大晦日といえば借金取り立て!大掃除後に胴上げ!江戸時代の年末風物詩を紹介

  このエントリーをはてなブックマークに追加


謎の物乞い集団登場。年末風物詩の商売いろいろ


先に登場しました大掃除用の煤竹を売る「煤竹売り」や「門松売り」など、“年末限定”の商売もいろいろありました。

期間限定の商売はほかにこんなものも。

江戸時代の暦売り(『守貞謾稿』より)
『守貞謾稿』より
これは「暦(こよみ)売り」。

暦とは今でいうカレンダーのようなものです。現代でも年末になると新年用のさまざまなカレンダーが書店や雑貨店などいろんなお店で売られていますが、江戸時代には暦売りが売り歩いていました


暦売りが現れるのは年末から正月末までで、老人が多かったのだとか。江戸では「ご調宝大小柱ごよみ、綴ごよみ」という呼び声で売り歩きました。江戸の暦は現代のカレンダーとは全然別物。奥深くてユニークなのでまた別の機会に。

ほかに、神棚にお供えするお神酒(みき)徳利の口飾りを売る行商人や古いお札を集めて歩く「札納め」も暮れの風物詩。

徳利の口飾り売り(『四季交加』より 北尾重政 画)
笑顔がチャーミングな徳利の口飾り売り(『四季交加』より 北尾重政 画)
ユニークなのが「節季候(せきぞろ)」という物乞い軍団

↓これがセキゾロ。

節季候(せきぞろ)(江戸時代の門付の一種、『人倫訓蒙図彙』より)
『人倫訓蒙図彙』より
なんだこれ、怪しいぞ。

これは江戸時代前期から続く商売で、家の前で芸を見せチップをもらう「門付(かどづけ)」の一種。2〜3人ほどでグループを結成し、赤・白・青など色とりどりの紙で飾った編み笠をかぶったり、赤い布で顔を隠し頭にウラジロをつけた笠をかぶったり、松竹梅を描いた紙エプロンをつけたりと、メデタイんだかヘンテコなんだかよくわからないファッションで登場しました。

見るからにやかましそうな節季候ですが、これが騒音的な意味で本当にやかましかった

手に太鼓やササラという竹製の楽器、拍子木を持ちそれを鳴らしまくったうえ、「節季候、節季候、めでたい、めでたい」「節季ぞろぞろ、さっさござれや、さっさござれや」などと囃し立てたのです。

正直、メーワクもいいところ。正月準備で忙しい店先や家先でこれをやられた人々は「これあげるからどっかいって!」とばかりにお金や米などを与えて追っ払ったんだとか。そりゃそうだ。

最初は江戸・京・大坂の三都で見られた節季候ですが、江戸時代後期になると江戸だけになってしまったそう。うるさすぎたのかしらん・・・。

アイデア勝負の珍商売がたくさんあった江戸の町ならではの商売ですね。

最後は大晦日の吉原にだけ出現する謎のキツネ男

狐舞い(『隅田川両岸一覧』より「吉原の終年」葛飾北斎 画)
『隅田川両岸一覧』より「吉原の終年」葛飾北斎 画
画像中央にいるキツネ面をかぶっているのがそれで、「狐舞い」といいます。

吉原に限り、獅子舞ではなく狐舞いがやってきたのですが、華やかな吉原らしく狐舞いのビジュアルも華麗。白面のキツネ面に赤熊(しゃぐま)の毛をかぶり、身にまとうは錦の衣装。

御幣や鈴を手にしたキツネが笛・太鼓のお囃子とともに舞い踊る姿はさぞや美しかったことでしょう。でも、キツネ男は吉原の遊女たちにとっても嫌われていました。

なぜなら、

狐舞いに抱きつかれると妊娠する」という噂が真しやかに流れていたから。

遊女にとって妊娠は商売の妨げになるので、まああの手この手で避妊をしていました。ですので、狐舞いが妓楼に上がり込むと遊女たちは逃げ回ったそうです。なんと美しき鬼ごっこかな。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22
一人鍋が定番! 江戸時代の冬の食事は現代とちょっと違っていた フグは庶民向け
寒い冬にこそおいしくなる温かい冬の食事。おでん、すき焼き、フグ、焼き芋...。今も見るけど、ちょっと違う江戸時代の冬の食事を紹介!
2017-01-15 14:52:57
ミニ氷河期だった江戸時代 庶民はどんな服装で冬の寒さをしのいだのか?
地球全体がミニ氷河期だった江戸時代。現代のような温かいコートやダウン、ヒートテックなどないなかで、人々はどのような服装で冬の寒さをしのいだのでしょうか?
2017-01-14 13:19:19
【食べないおせち料理】江戸時代の正月の常識が現代とだいぶ違う【お年玉はお餅】
現代のお正月といえば、初詣に行って、あけおめメールを送り合って、初売りで福袋をゲットしてといった感じですが、江戸時代の人々はどのようにお正月を過ごしていたのでしょうか?
2016-12-30 17:00:20
これが江戸時代!? ゆるカワすぎる仙厓(せんがい)和尚の作品に思わずニンマリする
「かわいい江戸絵画」が注目を集める昨今、禅僧・仙厓義梵(せんがいぎぼん)の画も唯一無二のユーモラス&抜群のカワイさで展覧会でも大人気。今回はそんな仙厓和尚の作品をたっぷりご紹介します。
2016-12-23 16:10:05

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上
コメント

コメント

  1. 江戸時代、12月13日は大掃除の日と決まっていました。そして大掃除が終わると胴上げをするという謎の風習が(画像あり)。また、江戸時代の大晦日といえば借金取りVS債務者のバトルなのですが、その理由も紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL