松尾芭蕉の相手は13歳年下のイケメン?江戸時代の有名人たちの恋愛事情をまとめた

  このエントリーをはてなブックマークに追加


運命の出会い、そして突然の死別……ドラマのような恋の相手は男性!?

俳聖・松尾芭蕉

松尾芭蕉の肖像画(葛飾北斎 画)
葛飾北斎による松尾芭蕉。シブイ
松尾芭蕉といえば、言わずと知れた“俳句マスター”であり、「俳聖」としてその名は世界的にも知られています。


などなど、誰もが知る名句は数知れず。


五・七・五のわずか17文字のなかに情景と心情をギュッと凝縮し、類まれな言語センスでそれを表現しました。「わび・さび」を特徴とする芭蕉の句風は「蕉風」と呼ばれ、俳句の世界に革命を起こし大勢の弟子たちにより広まりました。


これは辞世の句といわれるものですが、この句の通り、芭蕉の人生は旅とともにあり、旅のなかインスピレーションを得て多くの名句を残しました。

俳句の道に生きた芭蕉は、内縁の妻こそいましたが生涯独身でした。有名な句や肖像画などを見てもあまり色恋に縁がある感じにも思えませんよね。

『奥の細道行脚の図』
芭蕉というとこんなイメージ(『奥の細道行脚の図』)
ところが、芭蕉が特別かつ強烈な想いを寄せた人物がいました。

その名は坪井杜国(とこく)。

芭蕉より13歳年下の男性です。

当時、男色(今でいう同性愛)はタブー視されていないどころか、命がけの“ストイックな愛の形”として武士を中心に盛んにおこなわれていました。男色についてはまたの機会にくわしくご紹介します。

さて、芭蕉が杜国と運命の出会いを果たしたのは、1684年(貞享元年)の冬のこと。『野ざらし紀行』の旅の途中でした。芭蕉が名古屋で開いた句会に杜国が参加していたのです。

杜国は裕福な米商人で、風雅を好む青年。一説にかなりのイケメンだったとも。俳句のセンスにも恵まれていたようで、芭蕉はすっかり杜国を気に入ってしまい弟子にします。

翌年、江戸へ戻る旅の途中にも芭蕉は杜国と再び会い、別れ際にはこんな句を杜国に贈りました。

「白げしに はねもぐ蝶の 形見哉(かな)」

杜国を白げしの花に、自分を蝶にたとえることで、17文字にこれもでもかと込めた別れの切なさには胸を打たれるものの、40歳の男が27歳の青年にプレゼントする俳句とは思えない

ただ、芭蕉を敬愛する杜国にすると、こんな情熱的な句を贈られたら感激したのではないでしょうか。

その後も芭蕉は旅三昧、俳句三昧の日々を過ごすわけですが、あの切ない別れから3年後、芭蕉と杜国は再会を果たします。

この時、芭蕉は『笈の小文(おいのこぶみ)』の旅にあり、江戸から鳴海を経て伊賀へ向かっていました。が、鳴海から“わざわざ”100㎞(25里)もの長距離を逆戻りして渥美半島の先っちょの保美(ほび)村に足を運びました。

それはなぜか? そう、杜国に会うためです。

ちなみに杜国がなんでこんなところにいたかというと、詐欺商売を行ったという罪で追放刑に処せられ、同地にて蟄居生活を余儀なくされていたからです。

坪井杜国が隠れ住んでいた保美村の家
杜国が隠れ住んでいた保美村の家。描いたのは芭蕉の弟子・越人で、芭蕉が賛を寄せている
愛しい弟子に再会した芭蕉は、胸の内にあふれる喜びを句にします。

「夢よりも 現(うつつ)の鷹ぞ 頼母(たのも)しき」

杜国を想うあまり夢にまで見ていたんですね。

その後、芭蕉は杜国と伊勢で落ち合い、一緒に旅を続けます。旅の出発にあたり、杜国はこんな提案を芭蕉にします。


「旅の間は“万菊丸”と呼んでください!」


仮にも追放刑で蟄居中ですから変名を使ったのかもしれませんが、“万菊丸”っていかにも男色相手のような妖しさがプンプン漂っています。

これに対し芭蕉は

「幼名みたいで非常にいいんじゃない!」

とまんざらでもなかった模様。

しかも、出発の戯れにと笠の内側に2人で句を落書きしたりと、それはもうキャッキャウフフなはしゃぎっぷり。うん、もう、好きにやるといいと思う。

旅の途中でも芭蕉

「寒けれど 二人で寝る夜ぞ 頼母しき」

なんて、熱っぽい句を詠んでいます。“俳聖”のイメージからは想像できない乙女っぷり。

オモシロいのがこの絵。

万菊丸いびきの図(松尾芭蕉)

これは芭蕉が描いた『万菊丸いびきの図』。

万菊丸こと杜国はイケメンながらいびきがかなりうるさかったようで、芭蕉が「あなたのいびきはこんなにうるさいんですよ」とこんなものを描いたそう。

嫌いな男の大いびきなら殺意が沸きそうですが、愛しい男の大いびきだからこんなユーモラスな作品も生み出せます。

仲睦まじく100日もの長旅を楽しんだ2人は、旅のゴールである京で別れます。きっと再会を約束したことでしょうが、芭蕉が杜国に再び会うことはありませんでした。

蜜月旅行から2年後の正月。

芭蕉は杜国から長らく連絡がないことに焦れて「連絡がないけど元気? 病気とかしてない?」という手紙を送ります。虫の知らせ、というやつかもしれません。芭蕉の不安は的中、その年の3月に杜国は世を去りました

杜国亡き後も芭蕉の想いは変わらなかったようで、晩年のひと時を過ごした京嵯峨の落柿舎で杜国の夢を見た芭蕉は、自分の泣き声で目を覚まします。

杜国が世を去ってすでに1年以上が経つのにこの情愛はただならぬものがあります。芭蕉と杜国に男色関係はなかった、ともいわれますが、いやいや尋常の師弟関係ではこれほどの感情は生まれません(確信)。

杜国の死から5年後、芭蕉も世を去りました。

いかがだったでしょうか?誰もが名前を知る有名文化人たちにもこんな一面があったのかと思うと、親しみがわきますね。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22
一人鍋が定番! 江戸時代の冬の食事は現代とちょっと違っていた フグは庶民向け
寒い冬にこそおいしくなる温かい冬の食事。おでん、すき焼き、フグ、焼き芋...。今も見るけど、ちょっと違う江戸時代の冬の食事を紹介!
2017-01-15 14:52:57
ミニ氷河期だった江戸時代 庶民はどんな服装で冬の寒さをしのいだのか?
地球全体がミニ氷河期だった江戸時代。現代のような温かいコートやダウン、ヒートテックなどないなかで、人々はどのような服装で冬の寒さをしのいだのでしょうか?
2017-01-14 13:19:19
【食べないおせち料理】江戸時代の正月の常識が現代とだいぶ違う【お年玉はお餅】
現代のお正月といえば、初詣に行って、あけおめメールを送り合って、初売りで福袋をゲットしてといった感じですが、江戸時代の人々はどのようにお正月を過ごしていたのでしょうか?
2016-12-30 17:00:20
これが江戸時代!? ゆるカワすぎる仙厓(せんがい)和尚の作品に思わずニンマリする
「かわいい江戸絵画」が注目を集める昨今、禅僧・仙厓義梵(せんがいぎぼん)の画も唯一無二のユーモラス&抜群のカワイさで展覧会でも大人気。今回はそんな仙厓和尚の作品をたっぷりご紹介します。
2016-12-23 16:10:05

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上
コメント

コメント

  1. あの江戸俳諧の巨匠が恋をしたのは30歳年下の芸妓だったり、松尾芭蕉が熱烈な句を贈ったのは13歳年下のイケメンだったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL