江戸時代の鯉のぼりは黒一色! 数百年前の子どもの日がいろいろと興味深い

色とりどりの鯉が大空を泳ぎ、ちまきや柏餅を食べながら子どもの健やかな成長を願う。そう、5月5日は「こどもの日」。現代でもなじみ深い「こどもの日」ですが、その由来や歴史は意外と知らないもの。ということで、江戸時代の「こどもの日」へご案内!

江戸時代の端午の節句。鯉のぼりや武具飾り、武者人形がみえる(『江戸砂子年中行事 端午の図』揚州周延 画) 
巨大な鯉のぼりが空を泳ぎ、屋敷のなかには武具飾りや武者人形が飾られています(『江戸砂子年中行事 端午の図』揚州周延 画) 

「端午の節句」ってどういう意味?


屋根よ〜り〜高い鯉のぼり〜♪ という童謡『こいのぼり』でもおなじみ、毎年5月5日は「こどもの日」です。3月3日の「ひな祭り」が女の子のお祭りなら、5月5日の「こどもの日」は男の子が主役。

ちなみに、「こどもの日」が国民の休日となったのは戦後の1948年(昭和23年)のこと。今では「こどもの日」という呼び名が一般的になっていますが、正式名称は「端午(たんご)の節句」といいます。

江戸時代にも「こどもの日」こと「端午の節句」は幕府により重要な日(式日)と決められていました。「端午の節句」のほか4つの節句があり、合わせて「五節句」といいます。

  • 1月7日「人日(じんじつ)の節句」
  • 3月3日「上巳(じょうし/じょうみ)の節句」←いわゆる「ひな祭り
  • 5月5日「端午の節句」 ←これが「こどもの日」
  • 7月7日「七夕の節句
  • 9月9日「重陽(ちょうよう)の節句」

短冊を笹に飾り付ける江戸時代の子供たち(『雅遊五節句之内七夕』歌川国芳 画)
現代、わりとスルーされがちな七夕も江戸時代には幕府認定の重要な祝い日だったんですね(『雅遊五節句之内七夕』歌川国芳 画)
ここで、ちょっとウンチク。

「端午の節句」の「端」とは「はじめ」を意味し、「端午」とは「月のはじめの午(うま)の日」のことです。つまり、「端午」とは本来5月に限ったはなしじゃなかったんです。これがいつの頃からか、「午(ご)」と「五」の音が同じこと、奇数が重なるのはオメデタイということなどが合わさって5月5日=端午の節句となったんだとか。

なお、江戸時代にも端午の節句は5月5日に行われていたんですが、もちろん旧暦の5月5日。なので、現代の新暦カレンダーにすると5月下旬から6月上旬あたりになります。

2017年の場合だと、旧暦5月5日は新暦5月30日になります。江戸時代のこどもの日は初夏のイベントでした。

江戸時代の端午の節句(『五節句之内 皐月』河鍋曉翠 画) 
女性たちは晴れ着に身を包み、子どもたちは戦いごっこに汗を流す。遠くには屋根より高い鯉のぼりが大空を泳いでいます。ちなみにこちらの作品は“画鬼”河鍋暁斎の娘、河鍋暁翠(きょうすい)のもの(『五節句之内 皐月』)

スポンサーリンク


厄払いイベントから男の子のイベントへ


「端午の節句」というとイコール「男の子の成長を願うイベント」というイメージがありますが、もともとは男の子無関係の行事でした。

古代中国では「五月は1年で一番悪い月」と考えられていたそうで、特に念入りに厄払いが行われていたんだそう。そこで、その香りから邪気を払う神聖なパワーを持つという蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)などを門に飾ったりしました。

この風習が奈良時代に日本にも伝来し、平安貴族たちも軒先に菖蒲や蓬を刺したり、菖蒲の葉でつくった薬玉(くすだま)を贈りあってそれを吊るし邪気を払いました。また、野山に出かけて薬草摘みをしたんだとか。

かの清少納言も『枕草子』のなかで「節は五月にしく月はなし。菖蒲、蓬などのかをりあひたる、いみじうをかし」と書いています。超訳すると「端午の節句はキング・オブ・節句。菖蒲や蓬などの香りが漂って、ほんとトキメクわぁ♥」って感じ?

菖蒲の葉でつくった薬玉を見る女性(『十二ケ月の内 五月 くす玉』渓斎英泉 画)
文をしたためる女性が見上げているのが菖蒲の葉でつくった薬玉。今ではほとんど見かけないですね(『十二ケ月の内 五月 くす玉』渓斎英泉 画)
さて、雅やかな貴族の時代から、血気盛んな武士の時代へ変わると「端午の節句」のありかたは激変します。

厄払いアイテムとして使われていた菖蒲が「尚武(武を尊ぶという意)」「勝負」に通じる、そのシュッとした見た目が刀に似ているなどから、「端午の節句」が「尚武の節句」として武家で盛んに行われるようになったのです。さらにそこから、男の子の成長や出世を願う日へと変わっていきました。

ここでちょっと余談。

「端午の節句」で重要な菖蒲ですが、イメージはこんな植物なはず。

花菖蒲

紫がかったブルーの花が美しい。たしかに「こどもの日」が近づくとよく見かけます。しかし!これは菖蒲ではなく花菖蒲(はなしょうぶ)というアヤメ科の植物。菖蒲は菖蒲でも菖蒲ちがいです。

一方、「端午の節句」で使われる菖蒲の花はこんな感じ。

菖蒲の花。端午の節句で使われる
文をしたためる女性が見上げているのが菖蒲の葉でつくった薬玉。今ではほとんど見かけないですね(『十二ケ月の内 五月 くす玉』渓斎英泉 画)
うーむ、地味。

ちなみに、菖蒲はサトイモ科の植物で、シュッと細長い葉や根からはとてもいい香りの精油(エッセンシャルオイル)が抽出されます。この香りが邪気を払う、と古来いわれてきたのですね。

「こどもの日」のイメージとして見栄えもいいので花菖蒲が使われていることもよくありますが、菖蒲は菖蒲でも正しくは地味な花の方の菖蒲なので注意しましょう!

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事