大晦日といえば借金取り立て!大掃除後に胴上げ!江戸時代の年末風物詩を紹介

  このエントリーをはてなブックマークに追加


江戸っ子の大晦日はやっぱり年越し蕎麦で〆る


さぁ、いよいよ大晦日。

現代人の年越しスタイルといえば、12月31日の深夜0時に鳴る除夜の鐘を聞きながら(もしくはテレビで見ながら)年越し蕎麦を食べる、というのが多いんではないでしょうか。

でも、太陽が沈むと1日がおしまい、と考えられていた江戸時代大晦日の日没が年越しのタイミングでした。なので、大晦日の夜にお雑煮や年取り膳を食べ、歳神様をお迎えしたのです。ちなみに歳神様をお迎えするため大晦日の夜は一晩中、神社などにこもって寝ずにもの意味する習慣もあったんだとか。眠い!

なお、“不夜城”吉原も大晦日は午後10時頃(引け四つ)で全店閉店、元日も終日休業でした。なので、「吉原できれいな遊女を侍らせて寝正月とシャレこもう!」なんてことはどんなお金持ちにもできませんでした。

さて、大晦日に欠かせないBGMといえば除夜の鐘でしょう。

「除夜」とは「旧年を除く」という意味で、大晦日の夜に除夜の鐘をつくようになったのは奈良時代からなのだとか(諸説あり)。そんな昔からゴーン、ゴーンやってたんですね。ちなみに108回鳴らすのは人間の煩悩の数が108つと仏教でいわれており、鐘をつくことで煩悩をひとつずつ心から突き出してしまおうというわけです。

もうひとつこれがなくちゃ年が越せないというのが年越し蕎麦。

蕎麦といえば江戸グルメの代表格ですから、もちろん年越し蕎麦は大晦日の定番でした。

『どうれ百人一首』より年越し蕎麦をすする男性
『どうれ百人一首』より年越し蕎麦をすする男性
余談ですが、江戸っ子=蕎麦大好き!みたいなイメージがありますが、じつは江戸時代中期以前は江戸でも蕎麦よりうどんの方が人気でした。ナンテコッタイ。また、古くは今でいう蕎麦がき=蕎麦で、麺状のものは「蕎麦切り」と呼ばれ別メニューでした。


やがて蕎麦の人気はうどんを凌駕し、江戸っ子はなにかにつけ蕎麦を食べたり、蕎麦を贈ったりするようになりました。引っ越したら「引っ越し蕎麦」、吉原の遊女が馴染み客から布団をプレゼントされたらご祝儀に蕎麦・・・てな感じです。歌舞伎役者は舞台でセリフを間違えると「とちり蕎麦」といって共演者や関係者に自腹で蕎麦を振る舞う、なんてユニークな慣習もあったそう。また、商家などでは毎月末(晦日〈みそか〉)に「今月も無事に過ごせたね」といって蕎麦を食べました。この「晦日蕎麦」のラストを飾るのが大晦日に食べる年越し蕎麦であり、江戸時代中期頃には庶民にも年末の恒例イベントとして定着したようです。

江戸時代中期に刊行された『眉斧日録(びふにちろく)』という本にも「闇をこねるか大年(大晦日)の蕎麦」とあります。

江戸の二八蕎麦屋(『大晦日曙草紙』より)
江戸の二八蕎麦屋。おいしそうに蕎麦をすするお客で賑わっています(『大晦日曙草紙』より)
なお、2月初旬の立春の前日に食べた「節分蕎麦」こそが年越し蕎麦だった、という説もあります。「年越しになんで蕎麦?」という理由については諸説あり、未だに決着はついていません。有名な説をざっと列挙するとーー

その1「細く長く説」
細く長い蕎麦にあやかって長寿を願う、というもの。
その2「運蕎麦説」
鎌倉時代に博多の承天寺で謝国名という人が、年末に貧しい人々に「世直し蕎麦」として人々に蕎麦餅を振る舞い、それを食べた人々の運気が上がったことにあやかって、というもの。
その3「切れやすい説」
ブチっと切れやすい蕎麦を食べ、1年の厄災や穢れ、なんなら借金とも縁を切ろう、というもの。
その4「蕎麦たくましい説」
激しい風雨にさらされても日が当たれば再び立ち上がる蕎麦のたくましさにあやかろう、というもの。
その5「金運説」
金銀細工師が金箔を打つ時にソバ粉を使ったり、金粉を集めるのに蕎麦団子を使ったことから、蕎麦はお金を集める縁起物、というもの。
その6「デトックスフード説」
蕎麦には五臓六腑を清める効果があり、蕎麦を食べ清らかな身体で新年を迎えよう、というもの。

などなど。どれもそれっぽくもあり、後付感もあり・・・果たして真実はどれだ!?

なお、具体的にどんな蕎麦メニューを年越し蕎麦として食べていたのかは残念ながら不明・・・。江戸時代はミニ氷河期で今より寒かったから、かけ蕎麦じゃないかと個人的には予想しています。でも意地っ張りな江戸っ子のことだから「もり蕎麦を寒い時に食べるのが粋☆」とか言いそうな気もしますね。

こうして大晦日の夜も更け、日が昇ればめでたい元日となりました。

あけましておめでとうございます。

大掃除に餅つき、年末セールに年越し蕎麦ーー今でも続く年末の恒例イベントは江戸時代にぜんぶあったんですね。意味が消えたもの、姿を消したものもありますが、伝統行事として大切にしたいものです。

あわせてどうぞ→
【画像あり】江戸時代にもクリスマス!? 日本初のサンタは侍の格好だった!
【食べないおせち料理】江戸時代の正月の常識が現代とだいぶ違う【お年玉はお餅】


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22
一人鍋が定番! 江戸時代の冬の食事は現代とちょっと違っていた フグは庶民向け
寒い冬にこそおいしくなる温かい冬の食事。おでん、すき焼き、フグ、焼き芋...。今も見るけど、ちょっと違う江戸時代の冬の食事を紹介!
2017-01-15 14:52:57
ミニ氷河期だった江戸時代 庶民はどんな服装で冬の寒さをしのいだのか?
地球全体がミニ氷河期だった江戸時代。現代のような温かいコートやダウン、ヒートテックなどないなかで、人々はどのような服装で冬の寒さをしのいだのでしょうか?
2017-01-14 13:19:19
【食べないおせち料理】江戸時代の正月の常識が現代とだいぶ違う【お年玉はお餅】
現代のお正月といえば、初詣に行って、あけおめメールを送り合って、初売りで福袋をゲットしてといった感じですが、江戸時代の人々はどのようにお正月を過ごしていたのでしょうか?
2016-12-30 17:00:20
これが江戸時代!? ゆるカワすぎる仙厓(せんがい)和尚の作品に思わずニンマリする
「かわいい江戸絵画」が注目を集める昨今、禅僧・仙厓義梵(せんがいぎぼん)の画も唯一無二のユーモラス&抜群のカワイさで展覧会でも大人気。今回はそんな仙厓和尚の作品をたっぷりご紹介します。
2016-12-23 16:10:05

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上
コメント

コメント

  1. 江戸時代、12月13日は大掃除の日と決まっていました。そして大掃除が終わると胴上げをするという謎の風習が(画像あり)。また、江戸時代の大晦日といえば借金取りVS債務者のバトルなのですが、その理由も紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL