【画像あり】好奇心の塊・平賀源内のフリーダム過ぎる生涯とは【発明も芸術も】

  このエントリーをはてなブックマークに追加

「エレキテルの人」でおなじみの平賀源内。“日本のダ・ヴィンチ”とも”奇才”とも評される源内の意外と知られていない波乱万丈の生涯をまとめてみました。

平賀源内の肖像画(明治時代)

後世に描かれた肖像画ですが、漂う普通じゃないオーラ。なかなかのイケメンです。

平賀源内は、とにかく好奇心が尋常ではなく、何にでもトライしてみました。といえば聞こえはいいのですが、その肩書きたるや本草学者(薬学者)、地質学者、鉱山技師、蘭学者、発明家、起業家、イベントプランナー、作家、コピーライター、陶芸家、西洋画家など、振れ幅が大きすぎて、もはや何が本職かわからないほど。

そんな彼の好奇心に満ちた人生をまとめました。


平賀源内が生きた時代は江戸時代の中頃。“暴れん坊将軍”こと8代将軍徳川吉宗が世を治めたり、老中・田沼意次が幅を利かせていた頃。源内讃岐国(現・香川県さぬき市)にて下級武士の子として生まれました。

子どもの頃からとにかく好奇心旺盛、思いついたアイデアを形にしないと気が済まない。たとえば、11歳のときに作ったカラクリ掛け軸がこれ。


「お神酒天神」の掛け軸(平賀源内11歳の作品)
「お神酒天神」の掛け軸。画像引用元
掛け軸の前に徳利を置けば、天神様の顔が酔ったように赤く変わるという仕掛けで、周囲の大人を仰天させました。

「天狗小僧」ともあだ名された源内少年の神童っぷりは、高松藩主の耳にまで届くまでになり、下級武士の子ながら、藩医に学問を教えてもらえるという高待遇を得ます。

そして、25歳の時、源内の人生に大きな影響を与える出来事が起こります。

それは、藩からの遊学許可。

遊学先は西洋との玄関口・出島のあるインターナショナルな地域、



長崎

長崎に実在した扇型の出島
おなじみ扇型の出島。オランダ貿易に関わるオランダ人たちはこの人工島に居住しました
並外れた好奇心を持つ源内を長崎に送り出す。

藩としては、もちろん「ゆくゆくは藩に還元してくれれば」という意図なわけですが、初めて触れる生の西洋文化や最新知識にビシビシ刺激を受けた源内は、どうにもうずうずが止まらなくなり、脱藩して浪人になってしまいます。これはひどい。

枷の取れた天狗小僧が目指すは江戸。

平賀源内、27歳の時のことでした。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

カツオが24万円! 江戸っ子の初物フィーバーが度を越している【初物四天王って?】
食べ物の旬が薄れてしまった現代ですが、それでも四季折々、その季節になると味わいたくなる食べ物って今もあります。江戸っ子たちは旬が到来する前の「初物」が大好きでした。見栄っ張りで新しもの好きの江戸っ子たちが熱狂した「初物」事情をご紹介します。
2017-04-29 11:34:45
江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 平賀源内は、とにかく好奇心が尋常ではなく、その肩書きたるや地質学者、鉱山技師、発明家、イベントプランナー、コピーライター、陶芸家、西洋画家など、振れ幅が大きすぎて、もはや何が本職かわからないほど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL