次なるテーマは「絵師のフェチシズム」

鏡がいい仕事をしている

髪のセットをしようとしてたら襲われた春画(『ねがひの糸口』より、喜多川歌麿 画)
『ねがひの糸口』より(喜多川歌麿 画)
またしても髪のセットをしようとしていたところを襲われています。

会話の文を読むと、「せわしないねぇ。ちょっと髪をやっちまうからそれまで待ちなよ」という女性に対し、勃起している男性は「こんなに元気になっちまってんだ。自分のモンでも自由にならねぇよ」と強引に押し切ろうとしています。

スポンサーリンク


女性の乱れ流れる黒髪の美しいエロさに目を奪われますが、注目は鏡。鏡にチラリと映った白い足の指先がなんともいやらしい。女性美を描き続けた歌麿のフェチシズムを感じます。

ここをクローズアップしたとってもオシャレな春画展のポスターがあるのですが、それがこちら。

春画展のポスター(2015年秋、永青文庫で開催)

2015年秋に永青文庫で開催された春画展のポスターなのですが、すんごいオシャレ。いやらしいのにいやらしくない。このポスター効果か女性客も殺到したそう。

次も歌麿

脚線美

脚線美が目を引く春画(『絵本小町引き』より、喜多川歌麿 画)
『絵本小町引き』より(喜多川歌麿 画)
この絵は女性の脚の美しさを描きたかったに違いない。さらにいえば、男性の脚もまたかなり美しい。美しい脚がつくりだすトライアングルの中央にそそり立つ男根の神々しいまでの力強さ。すさまじい構図。

快楽にしびれる指先

赤と黒が印象的なオシャレな春画(『絵本つひの雛形』より、葛飾北斎 画)
『絵本つひの雛形』より(葛飾北斎 画 ※異説あり)
女性の赤い着物、男性の黒い着物、櫛のからまるみだれ髪ーーシンプルながら赤と黒が印象的なオシャレな春画です。注目ポイントは「手」。快感のあまり枕に爪を立てるかのような手は、ちょっと不自然な角度のようにも見えますが、それが逆に女性の快感がとても深いことを想像させます。

余談ですが、この『絵本つひの雛形』は北斎の代表的春画として有名ですが、浮世絵研究家の林美一氏によると北斎北斎の娘のお栄渓斎英泉の3人による合作では? とのこと。謎に包まれた傑作春画です。

さて、次のテーマは「珍プレイ」

力持ち

男根で急須を持ち上げている春画(作者不明)
作者不明
ーーいやあ、性交のあとは喉が渇く、渇く。お茶でも飲む?
ーーあら、気がきくのね。頂こうかしら?

いやいや、どこで急須を持ってるんだ。

青スジ立ちまくった男根を見るとこれが限界のようでもあり、男性の余裕の表情を見るとまだまだ余力がありそうでもあり。馬鹿馬鹿しすぎて、もう微笑ましいレベル。

数百年前から男根でモノを持ち上げていたんですね。

なぜそこに

よく見ると男性が隠れている春画(喜多川歌麿 画)
タイトル不明(喜多川歌麿 画)
女性が自慰しているシーンかと思いきや、それにしては足が多い・・・よくみると机の下に男性が。騎乗位ならぬ机上位?なぜこの状況を描こうと思ったのか、人気絵師・歌麿のアイデアは底をつくことがありません。

変態プレイにもほどがある

船こぎのような体位を楽しむ春画(『風流江戸八景』より、鈴木春信 画)
『風流江戸八景』より(鈴木春信 画)
万歳で身をゆだねる全裸の男性の上に、ホウキ?を手にした美女がまたがり船こぎプレイを愉しんでいます。男性を船に見立てた女性が男性器の舵(かじ)をとりながら、ホウキの竿で船をこいでいるわけです。めちゃくちゃだよ。

風邪ひくよ

滝壺で性行為を楽しむ春画(『十二支ノ内』より、作者不明)
『十二支ノ内』より(作者不明)
滝壺で行為に及んでいます。

打たせ湯は気持ちいいが、滝壺でもおなじく気持ちいいのだろうか。よく見ると、滝の出処は龍の口。十二支の龍がテーマにして、なんでこんなことになったのかは謎。

SMプレイ

SMプレイを楽しんでいる(?)春画(月岡雪鼎 画)
タイトル不明(月岡雪鼎 画)
SMプレイと捉えていいのかな?まあ、ここまで江戸時代の春画を見ると、とうぜんSMはありそうです。

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事