お米を1日5合食べていた !?江戸時代の食事がいろいろと衝撃的すぎる【庶民も将軍も】

江戸時代に庶民はどんな食事をしていたのか?そのレシピや食事回数、食べる量など現代人にとって驚くべきものでした。また、実は悲しい将軍の食事についても紹介します。

江戸時代、人々の食事回数は?

 
現代人の食生活といえば「1日3食」が基本ですが、この習慣が定着したのは江戸時代中期頃の元禄年間(1688~1704)といわれています。灯りの広がりにより1日の活動時間が延びたのが理由のひとつだそう。

『幼童諸芸教草』「膳」(歌川国芳 画)
(『幼童諸芸教草』「膳」歌川国芳 画)
母親が子どもにごはんを食べさせています。いつの時代もこの風景は変わらないですね

ちなみに、“暴れん坊将軍”こと八代将軍・徳川吉宗は質素倹約を掲げていたため1日2食を貫いたそうです。ストイックです。

スポンサーリンク


江戸の食事は米、米、米!!庶民はなにを食べていた?


さて、江戸時代の人々がいったいどんなものを毎日食べていたのか?まず、江戸の庶民の食事をちょっと紹介します。

『美盾十二史(みたてじゅうにし)』「申与次郎」(歌川国芳 画)
(『美盾十二史(みたてじゅうにし)』「申与次郎」歌川国芳 画)
食事をする男性。江戸時代はテーブルがないので、人々はひとり分ずつお膳に食器をのせて食事をしました。こちらの絵では、低い足のついたお膳(足付き折敷/おしき)に飯椀と漬物のお皿、お箸がのっています。その隣の黄色お皿はおかずが入っているのでしょうか。

男性の傍らにある大きな桶のようなものは、飯櫃(めしびつ)です。当時、炊飯器などありませんでしたからお釜で炊いたお米はこの飯櫃に移されました。それにしても、お世辞にも豪華な食事とはいえなさそうですね。

江戸時代の庶民の食事(再現)

こちらは江戸時代の庶民の食事を再現したものです。ごはん、味噌汁、漬物。

超シンプルな「一汁一菜」。

これが庶民の食事の基本でした。こんな少ない食事で体力持つの!?と思うかもしれませんが、江戸の人々の食事と私たち現代人の食事で大きく違う点がありました。

それは……



江戸時代の江戸っ子はお米を1日5合食べていた

お米の消費量です。

江戸は将軍のお膝元であり全国から年貢米などが集まってきました。米の流通システムも整備されていたため、長屋の住民でもよほどの貧乏人でない限りお米、それも精米した白米を食べることができました。「白米を食べられること」これは、江戸っ子の自慢のひとつでした。

では、どれくらいの量を1日で食べていたのか?
成人男性の場合なんとその量は……





1日5合

多すぎる。
これは多すぎる。
ちょっと信じられない量です。

家族ですら1日こんなにお米を消費しません。それを一人で食べちゃうとは。ちなみに現代人の1日の米消費量は「お茶碗2杯ちょっと」といわれています。歴然の差です。カロリーのほとんどを米で補っていたんでしょうね。

『台所美人揃』(喜多川歌麿 画)
(『台所美人揃』喜多川歌麿 画)
女性たちが朝食の準備をしています。お椀を拭いたり、野菜の皮をむいたり、竈(かまど)で火をおこしたり

お米ですが炊くのは朝の1回だけだったそう。江戸時代後期の風俗百科『守貞謾稿(もりさだまんこう)』によりますと、江戸の庶民の食事はこんな感じ。

朝食
ホカホカご飯、味噌汁
昼食
冷や飯、野菜もしくは魚などのおかず
夕食
お茶漬け、漬物

現代では1日の食事のうち夕食が一番豪華な傾向がありますが、どうやら江戸の庶民は昼食がメインだったようです。夜はすぐに寝るだけでしたから、さもあらん。

玄米ではなく白米をお腹いっぱい食べることを自慢にしていた江戸っ子ですが、デメリットもありました。

脚気(かっけ)」と呼ばれる病気です。これはビタミンB1不足によって起きる疾患で、足のしびれなどの症状が出ました。玄米には胚芽部分にビタミンB1を含有しているのですが精米するとこれが失われてしまうのです。

江戸の住民には脚気に苦しむ人が多かったのですが、江戸を離れて主食が白米から玄米や麦、雑穀になるとアラ不思議、いつの間にか脚気が治る。ということで脚気は当時、江戸だけの奇病として「江戸わずらい」とも呼ばれていました。

脚気をわずらった江戸時代の人(『熈代勝覧』部分)
(『熈代勝覧』部分)
脚気をわずらい車椅子のような台車に乗る人


脚気は恐ろしい病気で、徳川将軍15人のうち3人(10代・家治13代・家定14代・家茂)が脚気で死亡したといわれています。また、幕末の偉人・勝海舟の父親である勝小吉も脚気を患っていました。

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事