陰間を買いに来たのは誰か?


さて、陰間を買いに来る客というのはどのような人が多かったのでしょうか。

前述したように男色といえば僧侶。陰間茶屋の多くあった場所からもわかるように、一番のメイン客は僧侶でした。江戸時代後期に書かれた風俗百科事典『守貞謾稿』にも「男色の客は僧侶を専(もっぱ)らとす」というようなことが書かれています。

また、「よし町は 化けずに通ふ 所也(ところなり)」と川柳にも詠われるように、男色がタブーではなかった僧侶にとって陰間茶屋は堂々と性欲処理に出かけられる貴重な場所でした。ちなみに吉原へ通うときは医者などに変装して行きました。

その他、「男色は趣味人のたしなみ」と考えていた文化人なども陰間茶屋へ行きました。ほとんどは女色との両道でしたが、なかには平賀源内のように生粋の男色家もいたでしょう。

陰間を買ったのは男性だけではありません。女性も陰間茶屋の重要なお客でした。

たとえば、大奥の女中たち。普段、男性との接触がない彼女たちは、代参や芝居見物などで外出の機会があると「今がチャンス!」とばかりに陰間茶屋へ行ったりしたらしい。後腐れもなく、テクニックもある美少年が相手とあればまさに大奥女中たちのお相手にうってつけ。

大奥女中の外出イメージ(『千代田の大奥』「御遊山」楊洲周延 画)
大奥女中の外出イメージ(『千代田の大奥』「御遊山」楊洲周延 画)
またたとえば、未亡人となった後家。大奥女中たちと同じく彼女らも持て余した性欲を発散させるため陰間茶屋へ通いました。彼女らの性への貪欲さは壮絶だったようで、何度も求められヘロヘロになる陰間を詠んだ川柳などもたくさんあります。

陰間2人と3Pをする後家(『会本色好乃人式』より)
陰間とのひと時を楽しむ後家(中央)。後家に組み敷かれているのが陰間で、後家に背後から挿入しようとしているのも陰間。つまり3Pの真っ最中(『会本色好乃人式』より)

痔は陰間の持病!? 陰間遊びの悲しき現実


男性も女性も相手にした陰間。その本音が『諸遊芥子鹿子(しょゆうけしがのこ)』という春本に描かれています。超訳するとこんな感じ。

女性は性交で快感を得るけど、陰間の場合、肛門性交では快感は得ることはできない。客が「お前も気持ちイイかい?」なんて聞いてくるけど、そんなことあるか! リップサービスで「うん、気持ちイイよ」といえば大喜びするのもバカみたい。なにが一番イヤって、お客が射精したあとに萎えた男根を肛門から抜かれるあの瞬間ほどイヤな時はないーー

うーん、大変そう……。

また、本来は出口である肛門を使用しての肛門性交はいくらトレーニングを積んだプロの陰間とはいえ負担が大きかったようで、痔に悩まされる陰間がたくさんいたそうです。

陰間が僧侶と後家の両方の相手をしている(画像中央、『枕童児抜差万遍玉茎』より)
画像中央、陰間が僧侶と後家の両方の相手をしている(『枕童児抜差万遍玉茎』より)
こんな逸話も残っています。

江戸時代後期の狂歌師・宿屋飯盛(やどやめしもり)が版元の蔦屋重三郎に誘われ陰間を買いに行ったときのこと。いざベッドインしようとしたら陰間の少年が痔の痛みに耐えかね呻きだし、結局、性行為に及ばずじまいになった。そこで宿屋飯盛が一句。

「さしあたり なんとはせん湯のはひり口 釜破損に付 今日休み」

江戸時代の銭湯では臨時休業の際に「釜破損につき今日休み」という張り紙を出したそうで、それにひっかけたシャレです。念のため説明すると「釜破損=肛門がケガしてる」ということです。

痔を患う陰間たちの癒しスポットが温泉でした。

特に「箱根七湯」と呼ばれた名湯のうち「底倉温泉」は痔の治療に最適だと有名で、陰間たちが湯治に訪れたそうです。

底倉温泉(『箱根七湯図絵』「底倉」歌川広重 画)
山深い静かな渓谷にある底倉温泉(『箱根七湯図絵』「底倉」歌川広重 画)
さて、肛門性交の現実的な面についての話も避けて通れません。

言うまでもないことですが、肛門は本来は排泄器官。なので、陰間に挿入した際に体内にあった糞便が客の男根に付着したり、脱糞してしまうということも少なからずあったそう。万一、男根に糞便が付着した場合は「慌てず紙で拭き取ったあと、焼酎で洗浄するように」という通説があったようです。

また、オナラが出ることもままあったようで、艶笑小咄『さしまくら』の「急用」という話にそんな状況が描かれています。

若衆との交合の真っ最中、若衆が「ちょっと抜いて」と言い出す。攻め手は「もうイキそうだから無理」というと、若衆が「オナラが出そうなの! ガマンできない!」と訴える。しかし、攻め手は「もうイクからガマンしてくれ」と腰を振り続けていると、攻め手の口から「フゥイ」とゲップが出たとさ。

ちょっと解説すると、ガマンし続けた若衆のオナラが男根を通って攻め手の口からゲップとなって出た、というオチになっているわけです。

おならによる壮絶な戦い(『屁合戦絵巻』より)
男色とは無関係ですが、江戸時代の傑作オナラ絵巻『屁合戦絵巻』よりオナラバトルシーン。こんな勢いのオナラだったら性行為どころじゃないでしょうね。
とまぁ、このように男色文化がにぎやかだった江戸時代ですが、江戸時代後期にはそのブームも沈静化し、幕末そして明治の新しい時代の頃にはすっかり陰間も姿を消してしまったのです。

あわせてどうぞ→
松尾芭蕉の相手は13歳年下のイケメン?江戸時代の有名人たちの恋愛事情をまとめた
アイデア豊富!有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
【展覧会で話題】あの浮世絵師たちが描いた春画は、性と笑いの傑作だった【10選】
春画とはなに?有名浮世絵師も手がけた春画を分かりやすく解説

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事