大首絵の美人画は『風流無くてななくせ』というシリーズものの2枚のみ。
『ななくせ』というシリーズ名から察するに7枚セットだったと思われますが、残念ながらほかの5枚は行方しれずです。

さて、こちらの絵、細面の美人が遠眼鏡をのぞいています。
よほど熱中しているのでしょう、半開きになった口がかわいらしいですね。

隣にいる日傘をさす女性が(私にも貸してちょーだいな)というような表情で見ているのもおもしろいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事