離婚は今より気軽だった! 江戸時代の意外すぎる離婚事情をまとめてみた【離婚率は?】

江戸時代の女性というと「三従(さんじゅう)」つまり、幼い時は親に従い、結婚したら夫に従い、老いては子に従わねばならぬ……いわゆる“三界に家なし”“貞女二夫にまみえず”みたいな不自由で弱い立場だったとイメージしていませんか?

『子宝譬の節 かほうは寝てまて』(喜多川歌麿 画)
(『子宝譬の節 かほうは寝てまて』喜多川歌麿 画)
離婚に関しても、封建社会で男尊女卑のイメージのある江戸時代のこと、夫が「離婚だ!」「出て行け!」と言い放ったら妻は問答無用で従わねばならなかったと思われがちです。時代劇ドラマでも、妻は泣く泣く家から出て行くといったシーンも。

これだけ見ると「なるほど、江戸時代は口頭で簡単に妻と離縁することができたんだな」と思うかもしれませんが、実はちょっと違う。

数百年前の江戸時代においても、さすがに手続きを踏む必要がありました。

江戸時代における結婚式のようす(『三定例之内婚礼之図』歌川国芳 画)
華やかな結婚式のようす。新婚時代は幸せを夢見ても結婚生活が長く続かない場合もありました。(『三定例之内婚礼之図』歌川国芳 画)
現代の日本における離婚制度では、夫婦連名の離婚届を役所に提出することによって離婚が成立しますが、江戸時代の離婚制度はシンプル。

町民や農民は、離縁状を夫が妻(もしくは妻が夫)に直接渡すことで離婚は成立しました。一方、武家の場合は夫と妻双方の実家から主君へ離婚を届け出ることで離婚成立となりました。

この離縁状=離婚証明書の通称が


「三行半(みくだりはん)」


現代でも「三行半をつきつけた」といえば「愛想をつかした」という意味で使われています。

ここで重要なのが、離婚が成立するには妻側の承諾が必須であったこと。承諾の証拠として、三行半の受取書である「返り一札」を妻に出してもらうこともあったそうです。

もし、妻が三行半を受理していないのに一方的に離婚を言い渡したあげく再婚でもしようものなら、重婚の罪に問われ「所払い(住んでいる場所からの追放刑)」に処せられたとか。

また、三行半を書くのは夫の「義務」であり、三行半なくしては離婚も再婚もできませんでした。

この三行半は夫から妻に出すのが基本でしたが、妻が夫に書かせる場合もありました。「先渡し離縁状」というのがそれで、夫が働かないとか博打をするなど問題がある場合、妻が「アンタ、今度なにか問題を起こしたら離婚するからね」という意味で先に離縁状を書かせて、取っておいたんだとか。

今でも、奥さんがタンスの引き出しに離婚届をこっそりしまっておく、なんて場面がドラマにありますが、あれと似ていますね。夫婦喧嘩をしたらこれをチラつかせたりしたのでしょう。

江戸時代、博打に興じる男性たち(黄表紙『莫切自根金生木』より)
博打に興じる男性たち。今も昔もギャンブル夫は妻の頭痛のタネ?(黄表紙『莫切自根金生木(きるなのねからかねのなるき)』より)

スポンサーリンク


離縁状「三行半」は再婚許可書!?


さて、さきほどから何度も登場している三行半。江戸時代の離婚で欠かせない重要アイテムです。正式には「離別状(りべつじょう)」「去状(さりじょう)」「暇状(いとまじょう)」と呼ばれるものですが、画像のように三行半で内容が書かれていることが多かったので、「三行半」が通称となりました。

江戸時代、三行半と呼ばれた離別状
画像引用元:あきる野市
江戸時代は文字を書けない人もいたので、そのような場合は3行+半行の線を書くことで離縁状の代わりにしたといいます。

では、どんなことが書かれているのか原文と意訳を紹介します。

<解読文>
離別状之事
一 其方儀以媒ヲ我等女房ニ貰受候処此度
不叶存意候ニ付暇差遣シ申候然ル上者何方へ
縁附候共我等方ニおゐて一切申分無御座候
為念一札差出申処如件
嘉永六丑年  名倉村
正月   所左衛門
稲伊奈村  なミ殿

<意訳>
離別状のこと
一 なみさんを女房にしたんですが、このたび私の思った通りにいかないことがいろいろあって離婚することにしました。なので、なみさんが今後どこの誰と再婚しても異論はありません。念のためこの証文を出します。
嘉永6年 名倉村の所左衛門
稲奈村のなみ殿へ

なんだかフワっとした内容ですが、その理由はまたのちほど。

さてさて、この三行半には重要なポイントが2つあります

まず、ひとつめのポイント、それは…



離婚は明言すれど、離婚理由はあいまいにする

三行半は離縁状であり今でいう離婚届なわけですから、当然、「離婚」を明言しなければなりませんでした。さきほどの画像でいえば「暇差遣シ申候(いとまさしつかわしもうしそうろう)」が「離婚します」という部分です。決まったフレーズはありませんが、「離縁致し候(りえんいたしそうろう)」など離婚を明確にするフレーズは必須でした。

三行半には離婚理由も書かれているのですが、注目すべきは三行半の多くで離婚理由があいまいにされていること。さきほどの画像でも「不叶存意候ニ付(ぞんいかなわずそうろうにつき)」が離婚理由にあたる部分ですが、「思い通りにならないことがいろいろにあり」というような意味で理由としてはあいまいでよくわかりません。

ある研究によれば三行半に書かれた離婚理由のナンバー1とナンバー2がこちら。

1位「理由なし」
2位「我等勝手ニ付」つまり「私の勝手により」

「なんてことだ!江戸時代の男性はたいした理由もなく自分の勝手で離婚を妻に言い渡すのか!」とご立腹するのはちょっとお待ちください。これには深い訳があります。

それは…



理由を明確にしないことで、妻の再婚をしやすくする


たとえば、妻がものすごい浪費家で家事や育児もおろそか、我慢の限界により離婚することになったとします。三行半にも「妻が浪費家で家事も育児もおろそかだから離婚します」と具体的な離婚理由を書く。

これでは誰がどう見てもこの女性は“ハズレ”だと思います。この女性と再婚しようなんて人物はまず現れない。

そうなると離婚された女性は実家に「出戻り」として厄介になるか、自力で生きていくしかありませんでした。

離婚理由を具体的に書くことで、元妻の今後の人生の選択肢が狭くなってしまうことになりかねなかったわけです。あえて理由をあいまいにすることで再婚しやすくしたともいえます。これは夫側にも同じことがいえます。

あいまい理由の裏には、双方のダメージを最小限にする意図があったんでは、といわれています。現代でも退職願に「上司のパワハラに耐えかね」などと書かず「一身上の都合により」と書いたりしますが、それに通じるものがあります。

『教訓親の目鑑』「酩酊」(喜多川歌麿 画)
妻が大酒飲みでそれが離婚につながったとしてもそこはあいまいに。でも再婚相手としては欠点も教えてほしいかも(『教訓親の目鑑』「酩酊」喜多川歌麿 画)

続いて、三行半の重要ポイントその2。それは…


再婚の許可証でもあること

再びさきほどの画像にご注目。三行半の後半に「何方へ縁附候共我等方ニおいて一切申分無御座候」とあります。「どこの誰と再婚しようと私に一切異論はありません」という意味です。この「誰と再婚してもいいよ」というフレーズも三行半には必須でした。

