【画像あり】江戸時代にも眼鏡はあった?日本の眼鏡の意外な歴史を紹介【値段は?】

いまや視力に関係なくファッションで身に着けることもあるメガネですが、その歴史は意外と長く、じつは江戸時代にもメガネはありました。今回は江戸時代のメガネ事情についてご紹介します!

眼鏡を試す江戸時代のおじいちゃんとおばあちゃん(葛飾北斎 画)
眼鏡を試すおじいちゃんとおばあちゃん(葛飾北斎 画)

戦国時代にはじまった眼鏡の歴史 in 日本


実用的なものはもちろん、度の入っていないファッション用のダテ眼鏡まで現代ではバラエティ豊かな眼鏡がお手頃プライスで気軽に手に入ります。なんといういい時代。

さて、そんな眼鏡ですがいつ頃からこの世にあると思いますか?

実は眼鏡の歴史については不明な点が多く、現代でも正確な誕生時期というのはわかっていないそうです。13世紀のイタリアで眼鏡が誕生した、というのはほぼ間違いないようですが、誰がいつ眼鏡を発明したのか? というところまでは解明されていないらしい。ちなみにレンズそのものはもっともっと歴史が古く、紀元前にまでさかのぼれるとか。

眼鏡をかけた人物を描いた最古の絵(『枢機卿ウーゴ・ディ・プロヴェンツァ』)
書物を読んでいる男性が眼鏡をかけています。この絵は「眼鏡をかけた人物を描いた最古のもの」といわれています(『枢機卿ウーゴ・ディ・プロヴェンツァ』)
ちょっと余談ですが、眼鏡が誕生した13世紀の西欧諸国は教会中心の社会でありました。そんな社会では「目が悪くなるのは神が与えたもうた試練」という考え方があり、視力を矯正する眼鏡は「悪魔の道具」とみられていたんだとか。

スポンサーリンク


その後、眼鏡を必要とする=博識のエリートという新たな考え方も誕生、浸透していきました。現代でも「眼鏡=インテリキャラ」みたいな捉え方はありますよね。「眼鏡=オタクキャラ」というのも定番ですが、オタクもあるジャンルにおいて博識なわけですから、眼鏡は博識の象徴といえるでしょう。

「メガネキャラ」の代表といえば名作マンガ『スラムダンク』の「メガネ君」こと小暮くん
「メガネキャラ」の代表といえば名作マンガ『スラムダンク』の「メガネ君」こと小暮でしょう(異論は認めない)。
さてさて、では日本に眼鏡がやってきたのはいつ頃かといいますと、1551年(天文20年)のことだといわれています。戦国時代のまっただ中です。

我が国に眼鏡をはるばる持ってきてくれたのは教科書でおなじみのこちらの人物だそう。



宣教師 フランシスコ・ザビエルの肖像画

宣教師・フランシスコ・ザビエル

キリスト教を布教するため来日したザビエルが、当時、強大な勢力を誇っていた周防(すおう)国(現・山口県)を布教の拠点にしようと考え、その許可を得るため国主・大内義隆へ13種類の貴重なプレゼントを贈りました。そのプレゼントのひとつが眼鏡だったんだとか。

これが「日本最古の眼鏡」といわれていますが、ヒジョーに残念ながら現存していません……

一方、「我こそが日本最古の眼鏡なり!」と主張する眼鏡がこちら。

将軍・足利義晴の眼鏡(日本最古の眼鏡ともいわれる)

これは室町幕府十二代将軍・足利義晴の持ち物だったとされる眼鏡で、京都の大徳寺で発見され現存しています。

現在の眼鏡と異なり耳にかける“つる”はなく、手で持つタイプ。フレームは白象牙でできているというエキゾチックな逸品です。折りたたむことができ、サイケなデザインが目を引く眼鏡ケースに収納できました。この眼鏡こそが、ザビエル大内義隆へ献上した眼鏡よりさらに古いという主張もあります。が、結論は出ていません。

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事