お米を1日5合食べていた !?江戸時代の食事がいろいろと衝撃的すぎる【庶民も将軍も】

  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸時代に庶民はどんな食事をしていたのか?そのレシピや食事回数、食べる量など現代人にとって驚くべきものでした。また、実は悲しい将軍の食事についても紹介します。

江戸時代、人々の食事回数は?

 
現代人の食生活といえば「1日3食」が基本ですが、この習慣が定着したのは江戸時代中期頃の元禄年間(1688~1704)といわれています。灯りの広がりにより1日の活動時間が延びたのが理由のひとつだそう。

『幼童諸芸教草』「膳」(歌川国芳 画)
(『幼童諸芸教草』「膳」歌川国芳 画)
母親が子どもにごはんを食べさせています。いつの時代もこの風景は変わらないですね

ちなみに、“暴れん坊将軍”こと八代将軍・徳川吉宗は質素倹約を掲げていたため1日2食を貫いたそうです。ストイックです。


江戸の食事は米、米、米!!庶民はなにを食べていた?


さて、江戸時代の人々がいったいどんなものを毎日食べていたのか?まず、江戸の庶民の食事をちょっと紹介します。

『美盾十二史(みたてじゅうにし)』「申与次郎」(歌川国芳 画)
(『美盾十二史(みたてじゅうにし)』「申与次郎」歌川国芳 画)
食事をする男性。江戸時代はテーブルがないので、人々はひとり分ずつお膳に食器をのせて食事をしました。こちらの絵では、低い足のついたお膳(足付き折敷/おしき)に飯椀と漬物のお皿、お箸がのっています。その隣の黄色お皿はおかずが入っているのでしょうか。

男性の傍らにある大きな桶のようなものは、飯櫃(めしびつ)です。当時、炊飯器などありませんでしたからお釜で炊いたお米はこの飯櫃に移されました。それにしても、お世辞にも豪華な食事とはいえなさそうですね。

江戸時代の庶民の食事(再現)

こちらは江戸時代の庶民の食事を再現したものです。ごはん、味噌汁、漬物。

超シンプルな「一汁一菜」。

これが庶民の食事の基本でした。こんな少ない食事で体力持つの!?と思うかもしれませんが、江戸の人々の食事と私たち現代人の食事で大きく違う点がありました。

それは……



江戸時代の江戸っ子はお米を1日5合食べていた

お米の消費量です。

江戸は将軍のお膝元であり全国から年貢米などが集まってきました。米の流通システムも整備されていたため、長屋の住民でもよほどの貧乏人でない限りお米、それも精米した白米を食べることができました。「白米を食べられること」これは、江戸っ子の自慢のひとつでした。

では、どれくらいの量を1日で食べていたのか?
成人男性の場合なんとその量は……





1日5合

多すぎる。
これは多すぎる。
ちょっと信じられない量です。

家族ですら1日こんなにお米を消費しません。それを一人で食べちゃうとは。ちなみに現代人の1日の米消費量は「お茶碗2杯ちょっと」といわれています。歴然の差です。カロリーのほとんどを米で補っていたんでしょうね。

『台所美人揃』(喜多川歌麿 画)
(『台所美人揃』喜多川歌麿 画)
女性たちが朝食の準備をしています。お椀を拭いたり、野菜の皮をむいたり、竈(かまど)で火をおこしたり

お米ですが炊くのは朝の1回だけだったそう。江戸時代後期の風俗百科『守貞謾稿(もりさだまんこう)』によりますと、江戸の庶民の食事はこんな感じ。

朝食
ホカホカご飯、味噌汁
昼食
冷や飯、野菜もしくは魚などのおかず
夕食
お茶漬け、漬物

現代では1日の食事のうち夕食が一番豪華な傾向がありますが、どうやら江戸の庶民は昼食がメインだったようです。夜はすぐに寝るだけでしたから、さもあらん。

玄米ではなく白米をお腹いっぱい食べることを自慢にしていた江戸っ子ですが、デメリットもありました。

脚気(かっけ)」と呼ばれる病気です。これはビタミンB1不足によって起きる疾患で、足のしびれなどの症状が出ました。玄米には胚芽部分にビタミンB1を含有しているのですが精米するとこれが失われてしまうのです。

江戸の住民には脚気に苦しむ人が多かったのですが、江戸を離れて主食が白米から玄米や麦、雑穀になるとアラ不思議、いつの間にか脚気が治る。ということで脚気は当時、江戸だけの奇病として「江戸わずらい」とも呼ばれていました。

脚気をわずらった江戸時代の人(『熈代勝覧』部分)
(『熈代勝覧』部分)
脚気をわずらい車椅子のような台車に乗る人


脚気は恐ろしい病気で、徳川将軍15人のうち3人(10代・家治13代・家定14代・家茂)が脚気で死亡したといわれています。また、幕末の偉人・勝海舟の父親である勝小吉も脚気を患っていました。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 宮沢賢治の雨ニモマケズには「1日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ」とあるので、白米の方が食べやすくて量が食べられたんだろうか?

  2. Pingback: 江戸時代の庶民の生活とは?気になる江戸時代の暮らしについて | ビハピ

  3. Pingback: 気になる江戸時代の食事・・・庶民はこんなものを食べていた! | ググリますた

  4. Pingback: 江戸時代の食事で町人が食べていた物とは?江戸の食文化について | ググリますた

  5. お世話になっております。
    フジテレビもしもツアーズを担当しております尾下と申します。

    当番組で、江戸の食をテーマとした企画を考えておりまして
    江戸三味(寿司・天ぷら・そば)の浮世絵で紙芝居ができればと考えております

    寿司・天ぷら・そばの屋台の様子がわかるような歴史写真データをご提供頂き
    番組内で使用させて頂くことは可能でしょうか?
    一度ご連絡いただければと思います。

    急で申し訳ありませんが何卒、宜しくお願い致します。

  6. >鶴は姿の美しさなどから将軍や大名に珍重され、天皇家にも献上されました。
    これを書いた人は勉強不足にも程があるんじゃないかね。天皇家なんて無いんだがな。

    皇室はある特定の氏族・家の代表ではない。
    だからこそ、天皇を奉戴する最有力者の各氏が入れ替わっても、天皇と皇室が特定の氏族・家の者になること無く現在まで続いているんだぞ。

    分からないことは知ったかぶりせず調べて知見を深めてから書きたまえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL