【画像あり】お月見は2回が正式!?江戸時代の月見が今とずいぶん違う【由来は?】

秋のイベントといえばハロウィン!ではなく、日本人なら月見も忘れちゃいけない。意外と知られていない月見の由来についてまとめてみました。

『月の夜忍逢ふ夜』(歌川国貞 画)
月を見ながら女性が恋人を待っています(『月の夜忍逢ふ夜』歌川国貞 画)

「十五夜」ってそもそもなんだ?


さて、月見といえば「十五夜」。ですが、その意味や由来は意外と知られていません。

新月を1日目として満月になる15日目を「十五夜」と呼び、空が澄み、月がもっとも美しく見えるといわれる旧暦の8月15日に月見をしました。

スポンサーリンク



「中秋(ちゅうしゅう)の名月」なんてステキな呼び方もありますが、これは旧暦の7月、8月、9月が“秋”にあたり、「十五夜」のイベントがある旧暦8月は秋の真ん中、つまり「中秋」であったことに由来します。

ちなみに、十五夜が必ず満月とは限らないそうで、1~2日ズレて満月になることもよくあるとか。でも、十五夜は月見という“お祭り”なので、細かいことは気にしないスタイルを採用。

『風流源氏つくだ』(歌川広重・三代歌川豊国 画)
料亭で風流な月見を楽しむ美女ひとり(『風流源氏つくだ』歌川広重・三代歌川豊国 画)
旧暦の8月15日は現代の暦でいうところの9月中旬から10月中旬にあたり、現代人が十五夜をする場合、毎年日付が変わるので年毎にチェックが必要です。

2016年はいつかといいますと、9月15日が「十五夜」です。なお、満月には2日早いです。(ちなみに、2017年の十五夜は10月4日、2018年の十五夜は9月24日です)

月にウサギが住んでいるワケ


十五夜の晩、とあるご家庭で「ねぇねぇお母さん、月にはウサギさんが住んでるの?」「そうよ。ほらごらん、あそこでウサギがお餅を搗いているよ」なんて、微笑ましい母娘の会話が交わされることも。

ちなみに、日本では月のウサギはお餅を搗いていますが、中国では月のウサギはお餅ではなく不老不死の薬を製造しているのだとか。さすが、中国。始皇帝から不老不死に強いこだわりがあります。

このように、「月にはウサギがいる」という伝承は日本だけでなく中国やタイなどアジア諸国で古くからいわれているのだそう。

浮世絵師・鈴木春信の『月のウサギ』
満月を見つめる2匹のウサギもかわいらしい、浮世絵師・鈴木春信の『月のウサギ』
それにしても、なぜ月にウサギなのか?

冷静に考えればかなり斜め上の発想ですが、これは仏教の説話が元ネタだといわれています。どんなお話しかというと――

むかーしむかし、猿とキツネとウサギが山の中で行き倒れているヨボヨボのおじいちゃんを発見します。優しい3匹はおじいちゃんを助けようとそれぞれ食料を探しに行きます。猿は木の実を、キツネは魚を獲ってきておじいちゃんに食べさせます。でも、ウサギはどーしても収穫ゼロ……。なんとかしておじいちゃんの力になりたいウサギは、なんと自らが“食糧”となることを決意し、猿とキツネに火を起こしてもらうと火中に飛び込みました。それを見たおじいちゃんはウサギの清らかな魂に感激し、その慈悲深さを誰もが見ることができるようにウサギを月へ昇らせたのだとか。なお、おじいちゃんの正体は帝釈天という神様です。


イイハナシダナー

月にウサギ、その伝承にはこんな優しいウサギの話があったんですね。

スポンサーリンク


江戸時代に一般的になった月見イベント


さて、月見のルーツは中国にあるといわれていますが、なんと始まったのは唐の時代(7~10世紀)にまで遡るそう。

それが平安時代に日本に伝わり、貴族たちの遊びとして定着しました。池に船を浮かべ、水面や盃に移る月を愛でながら詩歌を詠んだり、音楽を奏でたりしたとか。直接月を眺めるのではなく、あえて間接的に月を楽しむ。雅です。

「名月管弦祭」は十五夜の夜に行われる(京都 下賀茂神社)
京都にある下賀茂神社では、毎年、十五夜の夜に「名月管弦祭」が行われ、平安時代の月見を現代によみがえらせています。画像引用元:
そんな月見が秋のイベントとして一般庶民にまで広まったのは江戸時代のことで、江戸近郊の“月見の名所”には大勢の人々が集まり月見を楽しみました。

“月見の名所”として有名だったのは、隅田川、深川、高輪、品川、不忍の池など。川辺や海辺といった水の近くでの月見が人気だったんですね~。

高輪での月見のようす(『江戸名所高輪の月見』歌川国輝 画)
月見の名所として人気があった高輪での月見のようす。浮世絵にもたくさん描かれています。月見に欠かせない月見団子とススキもちゃんとあります(『江戸名所高輪の月見』歌川国輝 画)
平安貴族たちが舟を浮かべて月見を楽しんだように、江戸っ子たちの間では隅田川に船を浮かべて月を眺めることが“たまのぜいたくな遊び”として流行したそう。

隅田川で優雅に月見(『四季心女遊 秋』歌川国芳 画)
隅田川で優雅に月見。雲がかかった満月もまた風流。それにしても子どもの時からぜいたくしているな(『四季心女遊 秋』歌川国芳 画)
今では月見に屋形船なんて粋な遊び方はなかなかする人もいなさそうですが、一度マネしてみたいもんです。

月見は2回やるのが正式ってどういうこと?


現代、月見といえば「十五夜」ですが、じつは江戸時代にはもうひとつの月見の行事がありました。

その名を、


十三夜(じゅうさんや)


「十五夜」が旧暦8月15日に行うのに対し、「十三夜」は旧暦9月13日に行い、「後の月見」と呼ばれていました。

ちなみに、月見行事は中国から伝来したものですが、「十三夜」は日本オリジナルの風習です。

今ではマイナーになってしまった十三夜ですが、当時は「十五夜」と「十三夜」の両方の月見を行ってこそ“本当の月見”といわれ、どちらかの月見しかしないことを「片見月(片月見)」と呼び、縁起が悪いとされました。

農村では「片見月は不作に陥るぞ~」と忌み嫌われていたんだとか。

身分の高そうな美女たちによる月見(『佳人遊園之月見』楊斎延一 画)
大奥の女中たちでしょうか。身分の高そうな美女たちが涼し気に月見をお楽しみ(『佳人遊園之月見』楊斎延一 画)
「片見月は縁起が悪い」という風習をうまく利用したのが吉原です。

吉原には節句や年中行事にあわせて設定された「紋日(もんぴ)」というキャンペーンデイがあるのですが、月見も重要な秋のイベントとして「紋日」とされました。

「紋日」は特別な日なだけに、お客は遊女にいいところを見せようといつも以上に見栄を張り散財しました。そんな気前のよい上客をたくさん集めるのは遊女の腕前次第。

遊女たちは、上客を「十五夜」に誘うと、「片見月は縁起が悪いので、十三夜も一緒に楽しみましょうね♡」と次回来店も確約させたんだとか。

やるなぁ。

吉原での月見のようす(『吉原青楼年中行事 良夜之図』喜多川歌麿 画)
吉原での月見のようす。麗しい遊女を侍らせて眺める月はさぞかし絶景だったことでしょう(『吉原青楼年中行事 良夜之図』喜多川歌麿 画)

お月見アイテムその1、ススキ


さてさて、月見に欠かせないものと言えば「ススキ」と「月見団子」でしょう。

月見に欠かせない「ススキ」と「月見団子」
画像引用元:シミュライズ
まずは、ススキについて。

月見にススキを飾るようになった理由は次の3つが有力だそうな。

  • 神の依代(よりしろ)である稲穂の代わり
  • 月見は豊作祈願・五穀豊穣のお祭りでもあったので、稲穂に似ているススキを飾る
  • 切り口が鋭いので魔除けになる

魔除けパワーを標準装備しているススキは、月見でお供えした後、家の軒先に吊るしておくと1年間病気にならない、と言われたそう。すごいぞ、ススキ!

『月見の母と娘図』(喜多川歌麿 画)
お母さんと娘さんがススキを飾ってお月見。どんな会話をしているんでしょうか(『月見の母と娘図』喜多川歌麿 画)

お次は、みんな大好き月見団子について。

スポンサーリンク


お月見アイテムその2、月見団子


月見に欠かせない大人も子どもも大好きなものといえば、そう月見団子です。

月見のお供え物として団子がラインナップに加わったのは江戸時代中期以降のことだそう。江戸時代前期に食べていたのは芋煮を食べて月見を楽しんだのだとか。

三方に月見団子(『東都名所遊観 葉月高輪』部分 歌川豊国 画)
三方にまん丸の月見団子が(『東都名所遊観 葉月高輪』部分 歌川豊国 画)
お月さまのようにまん丸な団子は、大きさも十五夜にちなんで1寸5分(およそ5㎝)で、供える数も15個。下段に9個+中段に4個+上段に2個を積み上げます。

ちなみに、月見団子は東西で形や数に違いがあるといわれています。

江戸ではまん丸のお団子を15個。対して京や大坂などの上方ではサトイモのように先っぽがちょっと尖がったお団子を12個。12という数字はその年に出た満月の数に由来するとか。

上方バージョンの月見団子
上方バージョンの月見団子。たしかにサトイモみたい。画像引用元All About
また、旧暦9月13日の「十三夜」でも月見団子をお供えするのですが、十五夜とは数が微妙に違い、十三夜なだけに13個です。下段に9個+中段に3個+上段に1個を積み上げます。

余談ですが、お月見泥棒というなんだかユニークな言葉を知っていますか?

十五夜の夜、この時に限っては他所の家にお供えしてある月見団子をこっそり盗み食いしても怒られないという風習のことです。

ただし、子どもに限る

大人がやると、「え、なにしてんの、あんた?」となる。

なんでも“子どもは月からの使者”と考えられていたそうで、縁側から月見団子がなくなれば「あら、神様が食べたのね」とまた追加を置いてくれたのだとか。

『風流十二月 八月』(石川豊雅 画)
満月を指さす子どもたち。これからみんなで「お月見泥棒」に向かうのかも(『風流十二月 八月』石川豊雅 画)
この子どもニッコリな風習は、一説に江戸時代から始まったといわれ、現代でも日本各地で行われており、子どもたちが「お月見泥棒で~す」などと家々で声をかけ、月見団子のかわりにお菓子をもらったりするそうです。これはもう、ジャパニーズハロウィンですね(謎。

お団子のほかにも秋の恵みをお供え


豊作祈願や収穫への感謝の意味も込められていた月見。

地域によっては十五夜にその時期に収穫されたサトイモをお供えしたので、十五夜を「芋名月」と呼んだりします。また、十三夜の時には栗や豆をお供えしたので、十三夜には「栗名月」「豆名月」なんて別名もあります。

収穫時期によってお供え物も変わり、それにより呼び方も変わる。ちょっとオモシロイですね。

ほかにも、秋が旬のフルーツである柿やブドウ、梨などもお供え物としてメジャーだったようです。

江戸時代にもブドウがあったことにビックリ。どうやら山梨県では鎌倉時代から栽培が始まったそうです。ブドウの歴史、意外と長し!

江戸城大奥での月見(『千代田の大奥 月見之宴』楊洲周延 画)
江戸城大奥での月見を描いたもの。画像右を見ると三方の上に乗った果物が(『千代田の大奥 月見之宴』楊洲周延 画)
また、江戸時代後期、十五夜の夕食には蛤(はまぐり)のお吸い物を食べる、という風習もあったともいわれています。

ほかにも、お神酒や季節の野花などもお供えしました。とにかく、「その時にとれたものを感謝の気持ちを込めて月にお供えする」という感じでしょうか。

季節の行事が行われなくなりつつある現代ですが、由来を知るとちょっと今年はやってみようかな、と思ったり。美しい月を眺めながら久しぶりの月見を楽しむのもオツではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: 投稿日:カテゴリ:カテゴリー 現代に繋がる,

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事