【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か

  このエントリーをはてなブックマークに追加


またまた難問クイズ。

これ、なに屋さんの看板でしょうか?

江戸時代の餅屋の看板(『用捨箱』柳亭種彦 作)
『用捨箱』(柳亭種彦 作)より
画像右が看板です。人面馬ではありません。お福さんのお面をかけた木馬の看板です。

この珍妙な看板は、餅屋さんの看板

なんで馬なのかといいますとーー

荒馬

あらうま

あら、ウマい!

うん、すごいこじつけを見た。

ちなみにこれは大坂のお餅屋さんの看板です。江戸っ子も浪速っ子も駄洒落大好き。

なんでお福さんのお面を馬がつけているかというと、「馬の息がお餅にかかったらちょっとイヤでしょ」という謎配慮らしい。さらに「覆面」をもじって「福面」なんだとか。ダブルボケ。

動物系看板でいえば、楊枝屋さんは店先に猿の看板を置いたんだとか。

その心は「猿=ましら」つまり「楊枝で歯を磨けばましら(真っ白)になる」というわけ。

頭の体操になりますね。


次は2つのお店の看板です。

『名所江戸百景』「びくにはし雪中」(歌川広重 画)
(『名所江戸百景』「びくにはし雪中」歌川広重 画)
雪景色の江戸です。

画像右端と左端にそれぞれ看板があります。

まず、画像右端。

「○やき」「十三里」と書かれた看板があります。

これは一体なんのお店の看板かといいますと、江戸っ子の冬のおやつの定番「焼き芋」です。

焼き芋は栗よりウマい→くりより→九里四里→足して十三里

やっぱり駄洒落。でも、最初に考えた人、天才。ちなみに初期には「栗(九里)の甘さには及びませんが」ということで「八里半」と書かれていました。ちょっと謙虚だ。

さて今度は画像左端にご注目。「山くじら」と大書された看板があります。

ズバリそのまま「山くじら」を売るお店なわけですが、その「山くじら」の正体は……イノシシです。イノシシ肉を使った鍋料理などを提供するレストランの看板だったのです。

江戸時代が「肉食タブー」だったのはよく知られていますが、それはあくまで表向き。人々はこっそりイノシシやシカ、カモなどの肉を食べていました。が、堂々と食べるにはまだ世間の目が気になるので「隠語」を使ってカモフラージュしていたのです。

看板にはその時代の風俗がいろいろ反映されていて、それを知るのもまた面白し。

最後におまけクイズ。

先ほど登場した「十三里」と書いた看板は焼き芋屋さんのものでしたが、では、「十三」と書いた看板はなに屋さんのものでしょうか?

ヒントはこの絵に描かれているものです。

『櫛を持つ女』(喜多川歌麿 画)
『櫛を持つ女』喜多川歌麿 画
そう、答えは櫛屋さんの看板でした。その心は、櫛→くし→九四→足して十三、というわけです。

わかった人はかなりの江戸っ子レベル。

江戸時代、特に江戸の人々はこんな感じの「判じ物」つまり「なぞなぞ」や言葉遊びが大好きだったので、看板にもたくさんの「なぞなぞ系」があったのです。すごく知的な遊びココロですよね。

さらに、最後のおまけ。

江戸時代のウルユス(下剤)の看板

馬に乗った紳士が「ウルユス」という謎の言葉を掲げています。

これは明治時代の看板なのですが、はたして何の看板かといいますと、「ウルユス」という名前の薬(下剤)の看板なんです。

余談ですが、この「ウルユス」というちょっと怪しげなカタカナ名の薬は江戸時代後期に誕生したもので、日本初のカタカナ名の薬なんだそう。

謎めいたネーミングを解説しますと、「ウ」「ル」「ユ」の3文字を組み合わせると「空」という漢字になります。(「ユ」じゃなくて「エ」じゃないの?という野暮なツッコミは華麗にスルー)

「ウユルス」はつまり「(おなかのなかを)空にする」となるわけです。

現代でもなにかというと横文字ネーミングにして気取ったりする風潮がありますが、江戸時代にもカタカナ名にすることで「海外の最新薬(ぽく)」かと見せて、ありがたみをアップさせていたんです。

江戸時代の看板からは、商品や店名をアピールする単なる手段という以上のものが感じられます。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 江戸時代の人たちはとにかくダジャレ好き。ただ、その行き過ぎたダジャレ好きにより、江戸時代の看板がもはや超難問クイズと化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL