松尾芭蕉

松尾芭蕉

まつおばしょう

出身
伊賀国
生年月日
1644年0月0日
没年月日
1694年11月28日
年齢
満50歳没

「俳聖」として世界的にその名を知られる江戸時代前期の俳諧師。民衆文芸だった俳諧を形式・内容ともに芸術として完成させ「蕉風」と呼ばれる句風を確立した。幼名は金作、通称は甚七郎、甚四郎、名は忠右衛門宗房。俳号としてははじめ実名の宗房を、次いで桃青、芭蕉と改めた。父は伊賀の土豪一族出身。長じて京にいた俳人・北村季吟に師事し俳諧の道に入り、29歳の時に初句集『貝おほひ』を上野天神宮に奉納した。その後、江戸へ下り日本橋、次いで深川に居を構え多くの作品を発表した。1684年8月には『野ざらし紀行』の旅に出、伊賀、大和、吉野、山城、美濃、尾張をまわり木曽、甲斐を経て翌年4月に江戸へ戻った。1687年10月には伊勢へ向かう『笈の小文』の旅に出発、1689年には弟子の河合曾良とともに『奥のほそ道』の旅に出た。この旅で数多くの名句を詠んでおり、代表的なものとして「夏草や兵どもが夢の跡」「閑さや岩にしみ入る蝉の声」「五月雨をあつめて早し最上川」などがある。1694年、滞在先の大坂で病に倒れ他界。最後の句は「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」。病床にありながらも推敲を続けたという。多くの門人を持ち、「蕉門十哲」と呼ばれた10人のほか、旅の途中で親交を結んだ門人が地方地方にいた。「松島や ああ松島や 松島や」の句は「古池や蛙飛び込む池の音」とともに芭蕉の代表作として有名だが、じつは松島の句は芭蕉の作ではなく、江戸後期の狂歌師・田原坊の作ではないかといわれる。また、芭蕉といえば隠密・忍者説がよく知られるが、『奥のほそ道』の旅は幕府からの密命を受けた芭蕉が密偵として仙台を偵察するのを目的としていたのでは、という説もあるが真偽は不明。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

年月日 年齢(人生の残り時間) 内容
16440000 0歳(あと50年) 松尾芭蕉、生まれる
16941128 松尾芭蕉、病気にて死去

松尾芭蕉をチェックした人はこんな人物もチェックしています

松尾芭蕉にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

  • 小林一茶
    [その他] 小林一茶
    松尾芭蕉とおなじく江戸時代の三大俳人のひとり
    119歳年下
  • 与謝蕪村
    [その他] 与謝蕪村
    松尾芭蕉とおなじく江戸時代の三大俳人のひとり
    72歳年下

画像

現代に遺された肖像画像(肖像画)や記念画像。ゆかりの土地や墓所・銅像などの画像も。

エピソード・逸話

教科書には載っていない興味深いエピソードの数々。

松尾芭蕉のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・辞世の句・最後の言葉

松尾芭蕉が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

旅に病んで夢は枯野をかけ廻る辞世の句・最後の言葉
病に倒れた松尾芭蕉による、生涯最後の俳諧。「病中吟」と称した。
古池や 蛙飛びこむ 水の音
松尾芭蕉のもっとも有名な俳句。1686年刊行の『蛙合』(かわずあわせ)に収録された。読みは『ふるいけや かはづとびこむ みずのおと』。意味は『古い池から蛙が飛び込む音が聞こえてきた』でありきわめてシンプルである。季語は蛙。
夏草や 兵どもが 夢の跡
松尾芭蕉の紀行文『おくのほそ道』に収録された有名な俳句。読みは『なつくさや つわものどもが ゆめのあと』。場所は岩手県平泉町。
閑さや 岩にしみ入る 蝉の声
松尾芭蕉の紀行文『おくのほそ道』に収録された有名な俳句。読みは『しずかさや いわにしみいる せみのこえ』。場所は山形県の立石寺。
五月雨を あつめて早し 最上川
松尾芭蕉の紀行文『おくのほそ道』に収録された有名な俳句。読みは『さみだれを あつめてはやし もがみがわ』。場所は山形県大石田町。
荒海や 佐渡によこたふ 天河
松尾芭蕉の紀行文『おくのほそ道』に収録された有名な俳句。読みは『あらうみや さどによこたう あまのがわ』。場所は新潟県出雲崎町。

子孫

※参考:『月刊歴史百科』創刊号(1980年)など

松尾芭蕉の子孫は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

博物館、史跡、銅像

ゆかりの品が展示されている主な博物館や記念館。現在でも残る墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

松尾芭蕉を演じた俳優

大河ドラマや映画などで、さまざまなタイプの俳優が演じています。

松尾芭蕉を演じた俳優は見つかりませんでした…。

松尾芭蕉を演じた声優

ゲームやアニメなどで、声優が新たな魅力で演じています。

松尾芭蕉の演じた声優は見つかりませんでした…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

松尾芭蕉関連の情報

ブログ特集記事

松尾芭蕉の魅力をもっと掘り下げます

3月26日
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
1月15日
一人鍋が定番! 江戸時代の冬の食事は現代とちょっと違っていた フグは庶民向け
寒い冬にこそおいしくなる温かい冬の食事。おでん、すき焼き、フグ、焼き芋...。今も見るけど、ちょっと違う江戸時代の冬の食事を紹介!
11月5日
松尾芭蕉の相手は13歳年下のイケメン?江戸時代の有名人たちの恋愛事情をまとめた
松尾芭蕉や小林一茶など江戸時代の有名文化人というと、色恋には無関心な“ストイックな人”というイメージがありますが、彼らとて人の子。恋をして、愛する人を想い涙することもありました。今回は有名文化人たちの恋模様をご紹介します。
8月9日
昔の人は虫歯になったらどうしてた?江戸時代の虫歯治療法が壮絶だった
現代では虫歯の治療、予防対策などの向上により虫歯は減少傾向にあるそうです。それでも、放置しておくと最悪の事態を招くこともあるという恐ろしい虫歯。今回は江戸時代の虫歯治療などをまとめてみました。
3月14日
江戸時代に掛け布団はなかった!? 知っているようで知らない布団の歴史
時代劇を見ると、長屋の住民も現代と同じような四角い掛けふとん&敷きふとんで眠っていますが、実際はどうだったんでしょうか?江戸時代の布団についてまとめました。
2月16日
刺身につけるのは醤油だけじゃない! 江戸時代の刺身の食べ方がマネしたくなる
刺身が食べられるようになったのはいつから?江戸時代のお刺身につけていた意外な調味料とは?そして、謎の屋台「刺身屋」とは?江戸時代のお刺身事情についてまとめました!
2月7日
妊婦は隔離される!?江戸時代の妊娠から出産が驚きの連続だった【産後は7日間不眠】
出産は喜びと同時に穢れ(けがれ)でもあった。出産方法や産後のケアなど、現代とはちがう江戸時代の常識をご紹介します。

松尾芭蕉の全特集記事をみる

同い年の人物

松尾芭蕉と同じ1644年に生まれた人物たち。

同じ年に亡くなった人物

松尾芭蕉と同じ1694年に亡くなった人物たち。

三井高利
三井高利
伊勢国
満72歳没

伊賀国出身の人物

松尾芭蕉と同じ伊賀国出身で、歴史に名を残した人物たち。

伊賀国の詳細、主な人物

江戸の人物 人気ランキング

1位 (376view)
三浦按針イギリス国
江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイギリス人航海士、貿易家。本名...
三浦按針
2位 (149view)
原田甲斐陸奥国
江戸時代前期の武士、仙台藩の家老。江戸時代における「三大御家騒動」のひとつ...
原田甲斐
3位 (83view)
長谷川平蔵武蔵国
長谷川宣以(はせがわのぶため)。江戸時代中期の旗本で、火付盗賊改方の長官を...
長谷川平蔵
4位 (80view)
徳川家康三河国
戦国の三英傑のひとり(ほか、織田信長、豊臣秀吉)で江戸幕府の初代将軍。 幼...
徳川家康
5位 (60view)
緒方洪庵備中国
江戸時代後期の蘭学者、医者、武士。大坂で蘭学塾「適々斎塾(てきてきさいじゅ...
緒方洪庵
6位 (58view)
松浦静山肥前国
江戸時代中期から後期の大名、肥前国平戸藩の9代藩主。幼名は英三郎、名は清。...
松浦静山
7位 (51view)
大石内蔵助播磨国
江戸時代前半の武士、播磨国赤穂藩の筆頭家老。『忠臣蔵』こと『仮名手本忠臣蔵...
大石内蔵助
8位 (40view)
伊能忠敬上総国
江戸時代中期に活躍した測量家、商人。日本初の実測による正確な地図『大日本沿...
伊能忠敬
9位 (38view)
徳川吉宗紀伊国
江戸幕府の8代将軍。将軍就任前は越前国葛野藩主、紀州藩5代藩主を務めた。幼...
徳川吉宗
10位 (33view)
華岡青洲紀伊国
江戸時代後期の外科医。世界で初めて全身麻酔による手術を成功させたことで名高...
華岡青洲
11位 (32view)
大塩平八郎摂津国
江戸時代後期の儒学者で、幕府に対し起こした反乱「大塩平八郎の乱」の首謀者。...
大塩平八郎
12位 (30view)
葛飾北斎武蔵国
江戸時代後期を浮世絵師で化政文化を代表するひとり。姓は川村、幼名は時太郎、...
葛飾北斎
13位 (27view)
尾形光琳丹波国
江戸時代前期から中期に活躍した画家、工芸家。「琳派」の大成者として知られる...
尾形光琳
14位 (25view)
夕霧太夫(初代)丹波国
江戸時代前期の京の遊女。高尾太夫、吉野太夫とともに「寛永の三名伎」といわれ...
夕霧太夫(初代)
15位 (24view)
栗山大膳筑前国
江戸時代初期の武士、福岡藩黒田家の重臣。「大膳」は通称で、名は利章(としあ...
栗山大膳
16位 (24view)
杉田玄白武蔵国
『解体新書』を翻訳したことで知られる江戸時代中期に活躍した蘭学者、小浜藩医...
杉田玄白
17位 (24view)
天草四郎肥後国
生年は1623年とする説もある。江戸時代初期のキリシタンで、日本史上最大の...
天草四郎
18位 (24view)
松平定信武蔵国
江戸時代中期の大名で、陸奥白河藩3代藩主。幕府老中として“三大改革”のひと...
松平定信
19位 (22view)
笠森お仙武蔵国
江戸時代中期の女性。江戸は谷中にある笠森稲荷門前の水茶屋「鍵屋」の看板娘と...
笠森お仙
20位 (21view)
喜多川歌麿 (不明)
江戸時代の中期に活躍した浮世絵師。美人画の名手として世界的に名高い。姓は北...
喜多川歌麿
21位 (21view)
徳川家光武蔵国
江戸幕府の3代将軍。「生まれながらの将軍」として知られる。幼名は竹千代。異...
徳川家光
22位 (21view)
仙厓義梵美濃国
禅僧であり画家。40歳を過ぎてから本格的に始めた絵を描くことに没頭、70歳...
仙厓義梵
23位 (21view)
水野忠邦武蔵国
江戸時代後期の大名で、肥前唐津藩主のち遠州浜松藩主。幕府老中として“三大改...
水野忠邦
24位 (20view)
海保青陵武蔵国
江戸時代後期の経世家、儒学者、思想家。通称は儀平または弘助、字は萬和、号は...
No Image
25位 (20view)
歌川広重武蔵国
江戸時代末期に活躍した浮世絵師。本姓は安藤、幼名は徳太郎。江戸の八代州河岸...
歌川広重

江戸ガイドとは

江戸をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら
江戸ガイドTwitterをフォローする

江戸をもっと深く知る

人物の子孫
現代に続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに江戸の人物や名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる江戸の有名人達の共通点
今日は何の日?
生まれた・亡くなった人物/偉人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに人物/偉人を見る
エピソード
教科書には載ってなかった偉人の意外な一面
博物館・史跡・銅像
有名な事件・出来事が起こった場所
大河ドラマ・映画・ドラマ
江戸をテーマにした映像作品
江戸作品 出演俳優
イメージ通りの人物を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる江戸の新たな魅力
江戸作品 出演声優
人物の新たな魅力を演じる声優たち

江戸ガイドブログ最新記事

3月16日
江戸時代の有名絵師による厄除け絵がパワフルでユーモア【ご利益ありそう】
3月15日
【画像あり】江戸時代に大流行した感染症。人々は疱瘡やコレラにどう立ち向かった?
12月28日
江戸時代の人気記事 2019年ランキング!春画や遊女の人気高し!
12月16日
【画像あり】傑作しかない。大浮世絵展を観てきました!【大混雑】
10月14日
奇想の絵師・歌川国芳と娘たちの浮世絵展覧会に行ってきた!
10月12日
江戸時代に大被害をもたらした超大型台風『安政の台風』とは?
10月12日
幕末江戸を襲った台風 今日の一枚 #61
10月6日
話題の実写映画『春画と日本人』を観てきました
8月21日
文明開化の水しぶき 今日の一枚 #60
8月20日
ネコ、ネコ、ネコ! ネコだらけ! 今日の一枚 #59
8月19日
ゆるキャラになった芭蕉十哲 今日の一枚 #58
8月17日
花に囲まれて 今日の一枚 #57
8月16日
リスのつぶらな瞳が超キュート 今日の一枚 #56
8月15日
ちょいと大根おろししておくれ 今日の一枚 #55
8月14日
もう一枚の北斎美人画 今日の一枚 #54
江戸時代のトリビアを紹介!江戸ガイドブログ版

他の時代を知る

戦国ガイド
戦国時代の武将/大名・名言・画像・子孫を網羅した総合サイト
幕末ガイド
幕末志士の写真・子孫・名言を徹底紹介した幕末総合サイト
明治ガイド
明治時代の人物・名言・画像を網羅した総合サイト
大正ガイド
大正時代の人物・名言・子孫を網羅した総合サイト
昭和ガイド
昭和時代の人物・名言・名作を網羅した総合サイト