江戸時代、家を切り回すうえで女性の役割は大きく、女性の再婚は珍しくないどころか、三行半は再婚を前提にしていたわけです。

実際、武家の場合、離婚率は10~11%、離婚後の再婚率はなんと50~59%にもなったといいます。“二夫にまみえる”ことなんて結構フツーだったようです。

想像以上に離婚・再婚のハードルは低かったみたいですね。一方、男性側も家事を女性に頼っていたのは今と同じ、やもめ暮らしはなにかと不便で再婚を望むことが多かったとか。

『針仕事』(喜多川歌麿 画)
針仕事は女性の重要な仕事。男性に比べ女性の人口が少なかった江戸では、女性の再婚も引く手あまただったんじゃないでしょうか(『針仕事』喜多川歌麿 画)

離婚した場合の子どもの引き取り先については、夫が子どもを引き取ることも多かったとか。これも再婚が珍しくなかったことに関係があるかもしれませんね。

ちなみに、夫から離婚を切り出した場合、妻は結婚の際に持ってきた持参金を全額返してもらえたそう。もし、夫が妻の持参金に手をつけようものならそれだけで正当な離婚理由になったそうです。こう見ると、江戸時代の女性の立場もなかなか強かったんじゃないかと思われますね。

スポンサーリンク


意外な場所が離婚調停所も兼ねた!


江戸時代の離婚は、双方の親、仲人などの介入や調整による「内済離婚」つまり「協議離婚」が一般的だったといわれます。

しかし、話し合いが決裂し離婚が不成立になった場合、女性は強硬手段として“夫の手に負えない場所”へ避難することがありました。

その避難場所を寺が担うこともあり、こう呼ばれていました。


「駆け込み寺」


別名「縁切寺」。三行半とともに、現代にも言葉が残っています。

駆け込み寺(縁切寺)でとくに有名だったのは、徳川幕府公認だった、鎌倉の東慶寺(とうけいじ)と群馬県伊勢崎市にある満徳寺(まんとくじ)。

江戸時代前期には東慶寺や満徳寺以外の尼寺も同じような働きをしたとか。また、関所や代官所、武家屋敷に駆け込むこともあったそうです。

東慶寺の山門は男子禁制の寺の結界でもあった
東慶寺の山門は男子禁制の寺の結界でもあったんだとか
さて、駆け込み寺へ駆け込んだ女性は、ここで足かけ3年の修行をし夫に離婚を承諾させました。なんでも「3年も別居していれば夫婦関係は破綻している」という社会通念があったんだとか。

時代によって違いはありますが、縁切寺は離婚調停所としての役割もありました。寺に夫を呼び出し、妻と和解させ復縁させることもあったし、協議離婚に持ち込むこともあったそう。

東慶寺の山門は男子禁制の寺の結界でもあった
東慶寺に残る離縁状。「私の勝手で離縁します。今後どこへ再婚しても異存ありません」とあります

また、「お前の妻はどうしても離婚したいというので、こちらの寺で預かっている。離縁状を書いて出しなさい」と、寺から役人を夫の家に派遣し半ば強制的に三行半を書かせることもありました。

それでも「どうしても離婚したくない!」と夫がねばった時は、「寺法を犯した“ならず者”として牢にぶちこむぞ!」と脅されたんだとか。ここまで言われて離婚に応じない男性はほとんどいなかったそうです。

ちなみに、寺に駆け込んだ女性は、形式的にちょっとだけ髪を切ることはあっても、頭を丸めて尼になることはなかったといわれます。

また、縁切寺に滞在するにはお金もかかり、寺にいる間は掃除や洗濯など仕事をこなさねばならなかったんだとか。どうしても離婚したい女性には苦ではなかったかもしれません。

余談ですが、大泉洋さん主演で駆け込み寺をテーマにした映画「駆込み女と駆出し男」2015年5月に公開されますね。

熟年離婚など離婚が増えているといわれる現代ですが、江戸時代の離婚率は現代より高かったといわれています。その裏には再婚のしやすさ、イメージとは異なる女性の立場なんかがあったようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: 投稿日:カテゴリ:カテゴリー 雑学、ネタ

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事