江戸時代の火消しは破壊が仕事!? 現代の消防士と違いすぎるその実態とは?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

「め組」で有名な江戸時代の火消し。その火消し方法や使った道具、衣装などはどれも興味ぶかいものばかり。火事が多かった江戸時代における消化の歴史を振り返ります。

3年に1度は大火災!?火事が多かった江戸の町


俗に「火事と喧嘩は江戸の華」といわれるように、江戸の町はしょっちゅう火事が起きていました。

『安愚楽鍋(あぐらなべ)』(仮名垣魯文 著)
(『目黒行人阪火事絵巻』部分)
江戸三大大火事」のひとつ、1772年(明和9)に発生した「明和の大火(目黒行人坂大火とも)」のようす。死亡者数は1万4000人を超えたといわれます。

18世紀初頭には人口が100万人を超えた大都市・江戸。木造家屋がぎゅうぎゅうにひしめきあう江戸にあって、火事は頻繁に起こっていました。


江戸を火事から守れ!徐々に強化される消防組織


江戸を火事から守れ!

この難題に立ち向かう消防組織の第一号は1629年(寛永6)に誕生します。名を「奉書火消(ほうしょひけし)」。

幕府が大名十数家に火の番を命じたものなのですが、火災の時に臨時召集されるだけ、日頃から消防訓練をしていたわけではない、役割分担も不明確でした。第一号組織はうまく機能しなかったそうです…。

組織化でまごついている間に、1641年(寛永18)、「桶町火事」と呼ばれる大火が発生。当時の将軍みずからが陣頭に立って消防活動の指揮をとったといわれています。

将軍の名は、

徳川家光の肖像画

徳川家光。第3代将軍です。

家光の奮闘むなしく、桶町火事では大きな被害が出てしまいました。消防組織改革の必要性を痛感した家光は新たな組織を作ります。名を「大名火消」。

家光が大名16家を指名し、4組に編成を整え消防隊としました。消防活動の対象は主に江戸城や武家地で、火事が起きると火元に近い大名が自ら火消したちを率いて出動する、というようにルールも明確化。


しかし、これでもうまくいかない。


大名とは権威と名声をなにより重んじるので、火事の現場に向かうのに華美な装束で行進したり、偉い幕府の役人がくると火事そっちのけで挨拶に行ったりなどしてしまいます。

なかには、一体なにと張り合っているのか、火消しの最中にもかかわらず装束の着替えを行う大名が現れたりして、「大名火消」も消防組織としてはうまく機能しませんでした。


ちなみに、大名の火消しとして有名なものに加賀藩前田家お抱えの火消し部隊、通称「加賀鳶(とび)」がいますが、こちらは前述の「大名火消」とはまた別で、あくまで加賀藩の自衛のための私設消防団。

『盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめかがとび)』「鳶ノ己之助 坂東家橘 鳶ノ石松 中村伝五郎」(三代歌川国貞)
(『盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめかがとび)』「鳶ノ己之助 坂東家橘 鳶ノ石松 中村伝五郎」三代歌川国貞)
“加賀百万石”のプライドにかけ、加賀鳶に選ばれたのはイケメンばかり。しかも、彼らは「雲にカミナリ」というかっこいいロゴ入り装束で目立ちまくっていたので、浮世絵などにもよく描かれ人気者になりました。

消防組織としてパッとしなかった大名火消と異なり、加賀鳶は見た目の華やかさに加え、働きぶりをすばらしかったそう。ただ、威勢がよすぎるあまりしょっちゅう喧嘩騒ぎを起こしていました。

話を江戸の火事にもどします。

またもや大規模な火災が江戸を襲います。“日本史上最悪の大火”といわれた1657年(明暦3)の「明暦の大火」です。この火事での死者は推定6万人、江戸の町も焼け野原と化しました。

『江戸火事図巻』部分
(『江戸火事図巻』部分)
じつは明暦の大火の7年前、幕府は新たな消化組織「定火消(じょうびけし)」をつくって、いつか来る大火事に備えていました。定火消は旗本2家を選抜、江戸城周辺の消防活動を専門とします。

大火後、幕府はさらに2家を増やし、旗本4家による強化版「定火消」を組織しました。その後、さらに強化して旗本10家からなる超強化版「定火消」(十人火消とも)を編成するなど、どんどんパワーアップしていきます。

また、これまでの反省から、「定火消」にはいくつかの改善がなされています。

たとえば、任命された旗本は江戸城周辺に家族とともに住める火消屋敷を与えられます。屋敷には火事を監視するための火の見櫓(ひのみやぐら)が設置され、火災を知らせる半鐘(はんしょう)や太鼓も備えられていました。そのため、火消屋敷は現在の消防署の原型といわれています。

『江戸火事図巻』部分
(『江戸乃華』部分 歌川広重 画)
右奥に描かれているのが火消屋敷。塔のような火の見櫓も見えます。火事が起きたのでしょう。定火消がまさに出動するところです。

また、火消屋敷には消火のプロも同居しており、いざ火事となればすぐさま出動しました。

消火のプロの名は「臥煙(がえん)」。100人からなる火消人足です。

『江戸火消絵巻』部分
(『江戸火消絵巻』部分)
これは臥煙の日常を描いたもの。

右上に寝ている臥煙たちがいます。枕にしているのはなんと1本の丸太。いざ火事となると、寝ずの当番が丸太を思いっきり叩き、文字通り臥煙たちを叩き起こしました

また、臥煙の基本衣装は年がら年中、法被(はっぴ)1枚に褌(ふんどし)一丁。これで燃え盛る炎に立ち向かうんですから、なんとも勇ましい。

当然といいますか、臥煙には荒くれ者が多く、火事の時には頼りになるが、平時には悪さをするヤツも結構いて人々に迷惑がられることも少なくなかったとか。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
幕末関連の記事いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014/04/26 19:58:00
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
幕末関連の記事いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014/02/24 2:46:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 「江戸時代は火事になると、火元の家屋は置いておいて、風下側の家屋を中心にとにかく猛スピードで周辺家屋を壊しまくり延焼を防ぎました」

  2. Pingback: 【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド

  3. Pingback: 【月岡芳年】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい – あーと発見.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

トラックバックURL