ペットショップに飼育書、ペットのお墓まで!?江戸時代のペット事情が現代と変わらない

犬に猫、金魚や小鳥に爬虫類まで――さまざまなペットを飼っている家庭が増え、ペットはもはや家族の一員となっています。ペットブームが起きたのは近年になってからと思いきや、じつは江戸時代にもペットは大人気。今回は江戸のペット事情をまとめました。

『炬燵の娘と猫』(歌川国政 画)
コタツに入った若い娘さんの愛猫を見つめるまなざしはどこまでも愛おし気(歌川国政 画)

庶民にペットが普及したのは江戸時代


動物が人間と暮らすようになった歴史は古いのですが、一般庶民までペットを飼うようになったのは江戸時代のこと。

現代では、ペットのツートップといえば犬と猫。最近では猫人気が急上昇し、飼育頭数では犬と猫がほぼ並びました(ある調査で、2015年度の犬の飼育頭数(推定)は約991万7千頭、猫が約987万4千匹)。

では、江戸時代の人気ペットの筆頭格というと、現代と同じ犬と猫。特に江戸や京など大都市で定番ペットとして愛されたのが猫。まずは、猫についてご紹介。

スポンサーリンク


カワイイ+実用的=猫、大人気


世界に目を向けると猫が人間と暮らし始めたのは、なんと紀元前4000年頃のエジプトといわれています。

猫が日本にやってきたのは奈良時代のことだそうで、中国から輸入されました。輸入された理由がちょっと意外で、なんでも仏教の経典をかじるネズミを退治するためだったんだとか。ペットではなくネズミハンター。

平安時代になると、中国から輸入された「唐猫(からねこ)」は希少性とカワイさが貴族にウケ、ペットとして飼われるようになりました。紫式部の『源氏物語』や清少納言の『枕草子』にも猫が登場しています。猫は貴族たちに「手飼いの虎」などと呼ばれ大事にされたそう。

紫式部や清少納言らが活躍した時代に帝だった一条天皇は無類の猫好きだったそうで、常軌を逸した猫エピソードがたくさん残っています。

一条天皇の肖像画
平安時代を代表するI♥猫の一条天皇
例えば、猫が出産したら人間並みに盛大な祝宴を開いたとか、猫に高位を授けたとか、猫の世話係として高級女官をつけたとか……。

希少性が高いうえにネズミも獲ってくれる猫は人々に大切にされ、逃げないように首輪をつけたり、ヒモで繋がれたりしていました。

『信山縁起絵巻』に描かれた猫(描かれた猫として日本最古)
平安時代後期の絵巻物『信山縁起絵巻』にも猫が。首輪のようなものをつけた猫が家のなかでゴロゴロ。現存する“描かれた猫”としてはこれが最古のものだそう
鎌倉時代から室町時代頃の猫(『石山寺縁起絵巻』部分)
鎌倉時代から室町時代頃の猫。赤い首輪をして逃げないようヒモにつながれています(『石山寺縁起絵巻』部分)
珍しかった猫たちも長い年月の間に日本に定着し数を増やし、江戸時代には庶民も猫を飼うようになりました。

大名のお屋敷や裕福な商家では、猫の首に赤い木綿の首輪を巻き、それに金や銀の鈴をつけ、まさしく“猫かわいがり”していました。

飼い主の溺愛に少々迷惑顔の猫(『風俗三十二相』「うるささう」月岡芳年 画)
飼い主の溺愛に少々迷惑顔の猫。首には赤い首輪と金色の鈴(『風俗三十二相』「うるささう」月岡芳年 画)
懐いたかと思えばフラっとどこかへ行ってしまう。でも気が付くと傍にいたりする――そんな気まぐれな猫は人々に愛され、浮世絵にもたくさん登場しました。

コタツで寝ている猫(橘守国 画)

こちらは大坂の町絵師・橘守国の作品です。猫は江戸時代の昔からコタツで丸くなっていたんですね。寝ている猫の幸せそうなこと、そろえた前足のかわゆさときたら。

お次のこちらは、江戸時代中期に吉原で評判を取った薄雲太夫(うすぐもだゆう)という遊女の絵。

『古今比売鑑(ここんひめかがみ) 薄雲』(月岡芳年 画)
美しい遊女にかわいがられ、うれしそうな猫の表情がたまらない(『古今比売鑑(ここんひめかがみ) 薄雲』月岡芳年 画)
薄雲太夫は大の猫好きだったそうで、かわいがっていた三毛猫をそれこそ四六時中そばにおいていたそう。

その有様に「薄雲太夫は猫に魅入られている」なんて噂も流れたとかなんとか。とにかく、それほど猫を溺愛していたんでしょう。

上の浮世絵に描かれている薄雲太夫も、よく見ると着物の柄が猫、髪を飾る簪(かんざし)までも猫!

ちなみに、この浮世絵の作者・月岡芳年も猫大好きでした。納得。

そして、江戸時代の猫好きとして忘れてならないのがこの人でしょう。

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

“ペットショップに飼育書、ペットのお墓まで!?江戸時代のペット事情が現代と変わらない” への 2 件のフィードバック

  1. rekishi_g says: 2016年11月14日

    江戸時代のペット事情を画像つきで紹介。

  2. Melonpankuma says: 2016年11月15日

    江戸時代のペット事情

コメントは受け付けていません。