もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ

  このエントリーをはてなブックマークに追加


ひな人形を求める客が殺到! ひな人形バザーは大にぎわい


江戸時代中期頃、ひな祭りが庶民に広まり盛り上がりを見せるなか、毎年2月下旬になると京や大坂、江戸をはじめ各地でひな人形を売る「雛市」が立つようになりました。

江戸市中でもあちこちに雛市が立ったのですが、なかでも有名だったのが十軒店(じっけんだな)。現代の中央区日本橋室町あたりです。

十軒店の雛市(『江戸名所図会』より)

こちらは江戸のガイドブック『江戸名所図会』に描かれた十軒店の雛市のようす。ひな人形を買い求める大勢の人でにぎわっています。

画像左奥に描かれているのは、ひな人形を扱う大型店舗。かなり立派なひな人形を売っているようです。ちょっと庶民は入りにくそう。

拡大してみてみましょう。

雛市でひな人形を選ぶ女性たち(『江戸名所図会』より)

いいところのお嬢さんがお母さんとお供の人でしょうか、3人で熱心にひな人形を選んでいます。「お母さま、これ買って❤︎」みたいな感じかと。

大型店舗の手前の大通りにもひな飾りを売る仮設店舗らしきものが見えます。

いったいなにを売っているのか気になりますよね。のぞいてみましょう。

雛市で売られている雪洞(ぼんぼり)や白酒の酒器(『江戸名所図会』より)

ひな飾りの定番アイテム、雪洞(読み:ぼんぼり)や白酒を入れる酒器などを売っているようです。

雛市で売られている屏風や婚礼道具(『江戸名所図会』より)

こっちには屏風や婚礼道具が並んでいます。ほかにも「立雛」と思しきひな人形も見えます。大型店舗よりリーズナブルなものを売っているのかもしれません。

ここに描かれているのは江戸時代後期のようすなのですが、どうやら江戸時代後期には現代のようなひな飾りアイテムがすでにそろっていたようです。

ちなみに、五人囃子や三人官女などもこの時代にはすでにありました。

三段飾りのひな人形(二代目喜多川歌麿 画)
立派な三段飾りのひな人形。2段目には五人囃子がチラッと見えてます(二代目喜多川歌麿 画)

雛市で売っているような立派なひな人形を買うことができない人々は、折り紙などでひな人形をつくって飾ったりもしたようです。

紙製の女雛と男雛(ひな祭り)

紙製の素朴な女雛と男雛。手描きの模様がとってもステキ。

折り紙のおひな様(ひな祭り)
こちらもかわいらしい折り紙のおひな様。ちゃんと顔も描いてあります。


壮麗! 大奥のひな飾りは驚きの12段仕様


現代では居住スペースの問題もあって3段飾りや7段飾りのひな人形を用意するご家庭は減少傾向にあり、男雛と女雛だけの親王飾りとか、ケースに入ったものなどコンパクトなものが人気なようです(地域によりますが)。

が、それとは真逆、とにかく豪華絢爛だったのが江戸城大奥のひな飾りです。

江戸城大奥のひな祭り(『千代田之大奥』より「雛拝見」揚州周延 画)
『千代田之大奥』より「雛拝見」揚州周延 画
こちらが江戸城大奥のひな祭り。

江戸城大奥では3月1日から4日まで盛大にひな祭りのお祝いが行われたのですが、ご覧ください、ひな飾りの壮麗さを。なんと12段飾り。幅もめちゃくちゃ広そう。さすが将軍家という感じです。大奥女中たちも美しいひな飾りを見物しようと集まってきています。

ひな祭りには、将軍から正室である御台所や姫君にひな人形がプレゼントされたんだとか。ほかに、諸大名からおひな様にお供えする白酒やハマグリ、お菓子などがどっさり献上されたそう。

数千人の女性がいた“女の園”大奥だけに、ひな祭りは特別な盛り上がりがあったんじゃないでしょうか。

江戸で女性がたくさんいた場所といえば不夜城・吉原遊郭も同じですが、吉原では大々的なイベントは行われなかったようです。でも、遊女のなかには部屋にひな人形を飾る者もいたらしい。幸せをひな人形に祈ったのかもしれませんね。

立派なひな壇を出すには広いスペースが必要になるわけですから、狭い長屋では家具などを活用して仮設のひな壇にしたようです。

「内裏造営 押入れを 明けわたし」

なんて川柳があります。押入れの中身を移動させてひな壇にしたんでしょうね。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 江戸時代、競い合うようにひな人形が巨大化。60センチを超える巨大ひな人形が出現する事態に待ったをかけたのは、暴れん坊将軍・徳川吉宗でした。吉宗の出した命令とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL