【画像あり】江戸時代にもクリスマス!? 日本初のサンタは侍の格好だった!

  このエントリーをはてなブックマークに追加


日本で初めて登場したサンタクロースは侍スタイルだった!?


今ではクリスマスといえば光り輝くクリスマスツリーが欠かせませんが、クリスマスツリーが日本で初めて飾られたのは幕末、1860年(万延元年)のこと。プロイセンの外交官オレインブルクが用意させたのが日本初のクリスマスツリーなのです。


ツリーに使う樅(もみ)の木がなかったため、似たような木を探すのも一苦労。オーナメントには、オレンジや梨などのフルーツ、砂糖菓子、キャンドルが吊り下げられたそうです。日本初のクリスマスツリー、どんなものだったのか見てみたい。

大正時代の神戸教会でのクリスマス
大正時代の神戸教会でのクリスマス。たくさんのオーナメントで飾られた大きなツリーが見えます画像引用元
もうひとつ、いや、もうひとり、クリスマスに欠かせない人物がいます。

そう、サンタクロース

サンタさんのファッションといえば、赤と白の服と帽子に真っ白な豊かなヒゲですが、日本初のサンタクロースはそんな定番イメージとは全然違いました。

日本初のサンタクロースは、なんと裃(かみしも)を着用し、腰には大小の刀を帯びた侍ルックだったらしい。

裃、大小の刀というと、まあこんな感じなわけですが、



池田長発(現代にも通用する幕末のイケメンランキング)
写真は裃、大小のイメージ。幕末のイケメン特集で紹介した池田長発さん
サンタクロース観、ゆらぐな〜。

この侍サンタさんが登場したのは、1874年(明治7年)のこと。維新後にクリスチャン実業家として活動した原胤昭(たねあき)のクリスマス会でのこと。日本初サンタに扮したのは、元幕臣の牧師・戸田忠厚という人物。元お侍さんなので、サンタさんも侍ルックになったのか…?

次に、この絵もぜひ紹介したい。

『さんたくろう』(国産初のサンタクロースの絵、明治31年)

こちらのサンタクロースっぽいおじいさんは、その名も三太九郎(さんたくろう)

また男塾の民明書房みたいなノリなのですが、これは1898年(明治31年)に発行された、教会に通う子どもたちのために書かれた物語『さんたくろう』の挿絵。

これこそ国産初のサンタクロースの絵といわれています。

お供に連れているのがトナカイではなくロバ。プレゼントが入っているのがカゴというのもおもしろい。

『さんたくろう』のあらすじ

「三太九郎」の正体は井口五郎というおじいさんで、行き倒れていたところをクリスチャンの一家に助けられ自分もクリスチャンとなり、恩返しにクリスマスの夜、その家の子どもたちにプレゼントを贈る、というなんともユニークな物語。

サンタさんって妖精の類だと思っていたのに、まさか普通のおじいさんだったとは・・・夢があるようなないような・・・。

大正時代になると現代とほぼ同じようなサンタさんが子ども雑誌の挿絵にもたくさん描かれるようになり、現代に続くサンタさんの定番イメージが浸透していきました。

『子供之友』に描かれたサンタさん(大正3年)
1914年(大正3年)に刊行された『子供之友』に描かれたサンタさん。大きな白い袋からプレゼントを出し、靴下に入れようとしています。奥の女の子が「あ」と気づいているのがなんとも可愛らしい


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. Pingback: サンタの日本初上陸はいつ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL