もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ

  このエントリーをはてなブックマークに追加


ひし餅に白酒、そしてハマグリーーひな祭りの食べ物にはどんな意味があるの?


さて、ひな祭りのお供えといえばまず思いつくのはひし餅ではないでしょうか?

ひし餅

ピンク(桃色)・白・緑の3色がいかにも春らしい。ちなみにこの3色にはそれぞれ意味があります。

  • ピンク→邪気を祓うパワーを持つ桃の花カラー
  • 白→白酒の色
  • 緑→こちらも邪気を祓うパワーを持つというヨモギの色

また、この3色は春の情景を表現しているとも。雪の下には新芽が芽吹き、桜が咲くーーというイメージです。

ところが江戸時代のひし餅はちょっと違う。

江戸時代のひし餅(深川江戸資料館 再現)
画像引用元:TMN world
こちら、深川江戸資料館で再現された長屋のひな祭りのようす。

男雛と女雛のほかに五人囃子も参加し、嫁入り道具も揃っています。長屋暮らしとはいえかなりお金に余裕のある住人のようです。

さてさて、画像中央にかなり大きなひし餅が見えますが、緑と白の2色だけでピンクはありません。

そうなんです。江戸時代のひし餅は緑・白の2色で、ピンクが追加されたのは明治時代からのことなんだそう。2色のひし餅って新鮮なビジュアル。


さて次。

白酒もひな祭りには欠かせないもの。

ひな祭りの白酒
画像引用元:楽しもうよ.com
白酒とは甘口の濁り酒で、ノンアルコールの甘酒とは似て非なるもの。間違ってお子さんが飲まないようにご注意ください。

「上巳の節句(ひな祭り)」に桃の花を浸したお酒を飲む、というのは江戸時代以前から行われていたようですが、「ひな祭りには白酒」が定番になったのは江戸時代のことだそう。

そのきっかけとなったのが、神田鎌倉河岸に店を構えていた酒屋・豊島屋

豊島屋は「山なれば富士、白酒ならば豊島屋」といわれたほど白酒で有名な店で、2月下旬の白酒初売りの日にはお客が殺到、そのようすは江戸のガイドブック『江戸名所図会』に紹介されるほどでした。

江戸時代の酒屋・豊島屋。白酒初売りの日は大繁盛だった(『江戸名所図会』より)

ワォ! ものすごい繁盛っぷり。画像左上には、「白酒をゲットしようと遠方からも人が大勢やってきて夜明け前から店の前には大行列ができた」というようなことが書いてあります。初売りの日だけで1,400樽を売り上げたというからただごとじゃありません。

あんまり混雑するもんだから、櫓(やぐら)の上には医師と鳶(とび)が待機して、ケガ人対策と行列整理をしています。さながら江戸版DJポリス。

医師と鳶も待機するほど盛況だった豊島屋の白酒初売りの日(『江戸名所図会』より)
「おーい、あんまり押すなよ!」とでもいっているんでしょうか

白酒で有名になった豊島屋にはこんな伝説があります。

ある夜、豊島屋の初代主人の夢枕におひな様が現れ、おいしい白酒のつくり方を教えてくれたそうな。そして教えられたレシピ通りにつくった白酒をひな祭りの前に売り出したところ大評判になり大ヒット。いつしか「ひな祭りには豊島屋の白酒」となりましたとさ。

こうして江戸でひな祭りのマストアイテムとなった白酒は、江戸から全国へ広まっていったといわれています。

なお、豊島屋の白酒は現代でも買うことができます。江戸っ子が舌鼓を打ったその味をぜひたしかめてみたいものです。

ほかに、ハマグリやアサリなどの貝類をお供えする習慣もありました。

『風流五節句遊』(柳谷 画)
『風流五節句遊』柳谷 画
こちらの絵には人形を持った美女と桃の枝を持った子ども、そして女の子がなにかをつついています。拡大してみましょう。

ひな祭りにハマグリやアサリなどの貝類をお供えする習慣があった

台にのったお皿にはハマグリやアサリ、サザエなど貝類がてんこ盛り。

現代ではハマグリというと“高級貝”のイメージがありますが、江戸時代には江戸近海でもハマグリがたくさん採れたので値段も安く、庶民でも気軽に買うことができました。高級どころかむしろ庶民派。

また、旧暦のひな祭りの頃は潮干狩りシーズンでもあり、人々は潮干狩りでゲットしてきたハマグリなどをおひな様にお供えすることもありました。

現代、ひな祭りの食べ物といえばちらし寿司&ハマグリのお吸い物が黄金コンビだと思いますが、江戸時代にはハマグリのお吸い物は婚礼メニューの定番でした。

ハマグリのお吸い物
画像引用元:赤酒.com

ちなみに「婚礼のお吸い物にはハマグリを使うべし」といいだしたのは、八代将軍・徳川吉宗

ハマグリは全国的にたくさん採れて貧富の差なく手に入れることができるから、という理由らしい。じつに細かいところまで気のつくお方です。

余談ですが、婚礼メニューで出されたお吸い物に入っているハマグリを花嫁は食べてはいけない、という謎のルールが江戸時代にはあったそうです。

江戸時代の人々がひな祭りにハマグリのお吸い物を食していたかはわかりませんが、婚礼メニューだったことと関係があるのかもしれないですね(情報求む)。

また、ハマグリの貝殻は対になっていないとピッタリ合わないことから「夫婦和合の象徴」とも考えられており、ハマグリをお供えすることで良縁を願う、という説もあります。

さぁ、最後は毎年頭を悩ませる「男雛と女雛の左右問題」について。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 江戸時代、競い合うようにひな人形が巨大化。60センチを超える巨大ひな人形が出現する事態に待ったをかけたのは、暴れん坊将軍・徳川吉宗でした。吉宗の出した命令とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL