【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か

  このエントリーをはてなブックマークに追加


お客の目を引くアイデア満載! インパクト大の「モチーフ系」看板


江戸時代の看板にはユニークなものがたくさんありましたが、なかでもインパクト絶大な看板を「モチーフ系」「なぞなぞ系」に大別していろいろとご紹介しましょう。

まず、「モチーフ系」から。商売に関係の深いものがデザインされています。

さて、トップバッターはこの看板。

江戸時代の両替屋の看板
画像引用元:アド・ミュージアム東京
これは「両替屋」の看板です。モチーフになっているのは両替商が使う秤の分銅。オシャレです。両替屋の看板にはほかにも、お金(貨幣)をモチーフにしたものもありました。


次はこれ。

江戸時代の筆屋の看板
画像引用元:アド・ミュージアム東京
これはわかりやすい看板。ズバリ、筆屋さんの看板です。長さは40cmほどもある巨大な筆で、遠目にもわかるようにずんぐりむっくりにしているんだそう。だが、それがカワイイ。

次はこれ。

江戸時代の団扇屋の看板
画像引用元:アド・ミュージアム東京
これもひじょうにわかりやすい。はい、団扇屋さんです。幅46cm、長さ80cmとこれまたデカイ。風が強い日とかちょっと怖いんじゃないでしょうか。

次はこれ。

江戸時代の鍵屋の看板
画像引用元:これなあに?
鍵屋さんの看板です。看板のモチーフになっているのは錠前です。文字の入れ方がステキです。

次はこれ。

江戸時代の床屋の看板
画像引用元:これなあに?
床屋さんの看板だそうですが、ちょんまげ!これはフォトジェニック感ハンパない。今なら外国人観光客がバシバシ写真を撮りそうです。

次はこれ。

江戸時代のソロバン問屋の看板(『熈代勝覧』部分)
『熈代勝覧』部分
ちょっとわかりづらいですが、でっかいソロバンがあります。これは、江戸随一のショッピングストリートに店を構えるソロバン問屋の看板です。すごいな、江戸時代。あぁ、絶対にジャラジャラ鳴らして店主に怒られる子どもいたはず。

次はこれ。

江戸時代の帳面問屋の看板(『熈代勝覧』部分)
『熈代勝覧』部分
大福帳の巨大模型を看板にしたのは帳面問屋。これも目立つこと請け合い。大福帳の模型看板を使ったのは江戸だけで、京や大坂の帳面問屋は青竹を看板にしたんだとか。それはそれで目立ちそう。


次はこれ。

江戸時代の足袋屋の看板(『守貞謾稿』より)
『守貞謾稿』より
足袋屋さんの看板ですから、モチーフはもちろん足袋。江戸も京も大坂も足袋屋さんはだいたいこの看板だったとか。

次はこれ。

江戸時代のタバコ屋の看板
画像引用元:たばこと塩の博物館
ちょっと現代人にはわかりにくいかと思いますが、これは煙草屋さんの看板です。モチーフになっているのは煙草の葉っぱ。当時は紙巻きタバコではなく葉タバコですからね。「刻」「箱入」「袋入」と看板に書かれているのは、刻んだタバコの葉っぱを「箱詰め」「袋詰め」にして販売していたという意味。

次もタバコ関係。

明治時代の煙管屋の看板
画像引用元:たばこと塩の博物館
これはわかりやすい、煙管屋さんです。「東京」の文字からもわかりますが、江戸時代ではなく明治時代のもの。色もカラフルで、デザインもまたオシャレですね〜。この看板は縦150cm以上もあるとっても巨大な看板。当時なら成人女性より大きいくらい。ちなみに「東京地張」とは「東京製の煙管」を意味するんだとか。

次もわかりやすい。

江戸時代の飴屋の看板
画像引用元:社会科の写真
「あめ」と書いてあるので丸わかりですが、飴屋さんの看板です。金と赤と黒の色づかいがゴージャス⭐︎ 壺は正面を向いているのに、台は斜めーーこれにより目の錯覚で立体的に見せています。看板にはこんな視覚マジックも応用されていたんですね。

飴のほか、酒や酢など液体状のものを販売するお店はこのように容器を看板のモチーフにすることがよくありました。

最後もかなりのインパクト。

江戸時代の脚気治療所の看板

うーん、これはイイ足。「かつけ治療所」と書いてあるように「脚気(かっけ)治療所」の看板です。足そのものを看板にしてしまうところにただならぬセンスを感じます。

余談ですが、江戸っ子は白米を1日5合食べるなど偏った食生活をしていたので、ビタミンB1不足により江戸っ子は「脚気」によくかかりました。そのため「江戸わずらい」なんて別名もありました。

ここまではインパクト大だけどわかりやすい看板をご紹介しました。さて、お次は“頭の体操”にもなる「なぞなぞ、クイズ系」の看板です。頭をやわらか〜くして見てみてください。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 江戸時代の人たちはとにかくダジャレ好き。ただ、その行き過ぎたダジャレ好きにより、江戸時代の看板がもはや超難問クイズと化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL