浮世絵だけじゃない!江戸時代の傑作絵画が想像以上で驚がくする|厳選42枚

江戸時代は、浮世絵以外にもバラエティ豊かな絵画芸術が花開きました。数百年たった今でも衝撃的。斬新で美麗の傑作絵画42枚をまとめました。もちろん傑作浮世絵も紹介します。

古今無双のクールな鶏

『動植綵絵(どうしょくさいえ)』より「南天雄鶏図」(伊藤若冲 画)
『動植綵絵(どうしょくさいえ)』より「南天雄鶏図」 1765年
真っ赤な南天の木をバックに、真っ黒な軍鶏が雄雄しくポーズを決めています。黒と赤の配色がとにかくカッコイイ。見ていると気合が入ります。軍鶏の羽の繊細さも見所。

スポンサーリンク


作者は、江戸時代中期に京で活躍し、昨今「奇想の天才絵師」として大人気の絵師伊藤若冲(じゃくちゅう)です。では、まずは多彩で幻想的な若冲ワールドからご紹介。

神々しき白

『動植綵絵(どうしょくさいえ)』より「老松白鳳図(ろうしょうはくほうず)」(伊藤若冲 画)
『動植綵絵(どうしょくさいえ)』より「老松白鳳図(ろうしょうはくほうず)」 1765~66年頃
さきほどの鶏と同じく若冲の代表的シリーズ『動植綵絵』のなかの1枚。伝説の霊鳥・鳳凰が旭日に向かい羽を広げています。どうですか、この白の神々しさと繊細さ。それに尾端はまるでハート。神聖な印象と同時に妙なエロティックさも感じさせます。

『動植綵絵(どうしょくさいえ)』より「老松白鳳図(ろうしょうはくほうず)」(伊藤若冲 画)における鳳凰の眼差し
秀逸なのは鳳凰のこの眼差し!

ひょうきんな虎(足ぺろぺろ)

虎図(伊藤若冲 画)
『虎図』 18世紀後半
ぜんぜん猛々しくない虎。むしろカワイイ。肉球もむっちむちです。ちなみに、本物の虎は見れないので李龍眠作といわれる「虎図」を模写したそう。若冲さん、どうしても虎が描きたかったみたいです。

虎図(伊藤若冲 画)における虎の顔
よく見ると毛の1本1本が墨で描かれています。舌のザラザラも。

コロコロのモフモフ

百犬図(伊藤若冲 画)
『百犬図』 1800年
画面いっぱいに描かれているのはコロコロでモフモフの子犬たち。わんわんパラダイス。タイトルは『百犬図』ですが実際は59匹。

百犬図(伊藤若冲 画)のピックアップ
表情豊かな子犬たち。最晩年の作品ですが、いささかも筆の衰えを感じさせません。むしろ冴えて澄んでいます。

シンプル&大迫力

象図(伊藤若冲 画)
『象図』 18世紀後半
みっちみちに象が詰め込まれています。いや、狭いところから出ようとしているのか? シンプルな線だけでこんな大迫力の象を描く若冲、やはり奇才です。

オシャレなしゃれこうべ

髑髏図(伊藤若冲 画)
『髑髏図』 18世紀後半
このままTシャツにできそうなデザインです。不気味な髑髏がなんだかユーモラスなのは若冲ならでは。

見ているだけで幸せ気分

伏見人形図(伊藤若冲 画)
『伏見人形図』 1800年
若冲、最晩年の作。描かれているのは布袋さまの伏見人形。コロコロという足音が聞えてきそうです。

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事