吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!

  このエントリーをはてなブックマークに追加


やっぱり花より団子! お花見グルメは花見弁当&酒、そして桜餅


「花より団子」という言葉がありますが、このあたりも江戸っ子も現代っ子も似たようなもの。お花見グルメといったらまず思い浮かぶのが「お花見弁当」でしょう。

お花見弁当
重詰のイメージ
最近だとSNS映えするフォトジェニックなお弁当もたくさんありますよね。江戸時代の人々もお花見には豪華なお花見弁当を持って行きました。日頃は食べないような豪華メニュー満載の重詰スタイル。

重詰のお弁当を手にする女性(『御殿山の花見』可笑斎春扇 画)
女性が重詰のお弁当を手にしています(『御殿山の花見』可笑斎春扇 画)
一体、どんなお花見弁当に舌鼓を打っていたのか気になりますよね?

江戸時代の料理本『料理早指南』にお花見弁当のメニューがくわしく説明されていますので、ちょっとご紹介しますとこんな感じ。

一の重
かすてら玉子、わたかまぼこ(アワビのワタ入りかまぼこ)、若鮎色付焼、ムツの子、早竹の子旨煮、早わらび、打ぎんなん、長ひじき、春がすみ(寄物)
二の重
蒸かれい、桜鯛、干大根、甘露梅
三の重
ヒラメとサヨリの刺身(白髪ウドとワカメ添え)
四の重
小倉野きんとん、紅梅餅、椿餅、薄皮餅、かるかん
割籠(わりご)
焼きおむすび、よめな、つくし、かや小口の浸物

春の味覚が満載で、文字だけでおいしそうですね。なお、こちらのメニューは「高級お花見弁当」なので、あくまでセレブ向け。

ちなみに、これと対照的なのが落語『長屋の花見』に登場するドケチ大家さん作のお花見弁当。そのメニューは、酒の代わりに番茶、かまぼこの代わりに大根の半月切り、卵焼きの代わりにタクアンというもの。おい、大根ばっかりじゃないか!(怒

まぁ、これはあくまでフィクションのなかのドケチ弁当なのであれですが、庶民も“ハレの日”仕様のお花見弁当を楽しんだことでしょう。

お花見をはじめ、紅葉狩りやお月見などのレジャーに活躍したのが「提重(さげじゅう)」というピクニック用携帯お弁当セットです。

金蒔絵の提重

こちらは金蒔絵が施されたゴージャスな提重。

提重には、重箱のほか、お盆、徳利、盃、取り分け用の銘々皿、お盆などがコンパクトに収納されていました。こんな超便利グッズが江戸時代にあったなんてビックリです。



さて、こちらもお花見には絶対に欠かせない「花見酒」。

花見で酒を飲む女性(『江戸むらさき名所源氏御殿山花見 見立花の宴』歌川広重 画)
お猪口(ちょこ)を手にした女性。そのかたわらには重箱も見えます(『江戸むらさき名所源氏御殿山花見 見立花の宴』歌川広重 画)

“俳聖”松尾芭蕉の高弟で酒豪としても知られる宝井其角はこんな句を詠んでいます。

「酒を妻 妻を妾の 花見かな」

とにかく酒が呑みたいんだ、という気持ちがストレートに伝わってくる句です。

お花見を描いた浮世絵にもたくさんの酔っ払いが登場します。

江戸時代の花見の酔っ払い(『江戸名所道化尽 三十五 吾妻の森花見』歌川広景 画)
まるでコントの酔っ払い役みたいな「ザ・酔っ払い」。めちゃくちゃご機嫌です(『江戸名所道化尽 三十五 吾妻の森花見』歌川広景 画)
陽気な酔っ払いは楽しいですが、泥酔して人の世話になったり、ほかの花見客とケンカするなどトラブルを起こす迷惑な酔っ払いもたくさんいたようです。そのあたりも昔も今も変わりません。

締めはスイーツでいきましょう。

桜の季節になるとあちこちに並ぶのが桜餅。近頃ではコンビニでも見かけます。桜餅というと関東と関西でスタイルが異なることは有名ですよね。

関西風の桜餅(道明寺)
画像引用元:wikipedia
こちらは関西風の桜餅。「道明寺」ともいいます。道明寺粉を蒸したモチモチの餅が特徴。

一方、関東風の桜餅はこちら。

関東風の桜餅(長命寺)
画像引用元:長命寺 桜もち
クレープのような薄い生地が特徴です。「長命寺」と呼ばれることもあります。その呼び名の由来ともなっている向島・長命寺門前の桜餅は江戸時代から現代まで知名度も人気もバツグン。江戸っ子たちもお花見のお土産に長命寺の桜餅を買っていきました。

花見の帰りに桜餅を持つ女性(『江戸自慢三十六興 向嶋堤ノ花并ニさくら餅』歌川広重・歌川豊国 画)
2人組の女性はお花見の帰り道。2人で持っているのが桜餅。ずいぶんたくさん買ったようです(『江戸自慢三十六興 向嶋堤ノ花并ニさくら餅』歌川広重・歌川豊国 画)
関東風桜餅の元祖である長命寺の桜餅が誕生したのは1717年(享保2年)のこと。長命寺の門番だった山本新六という男性が、隅田川堤に咲く桜を見ながら「そうだ、桜の葉を塩漬けにしてスイーツをつくってみよ!」と思いつき生まれたのが桜餅なんだそう。

桜の香りがほのかに移った桜餅は大評判となり、お花見土産の定番となりました。

桜餅に手を伸ばす子ども(『春色隅田堤の満花』歌川豊国 画)
画像中央、女性におんぶされた子どもが手を伸ばす先には桜餅。「名物桜餅」の短冊が見えます(『春色隅田堤の満花』歌川豊国 画)
長命寺の桜餅は浮世絵などにもたびたび描かれたので、それが人気に拍車をかけ、江戸時代後期には1年間で38万個以上も売れたんだとか。ちなみに1個4文(約80〜100円)とリーズナブルなのもヒットの要因です。

長命寺の桜餅は現役。お花見のお供に江戸の味を楽しむのもいいですね。

江戸時代のお花見と現代のお花見、共通点もたくさんあります。いつの時代もお花見は楽しいものです。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
幕末関連の記事いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014/04/26 19:58:00
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
幕末関連の記事いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014/02/24 2:46:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 吉原では、毎年植木屋さんが開花前の根付きの桜の木を運び込み、メインストリートに植えこみます。その後桜が散ってしまう頃には、植木職人がすべての桜の木を引っこ抜き元どおりにしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

トラックバックURL