【画像あり】江戸時代にもクリスマス!? 日本初のサンタは侍の格好だった!

  このエントリーをはてなブックマークに追加


キリスト教が“禁教”となった江戸時代のクリスマス


さて、江戸時代。当初、キリスト教に対し容認姿勢をとっていた幕府ですが、全国でキリシタンが増加し続けるなか、1612年(慶長17年)、最初の「禁教令」を発布し、「キリスト教、ダメ絶対」ということで“禁教”として全面的に弾圧。

踏み絵

これは「踏み絵」です。うん、教科書で見たぞ。

“キリシタン狩り”の手段として、幕府はキリストや聖母マリヤが彫られた「踏み絵」を踏ませたのですが、初期には効果があった踏み絵も“偽装棄教”するキリシタンも増えやがて形がい化。

ある地域では最終的には、

単なる正月行事になっちゃったんだとか。


踏み絵以外にもキリシタンのあぶり出しとして、めちゃくちゃ恐ろしい拷問をされることもありました。宣教師なども見せしめに大量処刑されています。キリシタンだとバレたら信仰を捨てるか殉教するかの2つにひとつしか道はなかったのです。熱心なキリシタンは喜んで殉教するので幕府の役人は手を焼いたそう。

このように、キリスト教は江戸時代を通して弾圧され続けるなか、とてもじゃないけど、クリスマスを祝える雰囲気ではありませんでした。
しかし、キリシタンにとっては暗黒時代ともいえる江戸時代にあってもこっそりクリスマスを祝われていたのです。

例えば、仏教徒のふりをしながらもキリスト教を信仰し続けたいわゆる“隠れキリシタン”たち。彼らは幕府にバレないようこっそりとクリスマスを行いキリストの降誕を祝いました

隠れキリシタンがつくったマリア観音
隠れキリシタンたちが秘かにキリスト教を信仰するためつくったマリア観音。一見すると観音像だがじつはマリア像で、胸にはキリストを抱いています
隠れキリシタンたちは役人に見つからぬように、クリスマス・イヴを「ご産待ち」、クリスマスを「御誕生」「霜月お祝い」などと名を変えて冬至の直前の日曜日にクリスマスを祝いました。記録によれば、御神体を祭壇に祀りお供えをし、オラショ(お祈り)を唱えたあと、みんなで会食をしたんだとか。

また、訪日外国人のキリシタンたちも、日本のある地域でクリスマスを祝っていました。それは、




『出島図』(川原慶賀 画)
『出島図』川原慶賀 画

長崎の出島


江戸時代は、キリスト教禁教政策の一環として「鎖国」体制をとっており外国との交流が制限。そんななか、唯一西欧に向けて開かれていた扉の役目をしていたのが出島で、幕末に開国するまで対オランダ貿易の拠点として機能していました。

当時の訪日オランダ人キリシタンたちも、クリスマスを祝いたい。とはいえ、公然とクリスマスを祝って、せっかく良い関係を築いている幕府の心証を損いたくない。さて、どうしたらいいのか?と出島に住むオランダ人たちは考えます。

そこで目をつけたのが、長崎に住む中国人たちがやっていた「唐人冬至」という冬至の行事。(ちなみに中国も幕府の許可を得て貿易していました)

「これは使える」と思ったオランダ人。

「オランダに古くから伝わる冬至の行事、やりますね!(キリッ」という方便で、クリスマスをお祝いしたのです。


それが奇策


阿蘭陀冬至(オランダトウジ)




なんか男塾みたいだぞ、オランダ人…!



知っているのか雷電?(男塾)
なんとなく「知っているのか、雷電?」「(汗」みたいな会話がしっくりくる不思議


『阿蘭陀人食事之図』(クリスマスパーティーをする出島のオランダ人)
『阿蘭陀人食事之図』
これは「阿蘭陀冬至」つまりクリスマスパーティをする出島のオランダ人を描いたものといわれています。

シャレた椅子に腰かけ、ご馳走が並んだテーブルを囲み、ワイングラスをかたむけ、スプーンやフォークで食事をする。とても江戸時代の日本とは思えない光景です。

阿蘭陀冬至の流れはこうだ!

早朝の海上パレードで幕開け

オランダ商館出入りの貿易商らが商館に行ってプレゼントを渡す

通訳や役人にあいさつ回り

日が暮れると商館でクリパ開催!(先ほどの絵みたいなノリで)

こっそりといいながらもなかなか盛大。


クリパには、通訳や役人、蘭学者など日頃付き合いのある日本人たちも招待。たとえば文人・蜀山人(しょくさんじん)こと大田南畝(おおたなんぽ)。長崎奉行所勤務時代にこの「阿蘭陀冬至」に招待されたらしい。

大田南畝の肖像画
表の顔は幕府の官僚、裏の顔は人気狂歌師という異色の文化人、大田南畝(『大田南畝像』鳥文斎栄 画)
当時のクリスマスパーティにはどんな料理が並んでいたのか、現在の出島で再現されています。

江戸時代のクリスマスパーティー(出島で再現)
画像引用元
なんとなく違和感を感じますが、なぜかというと、畳にテーブルなんですね

テーブルの上には、ワイン、パン、ハム、魚の丸焼きなどが並んでいます。特に目を引くのがメイン料理のこれ。

ボアーズヘッド(豚の頭がリングを加えている料理)
画像引用元
頭だけの豚さんがリンゴをくわえてる!

さすがオランダ、さすが長崎、江戸時代には見慣れなさすぎるインパクト大の肉料理。これは「ボアーズヘッド」という肉料理で、北欧などではクリスマスに欠かせない料理なのであります。

ここで、先に紹介した『阿蘭陀人食事之図』をよ〜く見ると、テーブルの上に頭っぽいのがあります。

ボアーズヘッド(牛の頭、『阿蘭陀人食事之図』)

こちらは豚の頭ではなく、牛の頭のよう。江戸時代の日本人はほとんど豚肉や牛肉を口にしていなかったので、こんな料理が目の前に出てきたらさぞかしビックリしたことでしょうね。

招待された日本人たちも、牛の頭を囲みながら目の前で繰り広げられるイベントがまさか“禁教”の宗教行事とは思いもよらなかったでしょう。あるいは、知っていたけど黙認していた日本人もいたかもしれません。

さて、時は流れて幕末

黒船来航によって西欧への扉を開かざるを得なくなった幕府は、横浜や神戸など5つの港を開きます。黒船来航から3年後には踏み絵も廃止されました。日本人のキリスト教信仰は明治時代になってもしばらく禁じられましたが、外国人の信仰の自由と居留地内での宗教活動は幕末にはOKとなっており、日本国内でも開港地などではクリスマス行事が見られるようになりました。

江戸時代、外国人の屋敷でのパーティ(『横浜異人屋敷之図』歌川芳員 画)
横浜にある外国人の屋敷でのパーティ。チェロを弾いている男性の姿も。幕末にはクリスマスパーティもこんな風ににぎやかに行われたことでしょう(『横浜異人屋敷之図』歌川芳員 画)


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22
一人鍋が定番! 江戸時代の冬の食事は現代とちょっと違っていた フグは庶民向け
寒い冬にこそおいしくなる温かい冬の食事。おでん、すき焼き、フグ、焼き芋...。今も見るけど、ちょっと違う江戸時代の冬の食事を紹介!
2017-01-15 14:52:57
ミニ氷河期だった江戸時代 庶民はどんな服装で冬の寒さをしのいだのか?
地球全体がミニ氷河期だった江戸時代。現代のような温かいコートやダウン、ヒートテックなどないなかで、人々はどのような服装で冬の寒さをしのいだのでしょうか?
2017-01-14 13:19:19
【食べないおせち料理】江戸時代の正月の常識が現代とだいぶ違う【お年玉はお餅】
現代のお正月といえば、初詣に行って、あけおめメールを送り合って、初売りで福袋をゲットしてといった感じですが、江戸時代の人々はどのようにお正月を過ごしていたのでしょうか?
2016-12-30 17:00:20
これが江戸時代!? ゆるカワすぎる仙厓(せんがい)和尚の作品に思わずニンマリする
「かわいい江戸絵画」が注目を集める昨今、禅僧・仙厓義梵(せんがいぎぼん)の画も唯一無二のユーモラス&抜群のカワイさで展覧会でも大人気。今回はそんな仙厓和尚の作品をたっぷりご紹介します。
2016-12-23 16:10:05

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上
コメント

コメント

  1. Pingback: サンタの日本初上陸はいつ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL