宝くじのルーツ、江戸時代の禁止ギャンブル「富くじ」とは【1等いくら?】

  このエントリーをはてなブックマークに追加


気になる1等賞の金額はいくら?


神仏のご加護により、幸運にも当選した人にはいくらもらえたのか気になります。

時代や場所によって金額は異なりましたが、記録にある1等賞の最高金額は千両。1両を8万円と考えると、

約8,000万円

現代の宝くじは1等賞が前後賞合わせて10億円なのを考えると、う~ん……ちょっと微妙な金額……という感じもしなくはないですが、庶民からしたらものすごい夢のある金額です。

当たりの最高金額「一の富(いちのとみ)」とよばれ、だいたい100両から300両くらい(800万円から2,400万円くらい)が相場として多かったそう。

1等賞の「一の富」、2等賞の「二の富」、3等賞の「三の富」……と続き、最下位の末等には金2分(約4万円ほど)前後が当選金としてもらえました。

富くじの抽選会(『浪花福富舞臺図絵』)
熱気あふれる抽選会のようす(『浪花福富舞臺図絵』)
しかし、全額が当選者にもらえるわけではありませんでした。

当選金額のうち、約1割が興行元の寺社へ、約1割が富札を売る札屋へ、約1割が諸経費として差っ引かれ、当選者の手元には当選金額の7割くらいしか入りませんでした。

つまり、千両が当たったとしてももらえるのは約5,600万円。結構、シビアだったようです。


3日1回はどこかで抽選会!?江戸時代後期に富くじブームのピーク到来


さまざまな工夫と高額当選金によりギャンブル性を高め、人々を夢中にさせた「富くじ」は、幕府が興行許可の規制を緩和したことにより、まず、江戸時代中期の明和年間(1764~72年)に第一次ブームを迎えます。

江戸でも多数の寺社が富くじ興行を行うようになりましたが、なかでも“富くじのメッカ”とされたのが、谷中の感応寺(のち天王寺)、目黒不動、湯島天神の3カ所で「江戸の三富」と呼ばれ大勢の人々でにぎわいました。

「江戸の三富」のひとつ、谷中の感応寺の富くじ興行(『東都歳時記』より「谷中天王寺富の図」)
「江戸の三富」のひとつ、谷中の感応寺の富くじ興行。ものすごい数の人々が押し寄せ抽選を見守っています(『東都歳時記』より「谷中天王寺富の図」)
しかし、その後、堅物老中・松平定信がぜいたくを禁じる「寛政の改革」を行うようになると、富くじ興行にも厳しい規制が課せられるように。

許可されたのは、江戸・京・大坂の寺社のみ。しかも、それまで毎月1回は行われていた富くじ興行も年3回のみと大幅に縮小されたのです。

これにより富くじブームは下火になりました。

ただ、時代は下って江戸時代後期の文化文政期(1804~30年)、財政難にあえぐ幕府は再び富くじ興行の規制を大きく緩和します。三都以外にも興行が許可され、富くじは第二次ブームを迎え、人気ぶりは最高潮に達しました。

最盛期には江戸市中だけで30カ所以上の寺社が興行を許可され、年間120回も富くじ興行が行われたとか。単純計算でも3日に1回は江戸のどこかで富くじ興行が行われていたことになりますから、まさに“富くじ狂騒曲”です。

庶民が熱狂した富くじは、落語や小説のネタにもなりました。

江戸時代後期に生まれたベストセラー小説『東海道中膝栗毛』の主人公コンビ、弥次さん&喜多さんも富くじを巡るドタバタを演じています。

『東海道中膝栗毛』(十返舎一九 作)
十返舎一九の代表作『東海道中膝栗毛』の主人公、弥次喜多コンビは時代を超えた人気者
大坂を訪れた弥次さん&喜多さん、ある日、坐摩(ざま)神社の富くじを拾います。淡い期待を抱いて抽選日を待つと、なんと一等賞の100両が大当たり! 「前祝だ~!!」と遊郭で豪遊する2人ですが、じつは組違いで借金だけが残っちゃった……チャンチャン。

これはフィクションですが、実際にもこんな悲喜劇があったのかもしれませんね。

富くじの悲喜こもごもをネタにした落語もたくさんあります。初代三遊亭円朝の創作落語『富久(とみきゅう)』をはじめ、『御慶(ぎょけい)』や『宿屋の富』など、一等賞の千両を当てパニックになる人々のドタバタ落語は、大人気を博しました

しかし、笑ってばかりいられないのが富くじの現実。こんな川柳もありました。

「富札の ひきさいてある 首くくり」
「首くくり 富の札など 持っている」

あぁ、全財産を富くじにつぎ込んじゃったんでしょうか……。願いもむなしく外れくじとなった夢のかけらを持って自ら命を絶つ人々もいたようです。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22
一人鍋が定番! 江戸時代の冬の食事は現代とちょっと違っていた フグは庶民向け
寒い冬にこそおいしくなる温かい冬の食事。おでん、すき焼き、フグ、焼き芋...。今も見るけど、ちょっと違う江戸時代の冬の食事を紹介!
2017-01-15 14:52:57
ミニ氷河期だった江戸時代 庶民はどんな服装で冬の寒さをしのいだのか?
地球全体がミニ氷河期だった江戸時代。現代のような温かいコートやダウン、ヒートテックなどないなかで、人々はどのような服装で冬の寒さをしのいだのでしょうか?
2017-01-14 13:19:19
【食べないおせち料理】江戸時代の正月の常識が現代とだいぶ違う【お年玉はお餅】
現代のお正月といえば、初詣に行って、あけおめメールを送り合って、初売りで福袋をゲットしてといった感じですが、江戸時代の人々はどのようにお正月を過ごしていたのでしょうか?
2016-12-30 17:00:20
これが江戸時代!? ゆるカワすぎる仙厓(せんがい)和尚の作品に思わずニンマリする
「かわいい江戸絵画」が注目を集める昨今、禅僧・仙厓義梵(せんがいぎぼん)の画も唯一無二のユーモラス&抜群のカワイさで展覧会でも大人気。今回はそんな仙厓和尚の作品をたっぷりご紹介します。
2016-12-23 16:10:05

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL