大晦日といえば借金取り立て!大掃除後に胴上げ!江戸時代の年末風物詩を紹介

  このエントリーをはてなブックマークに追加


煤払いのあとは畳も障子も新品に、そして最後は胴上げ!?


江戸城大奥では煤払いのあと、たくさんの畳師たちによる畳替えが行われました。広い大奥の畳替え、さぞかしたいへんな作業だったことでしょうね。大奥だけでなく武家屋敷でも煤払いのあと畳が新品に敷きかえられました。

煤払いをする武家(『武家煤払の図』喜多川歌麿 画)
『武家煤払の図』喜多川歌麿 画
こちらは大勢で楽しげに煤払いをする武家のみなさま。

拡大すると、

煤払いをする武家 左側(『武家煤払の図』喜多川歌麿 画)

手ぬぐいをかぶった女中たちが畳を持ち上げています。このあと、畳替えを行うのでしょう。鼠を追い払う女性も。画像中央には積み上げられた畳も見えます。「サァサ、みなさん、ちょっと一服しましょうか」とでも言っているのか、積み上げられた畳の前にはお茶セットを持った女性も見えます。

煤払いをする武家 右側(『武家煤払の図』喜多川歌麿 画)

足を滑らせたのか尻餅をつく武士と、それを見てキャッキャと笑う若い女性たちも。忙しいながらも楽しげな煤払いの光景は興味深いですね。


商家の煤払いもたいへんにぎやかで大騒ぎ。

『東都歳事記』より「商家煤払い」
『東都歳事記』より「商家煤払い」

こちらはにぎやかに煤払いをする商家のみなさま。

いつの時代もマジメに掃除する人、大掃除でテンション上がっちゃってふざける人がいるようです。かなり裕福な商家のようで、煤払いのあとに畳替えもするのでしょう、画像左奥には畳を運ぶ男性が見えます。

画像右下にはこの店の主人一家でしょうか、掃除は奉公人にまかせ座敷でのんびりくつろぐ人々も。

食事をとる商家

こちらの一団は早くも食事をとっています。蕎麦らしきものをすすっている人もいますね。

蕎麦は江戸グルメの代表格として江戸っ子たちに愛されましたが、煤払いのあとにも蕎麦を食べるのが定番でした。なんでも、大奥で煤払いのあとに「煤払い蕎麦」を食べるのが行事化しており、それが武家や庶民にも広まり定着したのだとか。人々はご近所さんや知人に「煤見舞い」と称して蕎麦を贈りあったんだとか。

胃腸を整えてくれる蕎麦は“身体を清浄にしてくれる食べ物”とも考えられていたので、煤払いで汚れた身体を蕎麦でなかから清めよう、と考えたのかも。まぁ、蕎麦は手軽だしおいしいし忙しい時にはピッタリというのもあったでしょうね。

さてさて、煤払いの風景で気になるのがこれ。

江戸時代、煤払いが終わると胴上げをする様子

え?なにしてんの?

これってもしや胴上げ!?

そうなんです。江戸時代煤払いが終わると胴上げをするというユニークな風習があったんです。煤払いと胴上げの関係ですがこれがよくわかっておらず、今となってはパリピ的な(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイな感じがただようばかり。

煤払い後に胴上げされる様子(大奥に胴上げされる武士)

先ほどご紹介した大奥での煤払いの光景を描いた絵のなかにも胴上げ集団がいます。

女中たちが武士を(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイ。

胴上げされる武士の「やめろー!」と言う声が聞こえるよう。胴上げの風習は大奥から庶民に広まったといわれています。

煤払い後に胴上げされる様子(女中たちに胴上げされる男性)

こちらも先ほどご紹介した武家屋敷での煤払いの絵から胴上げ集団。女中たちにロックオンされたイケメンが捕まって胴上げされようとしています。

この胴上げ、とにかく誰彼かまわず標的にされる。

ただやはり若いイケメンや若い女中が標的になりやすかったようで、まあ、胴上げにかこつけてセクハラするわけであります。なので、「狙われる!」と察した者は胴上げが始まりそうになると逃げ回ったのだそう。

ここらへん、身もふたもないのですが、200年以上前でも「※ただしイケメンに限る」わけですね。

「十二日 から色男 狙われる」

なんて川柳もあります。前日からロックオンされるなんて相当なイケメンでしょう。

煤払いのあとのイベントとして胴上げのほか、かくし芸をすることもあったそう。由来とかよくわかんないけど大奥でおもしろそうなことやってるからマネしよう精神ーー日本人のイベント好きは今も昔も変わらないようです。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 江戸時代、12月13日は大掃除の日と決まっていました。そして大掃除が終わると胴上げをするという謎の風習が(画像あり)。また、江戸時代の大晦日といえば借金取りVS債務者のバトルなのですが、その理由も紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL