これが江戸時代!? ゆるカワすぎる仙厓(せんがい)和尚の作品に思わずニンマリする

  このエントリーをはてなブックマークに追加


次はパーっと楽しく。

人生、楽しくおいしく

花見に集まった人々(『花見画賛』 仙厓義梵 画)
『花見画賛』
桜を愛でながら飲めや歌えの花見パーティ。画賛の「楽志(し)みは花の下より鼻乃下」というのは「花より団子」ってことでしょうか。花見に集まった人々の個性的なことといったらない。

花見に集まった人々-子ども(『花見画賛』 仙厓義梵 画)

どう見てもヒヨコですが「子供」とあります。・・・子供!?!?!?



花見に集まった人々-おやぢ寒がる(『花見画賛』 仙厓義梵 画)

赤塚マンガのキャラみたいなこの人物、説明には「おやぢ寒がる」とあります。花見パーティで寒がるオヤジになぜか愛嬌を感じます。

花見に集まった人々-両手を広げて「ヨロコブ」人(『花見画賛』 仙厓義梵 画)

さきほどヒヨコみたいなのがいましたが、またプリケツの鳥みたいなのがいます。でも、鳥じゃなくて人です。両手を広げて「ヨロコブ」姿のようです。ブーン。

花見に集まった人々-吐く人(『花見画賛』 仙厓義梵 画)

ここにもやっぱりいました、花見名物リバースする人。そんなの描かなくても…とも思うのですが、以前紹介した江戸時代の大食い大会でもやっぱり吐く人が描かれていました。仙厓版では「ベッコウハク」とちょっと洒落た言い回しの説明がされています。

ほか、おもしろいのが「ミテイル」と説明されたギャラリーがいること。花見の宴を見ているだけってなに目的なんでしょうか。仙厓和尚もこんな楽しい花見パーティをきっと楽しんだのでしょうね。

次、ドッキリ大成功?

うわっ! びっくりした〜

縄と蛇を間違えて驚く男性(『切縄画賛』 仙厓義梵 画)
『切縄画賛』
「どっひゃ〜」とびっくりしすぎな男性と、それを見て笑う男性。リアクション大賞を贈呈したいくらいの、見事な驚きっぷりです。さて、男性はなににびっくりしているのかなーーと足下を見ればヘビが絡みついている!?と思ったら本当はただの縄でした、という場面。

「化物の 正体見たり 枯れ尾花」という句がありますが、それと似たような感じですね。画賛は「切れ縄に 口はなけれど 朧月」。落ち着いてよく見たら「なーんだそんなことか」と思うようなことは日常でもよくあります。

最後を締めるのは仙厓和尚の代表的3作品。

柳のように生きるのさ

柳の木と堪忍の文字(『堪忍柳画賛』 仙厓義梵 画)
『堪忍柳画賛』
風に揺れる柳の木と「堪忍」の大きな文字。シンプルながらダイナミックな作品です。画賛は「気に入らぬ風もあろうに柳哉」とあります。人間、生きていれば気に入らない風にさらされることもままある。でも、柳のようにサラリと受け流すことも大切。意固地になってポッキリ折れてしまったらもう立ち直れない。受け流しつつ堪え忍ぶーー「堪忍力」の重要性を柳に託して説いています。

次はちょっと一服。

この○な〜んだ?

丸いおまんじゅう(『一円相画賛』 仙厓義梵 画)
『一円相画賛』
描かれているのはシンプルな○。満月? 穴? それともお皿? 画賛を見ると「これくふて茶のめ」とあります。というとこは、おまんじゅうだ!「仙厓さん、お腹空いてた?」と思っちゃいますが、実はこの絵にも仙厓流“悟り”解釈が込められています。

○は禅宗において“悟りの境地”を表すものだそうで、禅僧たちにとっては大切なシンボルイメージ。しかし、それを「おまんじゅうだと思って食べちゃいなよ」と言ってしまう。“悟り”なんてものは“さらに深い悟り”への入り口にすぎない、という仙厓和尚の修行へのストイックな姿勢が表現されているんだとか。ただの○かと思ったら深い○、でもただのおまんじゅう。うーむ、これぞ禅問答。

次は△と⬜︎も加わった!

おでん?

仙厓和尚の謎かけ(『○△⬜︎』 仙厓義梵 画)(『一円相画賛』 仙厓義梵 画)
『○△⬜︎』
仙厓和尚といえば“ゆるカワ”というイメージを覆す、現代美術のような謎めいた抽象画です。前衛的な雰囲気で、さながら“江戸時代のコンセプチュアル・アート”といった感じです。パッと見、おでんか?と思ってしまう⬜︎と△と○の組み合わせ。その解釈をめぐってはさまざまな説があります。

例えば、「⬜︎は修行を始める前の自分、修行を通して角が減り△となり、○は悟りの境地を表す」とか「この世の全ては○△⬜︎の図形に代表される、つまりこの絵は大宇宙」とか。仙厓和尚はこの作品について説明を残していないので、きっと仙厓和尚から見る者への壮大な謎かけなのでしょう。

いかがだったでしょうか?子どもの落書きのように無邪気なタッチの仙厓作品、「かわいい〜」と思って見始めたら、いつの間にか自分を見つめ直していたり。仙厓ワールド、奥深し。でもまずは小難しことは考えず、かわいい仙厓作品に癒されましょう。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL