目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】

  このエントリーをはてなブックマークに追加


子ども時代の過ごし方が未来を決める!? 「いい子」「悪い子」それぞれの未来を描いた作品が恐ろしい


習い事などを熱心に行うと良縁につながる、ということをわかりやすく描いたおもしろい作品があります。『娘教訓二面鏡』という1873年(明治6年)の浮世絵作品がそれです。

女の子が寺子屋で熱心にお習字の練習。それを見つめる善玉たち(『娘教訓二面鏡』より)

こちら、始まりの絵。

女の子が寺子屋で熱心にお習字の練習をしています。女の子の周りをよく見ると、顔に「善」と書かれたヘンな生き物がいっぱいいます。

これは「善玉」という人の心のなかの良心を擬人化した江戸時代の大人気キャラクターです。

生みの親は江戸時代後期のベストセラー作家・山東京伝で、良心を擬人化した「善玉」と悪い心を擬人化した「悪玉」は一世を風靡し、その後のいろんな作品に登場しました。


こちらの絵ではお習字をする女の子を応援するように見守ったり、墨をするお手伝いをしてくれています。いいやつら。

女の子たちが唄のお稽古。それを見つめる善玉たち(『娘教訓二面鏡』より)

次のシーンでは、2人の女の子が唄のお稽古をしています。やっぱり善玉たちがあちこちに。

女の子たちがお裁縫の練習中。周りには善玉たち(『娘教訓二面鏡』より)

さらに次のシーンでは、お裁縫の練習中。

既製品がなかった江戸時代、着物がほころびたら手で直し、衣替えの季節になればシーズン仕様に自分の手で仕立て直していました。布団だってみずから縫うこともありました。そのため、江戸時代の女子にとって裁縫は不可欠なテクニックだったのです。

とまぁ、こんな感じでなにごとも熱心に取り込む「いい子」の日常がしばらく続きます。やがて、女の子も大きくなり年頃に。

善玉たちが男女を結ぶ赤い糸を持っている様子(『娘教訓二面鏡』より)

今までの努力が実って良縁ゲットだぜ!善玉たちが男女を結ぶ赤い糸を持っています。まるで恋のキューピッドみたい。

その後も子宝に恵まれ、親孝行し、真面目に人生を歩んでいった女の子。最後のシーンはこんな感じ。

孫に囲まれ幸せそうなおばあさん。奥には善玉たち(『娘教訓二面鏡』より)

画像右があの時の女の子です。すっかりおばあちゃんになってしまいましたが、膝には犬を乗せ、目の前ではかわいい孫たちが遊んでいる。絵に描いたような幸せな楽隠居です。

この『娘教訓二面鏡』はこんな風に女の子の一生を描いた作品なんですが、ポイントは「いい子」「悪い子」それぞれの人生を対照的に描いていること。

では、気になる「悪い子」の人生も見てみましょう。

寺子屋でふざける女の子。それを煽る悪玉たち(『娘教訓二面鏡』より)

始まりは「いい子」と同じく寺子屋シーンですが、悪玉にそそのかされたのか完全にふざけています。悪玉たちは周りで「どんどんやれい!」と煽っていくスタイル。

三味線の稽古をまったくせずに悪友と遊ぶ女の子。悪玉も大喜び(『娘教訓二面鏡』より)

三味線のお稽古もひどいもんです。師匠をガン無視して、悪友たちと遊んでいます。

その後も順調に(?)悪の道を進み、賭場にも出入りするまでの不良娘に……。そんな女の子にも縁談話が持ち込まれます。でも、親が決めた縁談なんて気に入らない。で、そうなると、こうなる。

いかにもダメそうな男と駆け落ちする女性。悪玉が赤い糸を引く(『娘教訓二面鏡』より)

いかにもダメそうな男と駆け落ちです。女性と悪い男とをしっかりと赤い糸で結ぶ悪玉、マジひどい。

ここからの転落っぷりがまたひどい。駆け落ちまでした男に捨てられた「悪い子」は、遊女となります。そして客との子どもを身ごもり生んだまではいいが、また捨てられる。そんな不幸続きの「悪い子」のラストシーンはこれです。

悪い子の末路である哀れな老婆。悪玉もみえる(『娘教訓二面鏡』より)

画像左の老女が「悪い子」の末路です。子どもが小さいところを見るとそんな年でもなかろうに、なぜかものすごい老けっぷりです。これはひどい、あまりにひどい。

この作品からもわかるように、江戸時代の空気としては「若い時の苦労で将来が左右されるよね」です。だから、『浮世風呂』に登場する女の子のように江戸時代の女の子たちは寺子屋やお稽古に熱心に取り組んだのでした。

あわせてどうぞ→
着替えが1日5回!? 将軍の妻は入浴からトイレまで人にやってもらっていた
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 江戸時代の女の子は、将来の良縁のために教養を身につけねばなりません。朝ごはん前から三味線のお稽古をこなすというハードモードな毎日を過ごす子もいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL