七夕はそもそも秋のイベント!? 江戸時代の七夕について由来や食べ物、飾りをまとめてみた

現在も定番の七夕イベントは江戸時代にもありました。現代にもつながるところもありますが、今ではあまりやらなくなったこともあります。江戸時代の七夕についてまとめました。

江戸時代の七夕(『子供遊五節供』「七月」歌川国芳 画)
笹に願い事を書いた短冊を飾るのは現代と同じ。大きな笹竹を一生懸命に支える子どもがかわいらしい(『子供遊五節供』「七月」歌川国芳 画)

江戸時代、秋のイベントだった七夕祭


現代、7月7日といえば梅雨の真っ最中。東京の天気データでは、過去10年で晴れた七夕はたった1回。これは織姫と彦星ぜんぜん会えない…。

ですが、江戸時代にはもっと高確率で2人は星空の逢瀬を楽しむことができました。というのも、江戸時代の7月7日(旧暦)は現代の暦(新暦)では8月9日にあたるから(2016年の場合)。つまり明治時代になり改暦が行われたことで、織姫と彦星が逢える確率はグッと減ったわけです。

ちなみに、旧暦における四季の分け方は、1~3月が春、4~6月が夏、7~9月が秋、10~12月が冬、ということで旧暦7月7日は季節としては秋

なので、現代人にとって七夕といえば「夏のお祭」というイメージですが、江戸っ子にとって七夕は「秋のお祭」でした。これは意外!

江戸時代の七夕。笹の葉に短冊を飾り中(鈴木春信 画)
恋人同士でしょうか、男女が仲良く笹の葉に短冊を飾り中(鈴木春信 画)

スポンサーリンク


ルーツは中国、だけど独自に進化した日本の七夕


まずは意外と知らない七夕の起源について。七夕といえば、織姫と彦星のロマンティックな伝説はよく知られています。ストーリーを軽くおさらいすると――

『月百姿』より「銀河月」(月岡芳年 画)
傑作『月百姿』より「銀河月」月岡芳年 画)

織姫と彦星の伝説 あらすじ

むかしむかし、機織りの名人である織姫と働き者の彦星という牛飼いが天の川を挟んで住んでいました。やがて2人は結婚しラブラブ新婚生活を送っていましたが、イチャイチャしてばかりですっかり怠け者に…。

これに怒ったのが織姫の父である天帝。「そんなに怠けてばっかりなら、もう別居!」と、天帝は天の川を挟んで2人を離れ離れにしました。強制別居措置に織姫と彦星は涙に暮れます。

さすがに不憫になった天帝は「マジメに働くなら、1年に1回だけ会わせてあげてもいいんだからね」ということで、七夕の夜だけ逢瀬を楽しむことを許したのでした。チャンチャン。

織姫と彦星は恋人同士ではなく夫婦なんですね。

さて、子どもの頃から親しんだこの織姫と彦星の伝説、もとは中国から渡来したものでした。ちなみに、中国では織姫を織女(しゅくじょ)星、彦星を牽牛(けんぎゅう)星と呼び、織姫は琴座のベガ、彦星はわし座のアルタイルにあたります。

で、大昔の中国では、この織女・牽牛伝説をもとに7月7日に女性たちが裁縫や芸事の上達を願う「乞巧奠(きっこうでん/きこうでん)という行事が行われるようになったとか。機織り名人である織姫にあやかろうというわけです。

さて、奈良時代、遣唐使によって中国から織女・牽牛伝説と「乞巧奠」が日本にやってきました。これが日本にもともとあったお盆を迎える前の禊(みそぎ)の行事「機織津女(たなばたつめ)信仰」(詳細は割愛)と合体して、現代につながる七夕祭へとなっていきました。「七夕」と書いて「たなばた」と読むのはここに由来するという説もあります(諸説ありますが)。もともとは「しちせき」と読んでいたそうな。

日本でも乞巧奠が七夕の宮中行事として行われ、7月6日の夜に祭壇を設置して桃やナス、アワビ、金銀の針や五色の糸、琴などをお供えし、裁縫や芸事の上達を願いました。貴族たちは星を眺めながら、香を焚き、楽を奏で、詩歌を詠んで織姫と彦星の再会を祈ったそうです。ロマンティックですね~。

『源氏物語』における七夕のようす(京都 風俗博物館にて再現)
京都にある風俗博物館で再現された『源氏物語』の七夕のようす。画像引用元
また、七夕の夜に詩歌を書くのは紙ではなく、古くから神聖な木とされた梶(かじ)という木の葉でした。

七夕の夜に詩歌を書くのは神聖な木とされた梶という木の葉
画像引用元
墨をする水には「天の川のしずく」と考えられていたサトイモの葉にたまった夜露を使ったというからますますロマンティックです。詩歌のほかに願い事を梶の葉に書き、星空に供えました。

七夕が庶民に広まったのは江戸時代になってから


時代が下り、江戸時代。七夕は、幕府の決めた重要な季節のお祝い日「五節句」のひとつとなり、盛大に祝われるようになります。

『七夕祭』(奥村政信 画)
『七夕祭』(奥村政信 画)
この絵は江戸時代前期の絵師・奥村政信による七夕祭の絵。

上部には織姫・彦星伝説が描かれており、その下には五色の糸がかけられた2本の笹竹、たくさんのお供え物があり、女性が琴を爪弾いています。笹に小袖が掛けられていますが、これも機織りや裁縫の上達を願って。

大奥での七夕のようす(『千代田之大奥』「七夕」/楊洲周延 画)
『千代田之大奥』「七夕」(楊洲周延 画)
こちらは大奥での七夕のようすを描いたものです。庭に祭壇が置かれ、その上には短冊が見えます。上の絵と同じように、短冊が飾られた笹竹と笹竹をつなぐように五色の糸が結ばれています(画像左上)。また、糸の真ん中には梶の葉らしきものも。中央の女中はお供えものを持ってきたところのようです。大奥の七夕はさぞかし華やかだったことでしょうね。

江戸時代も初期は七夕も宮中や大名たちの行事でしたが、庶民の学校である「寺子屋」の増加とともに庶民も手習い(読み・書き・そろばん)をするようになると、庶民にも七夕が広まり、星に願いをかけるようになりました。

スポンサーリンク


笹に短冊を飾るのは日本だけ!


七夕といえば笹の葉に願い事を書いた短冊を飾りますが、このスタイルができたのは江戸時代のことです。ちなみに、七夕の行事は日本や中国だけでなく台湾、ベトナム、韓国などアジア諸国で広く行われているのですが、笹の葉に短冊を飾るのは日本だけなんだとか。

『文月の七夕』(歌川国芳 画)
『文月の七夕』(歌川国芳 画)
こちらの絵では、親子と思われる女性と子どもが物干し台に上がって笹竹を立てようとしています。ずいぶん風の強い日のようです。

江戸時代にはこのように物干し台に短冊を飾った笹竹を立てたそう。今だとベランダに飾るようなものでしょうか。ほかに、庭や軒先に立てることもありました。

七夕祭が庶民に広がると、江戸の町では空を覆わんばかりに笹の葉が揺れていたようです。こんな感じ。

『名所江戸百景』「市中繁栄七夕祭」(歌川広重 画)
『名所江戸百景』「市中繁栄七夕祭」(歌川広重 画)
壮観です。

北斎も七夕の江戸の空を描いています。

『富嶽百景』「七夕の不二」(葛飾北斎 画)
『富嶽百景』「七夕の不二」(葛飾北斎 画)
飾りや短冊のついた笹の葉が風になびいています。向こうには富士山も見え、なんともいえない平和な空気が流れています。

ちなみに、笹竹を物干し台や庭に立てるのは7月6日の夕方と決まっていたそうで、その前に、短冊に願い事を書いたり、飾り付けをしたりと下準備をしておきました。七夕が近くなると江戸の町には笹竹売りが登場し、笹竹を売り歩きました。

ところで、「そもそもなぜ笹?」かといいますと、一説に「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」という無病息災を祈る神事の際に設置される茅の輪(ちのわ)の両脇に立てられた笹竹にちなんでいる、とも、笹が古来、生命力あふれる神聖なものとして、神の宿る依代(よりしろ)と考えられていたからともいわれています。

奈良県の大神神社での夏越の大祓
奈良県の大神神社での夏越の大祓。茅の輪の両脇に笹竹が立っているのが見えます。画像引用元

五色の短冊に願い事を書くのも日本だけ!


お次は笹竹を彩る「飾り」のお話。
前述しましたように、七夕のルーツのある中国や、日本でも宮中行事として行われる際などには五色の糸をお供えし裁縫の上達を祈願しました。

七夕祭(『年中行事絵』より/川原慶賀 画)
こちらは長崎の年間行事を描いた川原慶賀の『年中行事絵』より七夕祭のようす。縁側に設置された祭壇にはお供え物や琴、五色の糸をかけた笹竹が飾られています
七夕が庶民に広まっていくなかで、「五色の糸」はより手軽な「五色の短冊」へと変化していきました。なお「五色」とはそのまま「5つの色」のことで、青(または緑)、赤、黄、白、黒(のち紫)の5色。これは古代中国の五行説にちなんだものですが、ややここしいので割愛します。

短冊を笹に飾り付ける江戸時代の子供たち(『雅遊五節句之内七夕』歌川国芳 画)
子どもたちがカラフルな短冊に願い事を書いて、せっせと笹に飾り付けています(『雅遊五節句之内七夕』歌川国芳 画)
願い事を短冊に書くのが始まったのも江戸時代ですが、これもかつて梶の葉に詩歌や願い事を書いていたことの変化形です。

短冊に願い事を書く江戸時代の女の子(『風流子宝十二月』「文月」菊川英山 画)
女の子が願い事を書いている短冊の下には梶の葉が見えます。古くからの風習の名残がこんなところに(『風流子宝十二月』「文月」菊川英山 画)
もともと織姫にあやかって機織や裁縫の上達を願うのが本流でしたが、時代とともに願い事も多様化し、諸芸の上達を願ったほか、織姫・彦星伝説にちなんで出会いを願ったりするようになったそう。今だと「おもちゃがほしい」とかなんでもありですが・・・・・・。

また、書道の上達を願って七夕の日に硯を洗う、という風習もあったそうです。

『子宝五節遊』「七夕」(鳥居清長 画
画像手前、子どもが硯をきれいにしています。道具を大切にすることは上達の第一歩(『子宝五節遊』「七夕」鳥居清長 画)

ちゃんと意味があった! 見た目も楽しい七夕の飾り


笹竹に吊るす飾りは短冊だけではありません。ひょうたんやスイカ、大福帳、吹き流し・・・・・・バラエティ豊かな飾り物を子どもも大人も楽しく笹に吊るしました。飾りは家でつくることもありましたが、既成品を売り歩く物売りから買うことも多かったそうです。

七夕の飾り付けをする江戸時代の人々(『当世葉唄合』「七夕の図」三代歌川豊国 画)
大人も子どもも楽しく飾り付け(『当世葉唄合』「七夕の図」三代歌川豊国 画)
見て楽しい、飾って楽しい飾り物にはそれぞれちゃんと意味がありました。たとえば・・・・・・

吹き流し
織姫の織り糸を表したもの。魔除けの意味も
網(あみ)飾り
魚を捕る網を表したもので、大漁を祈願
紙衣(神衣)
「かみこ」と読む。裁縫上達と、着るものに困らないようにという願いを込めて
そろばん、大福帳
商売繁盛を祈願
筆、硯(すずり)
習字の上達を祈願
ひょうたん
無病息災を祈願
スイカ
豊作を祈願(とも)

また、今でも縁起物の代表格である”おめでたい”鯛も七夕飾りとしてポピュラーだったようです。ほかに、ホオズキもポピュラーな七夕飾りでしたが、これは江戸時代の七夕がお盆と密接な関係にあったことに関わりがあるのではないかと推測。

ちなみに、お盆の精霊棚にホオズキを飾る理由は、漢字で「鬼灯」と書くことでもわかるように祖先の霊を導く提灯に見立てているからなんだとか。

七夕のホオズキ飾りをつくる江戸時代の女の子(『十二ヶ月之内』「七月七夕」渓斎英泉 画)
女の子が夢中になってホオズキ飾りをつくっています(『十二ヶ月之内』「七月七夕」渓斎英泉 画)
江戸時代から今も変わらず受け継がれている飾り物もたくさんあります。今まで何気なく飾っていた飾り物にもちゃんと意味があったんですね。

七夕に欠かせない食べ物って?


七夕に欠かせない食べ物ってなんだと思いますか? 今でも七夕の時期になるとレシピサイトなどでよく検索されるアレです。それはなにかといいますと・・・・・・



七夕といえばそうめん

そうめんです。

ちなみに、現在、7月7日は「そうめんの日」なのだそう(by全国乾麺協同組合連合会)。

江戸時代、七夕には将軍様も京のお公家さんも庶民もみんなそうめんに舌鼓を打ちました。また、そうめんは七夕の贈答品としてもポピュラーで、商家は得意先にそうめんを届けたりしました。

川柳にも「色紙の ついでにそうめん 買いにやり(七夕飾り用の色紙を買うついでにそうめんのおつかい)」という句があるほど、「七夕にそうめん」は人々にとって当たり前だったようです。

ではなぜ、そうめんなのか?というと、『日本歳時記』(1688年)という書物には「七夕にそうめんを食べるのは、七夕に索餅(さくべい)を食べるとおこり(熱病)にかからない、という中国の伝説に由来する」とあります。

日本でも平安時代には七夕に索餅を梶の葉に乗せてお供えしたとか。この「索餅」こそが、そうめんの原型といわれているものです。が、じつはその索餅、小麦粉と米粉を水で練って縄状にした食べ物と考えられていますが、麺だったとも菓子だったともいわれて、どんな食べ物なのか今もって謎なんだとか。

そうめんのほかには、スイカや瓜などの旬の果物や野菜も七夕の食卓に欠かせないものでした。

七夕の準備に大忙しの江戸時代の女性たち(『文月西陣の星祭』三代歌川豊国 画)
女性たちが七夕の準備に大忙し。画像右の女性は手に持ったホオズキを赤ちゃんに狙われています。中央の女性は短冊を飾り付け、画像左奥にはスイカを盛った大皿を運ぶ女性が見えます(『文月西陣の星祭』三代歌川豊国 画)

七夕が終わったらすべてを水に流す


江戸の空を覆うようにたなびいていた笹竹ですが、七夕当日の7月7日中、もしくは翌日にはきれいさっぱり片付けられました。今だと七夕を祝うのは7日の夜、というイメージが強いですが、昔はむしろ7月7日の夜には終了していたようです。

お供え物も笹竹も川や海に流し、穢(けがれ)を払い清めたのだとか。このあたりもお盆の風習と深く関わりがあります。なお、「今年は古式にのっとってみようかな」ということでご家庭の笹や飾りをざざっと川や海に流すのは、ごみ処理の問題もあるので止めておいたほうが無難。このあたり、みんな困ってるようで、たびたびQ&Aサイトでも質問が出ているようですね。

大イベントとなった現代の七夕祭


現在、日本全国には七夕をお祝いする七夕祭が全国各地で行われていますが、もっとも有名なのは、毎年8月6~8日に開催される仙台七夕まつりでしょう。

仙台七夕まつり
仙台七夕まつり。画像引用元
仙台で七夕行事が盛んになったのは、ある有名な戦国大名が関係しているといわれています。

それは、


七夕を奨励したといわれる伊達政宗
独眼竜・伊達政宗

仙台藩の開祖だった伊達政宗が七夕を奨励し、七夕の和歌も8首残しています。

江戸時代中期以降には江戸と同じく仙台でも七夕を庶民も楽しむようになり、7月6日の夕方になると軒先に短冊などを飾った笹竹を立て星に願いをかけ、翌7日の朝に笹竹を川に流したそう。江戸と同じです。

今日のような大々的なイベントとなったのは1927年(昭和2年)のことで、商店街の有志が「不景気を吹き飛ばそう!」と町内の振興策として始めたのがはじまりなのだとか。

ちなみに、「仙台七夕まつり」とともに”日本三大七夕まつり”と呼ばれているのは、神奈川県平塚市の「湘南ひらつか七夕まつり」と愛知県安城市の「安城七夕まつり」ですが(諸説あり)、どちらもスタートしたのは1950年代と戦後のことです。

ほかにも、北海道で七夕の日に行われる「ローソクもらい」という子どもの行事もユニークな七夕まつりとして有名です。

いかがだったでしょうか? 子どもの頃から何気なくやっていた七夕のイベント、じつは結構奥が深かったんですね。今年の七夕は晴れますように。

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

“七夕はそもそも秋のイベント!? 江戸時代の七夕について由来や食べ物、飾りをまとめてみた” への 1 件のフィードバック

  1. rekishi_g says: 2016年7月5日

    七夕に願い事を短冊に書くのは江戸時代から。その由来とは?

コメントは受け付けていません。