潤滑剤は陰間の必須アイテム


肛門性交において必須アイテムだったのが潤滑剤。今でいうローションです。ツバを使うこともあったそうですが、いかんせん「ぬめり感」が足りないし、すぐに乾いてしまうので潤滑剤が活躍しました。

潤滑剤も歴史が古く、鎌倉時代の僧侶たちは稚児との性交の際、丁字(ちょうじ/クローブのこと)の実から採った「丁字油」を潤滑剤として使っていたそう。

先ほどちょっと登場しました「いちぶのり」も陰間の必携アイテムで、材料は卵白と葛粉とふのり(海藻)。これらを混ぜ合わせたものを和紙に何度も塗り、さらに数日天日干しにして一口大にカットしました。これを印籠などに入れて陰間や男色趣味の人々は持ち歩いたのです。

使うときは口に「いちぶのり」を含み、唾液でトロトロにしてから肛門および男根に塗りつけました。味はほんのり甘いらしい。

喜多川歌麿の春画(肛門性交に及ぼうとしている)
人気浮世絵師・喜多川歌麿の春画より。肛門性交に及ぼうとする右の男性、口から潤滑剤を出しているところか
潤滑剤のなかでも江戸時代に有名だったのが「通和散(つうわさん)」というもの。別名「ねりぎ」とも呼ばれました。原料はトロロアオイという植物の根で、粉末にして使いました。

販売形態としては、粉末タイプのほか「いちぶのり」と同じく和紙に塗り重ね乾燥させたあと一口大にカットしたタイプも販売されていました。使いかたは「いちぶのり」と同じく、口に含んでトロトロにしたあと肛門および男根に塗りつけます。

潤滑剤は肛門や性器といったデリケートゾーンに使用するものなので、材料には安心・安全な植物性由来のものが使われることが多かったようです。

こうした潤滑剤は、江戸なら両国に店を構えていたアダルトショップ「四つ目屋」などで売られていました。

江戸の有名アダルトショップ「四つ目屋」のチラシ
江戸の超有名アダルトショップ「四つ目屋」のチラシ。潤滑剤のほか、媚薬や大人のオモチャなども扱っていた。
また、自分で潤滑剤をつくる人もいたそうです。


すべては客の理想のためーー陰間のスタイル


江戸時代に限らず日本の男色は「美少年」がその対象になることがほとんどでした。男になりきっていない、けれど女性でもない「美少年」に人々は魅了されたのです。

ある種、特別な存在だった「美少年」に対する人々の幻想を損なわぬため、陰間もいろいろと気を遣いました。

まず、ファッション。

髪は「島田髷(しまだまげ)」という未婚女性の定番ヘアスタイルに結いました(時代によって異なる)。着物は振袖を身にまとい、外出の際には羽織を羽織るのが基本スタイル。

外出する陰間(かげま)(『江戸男色細見菊の園』より)
外出する陰間。やっぱりどう見ても少女(『江戸男色細見菊の園』より)
さらに、顔を隠すために編笠をかぶったのですが、ヘアスタイルが崩れないように手で笠を支えながら歩きました。その姿は色っぽかったことでしょうね。

編笠を両手で支えながら歩く陰間(『風俗七遊談』より)
編笠を両手で支えながら歩く陰間。この仕草がまた独特の色気を醸した(『風俗七遊談』より)

「編笠茶屋」というレンタル編笠屋(『三十六佳撰』「編笠茶屋」水野年方 画)
これは陰間ではないですが、右に描かれているのが編笠です。ちなみに描かれているのは「編笠茶屋」というレンタル編笠屋さん。遊郭へ行く客が顔を隠すために利用したそう(『三十六佳撰』「編笠茶屋」水野年方 画)
次に身だしなみ。

陰間は客に性的サービスをするのが仕事ですから、気をつかうこともたくさんありました。ざっと列挙するとーー

  • 口吸い(キス)をすることもあるので、こまめに歯磨きをし口中は常に清潔にする
  • 体臭がしないよう、脇の下は特に念入りに洗う
  • 人目があるときにトイレへ行かない 

などなど。

食べ物に関する制限もいろいろとありました。

まず、肛門性交する際にオナラが出ると困るので、イモ類は絶対ダメ。客の前で食べる際に音が出るような納豆汁、とろろ、そばなどもダメ

焼き魚も食べたあとのツバが性器にしみるとされ、NGメニューでした。あと、理由はよくわからないのですがサザエのつぼ焼きもダメだったみたいです。

江戸時代の蕎麦屋の屋台(『鬼あざみ清吉』歌川豊国)
江戸グルメの代表格そばも陰間にとってはタブーメニュー(『鬼あざみ清吉』歌川豊国 画)
客の夢を壊さないよう、陰間たちは人知れぬ努力をしていたのです。

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事