日本で初めて登場したサンタクロースは侍スタイルだった!?


今ではクリスマスといえば光り輝くクリスマスツリーが欠かせませんが、クリスマスツリーが日本で初めて飾られたのは幕末、1860年(万延元年)のこと。プロイセンの外交官オレインブルクが用意させたのが日本初のクリスマスツリーなのです。

スポンサーリンク


ツリーに使う樅(もみ)の木がなかったため、似たような木を探すのも一苦労。オーナメントには、オレンジや梨などのフルーツ、砂糖菓子、キャンドルが吊り下げられたそうです。日本初のクリスマスツリー、どんなものだったのか見てみたい。

大正時代の神戸教会でのクリスマス
大正時代の神戸教会でのクリスマス。たくさんのオーナメントで飾られた大きなツリーが見えます画像引用元
もうひとつ、いや、もうひとり、クリスマスに欠かせない人物がいます。

そう、サンタクロース

サンタさんのファッションといえば、赤と白の服と帽子に真っ白な豊かなヒゲですが、日本初のサンタクロースはそんな定番イメージとは全然違いました。

日本初のサンタクロースは、なんと裃(かみしも)を着用し、腰には大小の刀を帯びた侍ルックだったらしい。

裃、大小の刀というと、まあこんな感じなわけですが、



池田長発(現代にも通用する幕末のイケメンランキング)
写真は裃、大小のイメージ。幕末のイケメン特集で紹介した池田長発さん
サンタクロース観、ゆらぐな〜。

この侍サンタさんが登場したのは、1874年(明治7年)のこと。維新後にクリスチャン実業家として活動した原胤昭(たねあき)のクリスマス会でのこと。日本初サンタに扮したのは、元幕臣の牧師・戸田忠厚という人物。元お侍さんなので、サンタさんも侍ルックになったのか…?

次に、この絵もぜひ紹介したい。

『さんたくろう』(国産初のサンタクロースの絵、明治31年)

こちらのサンタクロースっぽいおじいさんは、その名も三太九郎(さんたくろう)

また男塾の民明書房みたいなノリなのですが、これは1898年(明治31年)に発行された、教会に通う子どもたちのために書かれた物語『さんたくろう』の挿絵。

これこそ国産初のサンタクロースの絵といわれています。

お供に連れているのがトナカイではなくロバ。プレゼントが入っているのがカゴというのもおもしろい。

『さんたくろう』のあらすじ

「三太九郎」の正体は井口五郎というおじいさんで、行き倒れていたところをクリスチャンの一家に助けられ自分もクリスチャンとなり、恩返しにクリスマスの夜、その家の子どもたちにプレゼントを贈る、というなんともユニークな物語。

サンタさんって妖精の類だと思っていたのに、まさか普通のおじいさんだったとは・・・夢があるようなないような・・・。

大正時代になると現代とほぼ同じようなサンタさんが子ども雑誌の挿絵にもたくさん描かれるようになり、現代に続くサンタさんの定番イメージが浸透していきました。

『子供之友』に描かれたサンタさん(大正3年)
1914年(大正3年)に刊行された『子供之友』に描かれたサンタさん。大きな白い袋からプレゼントを出し、靴下に入れようとしています。奥の女の子が「あ」と気づいているのがなんとも可愛らしい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: 投稿日:カテゴリ:カテゴリー イベント, 現代に繋がる, 雑学、ネタ,

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事