江戸時代のベストセラー21作品をまとめたらカオスだった【今だと物議をかもす本も】

江戸時代の出版業界は大盛況!今も愛読される作品から現代だと物議をかもしそうな作品まで様々誕生しました。江戸時代のベストセラー&ロングセラーを21作品ご紹介します。

本を求める江戸時代の人々(『画本東都遊』より/葛飾北斎 画)
江戸を代表する版元・蔦屋重三郎の店は本を求めるお客で大にぎわい(『画本東都遊』より/葛飾北斎 画)

庶民の読書熱のウラに貸本屋あり


ベストセラー紹介の前に江戸時代の出版事情について。江戸時代前期の1624~44年頃、木版印刷が普及すると商業出版が本格的にスタートし、本が一気に身近になりました。

当初、出版業界の中心は京であり、出版物も仏書や歴史書など硬派なものばかりでしたが、絢爛な文化が花開いた元禄期(1688~1704年)になると、大坂で井原西鶴の『好色一代男』が大ヒット。娯楽作品のヒットは出版革命を起こしました。

スポンサーリンク


さらに江戸時代中期になると江戸でも出版業が本格化。娯楽小説をはじめ実用書、ハウツー本、教育本、ガイドブックなど次々に新しいジャンルが開拓され、様々なベストセラーが生まれました。

一説に江戸時代には「ベストセラー」に似たような言葉として「千部振舞(せんぶぶるまい)」というのがあったとか。祝!1000部達成!!ということで本屋は総出で氏神さまへお参りに行ったそう。

江戸時代の製本作業のようす(『的中地本問屋(あたりやしたじほんどいや)』十返舎一九 著)
製本作業のようすを描いたもの。当然ながらすべて手作業です(『的中地本問屋(あたりやしたじほんどいや)』十返舎一九 著)
出版業界の盛況により本屋も増加、本はさらに身近になります。ただ、現代に比べると本の値段が高かった江戸時代、庶民は本を買うのではなくレンタルして楽しみました。そこで活躍したのが貸本屋(かしほんや)です。

江戸時代後期には江戸だけで656軒もの貸本屋があったそう。1軒あたり得意先を170ほど抱えていたといわれるので、ざっと計算しただけで10万軒以上の人々が貸本屋を利用していたことになります。

さらに、レンタルした本を回し読みするなんてことも普通だったそうなので、読書人口はものすごいことになったようです。

江戸時代の貸本屋(『倡客竅学問(しょうかくあながくもん)』十返舎一九 著)
画像右の男性が貸本屋。風呂敷に包んだ本を顧客である遊女に見せています(『倡客竅学問(しょうかくあながくもん)』十返舎一九 著)
貸本屋のシステムは現代とほぼ同じ。借りる日数によりレンタル料が決まったり、延滞料や紛失・破損による弁償代なんかも発生したそう。また、貸本屋の目玉商品といえば、本屋で扱えない発禁本。内容は政治批判や海外事情、エロティックな「艶本(えほん/えんぽん)」など。

前置きが長くなりましたが、まずは娯楽小説のヒット作を紹介していきます!

スポンサーリンク


今もファン多し! 全106冊で綴る伝奇ロマンの最高峰


<1作目>

『南総里見八犬伝』(曲亭馬琴 作)
『南総里見八犬伝』(1814~42年)
曲亭馬琴


~あらすじ~
舞台は室町時代の安房国(現・千葉県)。「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌(てい)」の珠と牡丹の形をした痣をもつ宿縁で結ばれた8人の若者「八犬士」が、里見家再興を願い悪と戦う波乱万丈のスペクタクルストーリー。

因果応報・勧善懲悪をテーマにした大人の長編小説「読本(よみほん)」の傑作です。映画や舞台、アニメにもなっているので、作品名を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

映画『里見八犬伝』(深作欣二監督、薬師丸ひろ子主演)
1983年に公開された映画『里見八犬伝』は名作。監督は深作欣二、主演は薬師丸ひろ子
『南総里見八犬伝』は、作者・曲亭馬琴のライフワークであり、完成までに28年もの歳月がかかりました。晩年、馬琴は失明し執筆が不可能となりましたが、息子の妻に口述筆記させることで作品を完成させました。すさまじい執念。

キャラが立っていて名シーンが多い『八犬伝』はメディアミックスにうってつけだったようで、歌舞伎や人形浄瑠璃になったほか、浮世絵、双六、手ぬぐいなどさまざまな商品展開でさらに人気を集めました。

ここがヒットのポイント!
主人公である八犬士はもちろん、特にアクの強い悪役たちのキャラクターが魅力的。バトルシーンのハラハラ感、勧善懲悪のわかりやすいストーリーで読後感もバツグン。

歌舞伎上演された『八犬伝』の役者絵(歌川国貞 画)
歌舞伎上演された『八犬伝』の役者絵。キャストの似顔絵と役名が描かれています(歌川国貞 画)
また、大長編なのでダイジェスト本も大人気になったほか、八犬伝はエロパロが春画にもなっていました

南総里見八犬伝のパロディ春画(歌川国貞の『恋のやつふぢ』)
『八犬伝』のパロディ艶本『恋のやつふぢ』(歌川国貞 画)。エロパロながら本文・挿絵ともに原作を忠実になぞるハイクオリティ。佐世姫(原作の伏姫)が妖犬・八総(原作の八房)に犯されています

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事