【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か

  このエントリーをはてなブックマークに追加


これがわかればアナタも江戸人!? 駄洒落で笑いを誘う「なぞなぞ系」看板


さぁ、お待たせしました。駄洒落好きな江戸っ子たちを喜ばせた「なぞなぞ系」看板です。江戸時代風にいえば「判じ物」の看板です。なんとなく想像がつくもの、解説されれば納得のもの、ぜんぜん意味不明なもの、などなど盛りだくさんです。

まずは看板クイズ、初級編。

江戸時代の下駄屋の看板
画像引用元:文字ワールド and 絵本・イラスト and いまさら写植。なおさら写真植字。
これ、なんでしょう?

おかめの顔の看板なんですが、よく見ると……下駄なんです。そう、これは下駄屋さんの看板。下駄とおかめがどう関係あるのかはわかりません(笑)


次の問題もよく見ればわかる。かな?

江戸時代の糊屋の看板
『守貞謾稿』より
ヒントは文字がデザインされています。

わかりますか?

答えは……糊屋さんの看板です。「のり」の文字がデザインされているんですね。これはシャレてる。

ちなみにこの糊屋さんの看板は大坂や京などだけで、江戸では見られなかったそう。なんでも江戸では糊を売るのは木戸の番人小屋がほとんどだったんだとか。さすが江戸版コンビニ・番人小屋、なんでも売ってます。

さぁ、次。

これは書かれている文字を読めばわかるんじゃないでしょうか?

江戸時代のうどん屋の看板
『守貞謾稿』より
書かれている文字は「うどん」「そばきり」。

そう、答えはうどん屋さんでした。麺を提供するお店だけに、看板も麺をイメージしたヒラヒラがついています。

とてもユニークでステキな看板なんですが、『守貞謾稿』によりますと三都(江戸・京・大坂)および全国あちこちでうどん屋でこの看板を使っていたのは江戸時代中期頃まで。江戸時代後期には三都では見かけなくなってしまったんだとか。

ここからちょっと難しくなりますよ。

これ、なんの看板だ?

江戸時代の薬屋の看板(はらいたのくすり)
画像引用元:くすりの博物館
金棒を持った赤鬼の看板です。え? 金物屋さんとか??

と、思ったらなんと、正解は薬屋さんの看板でした。よく見ると赤鬼のお腹に「はらいたのくすり」と書いてあります。

江戸時代、病気を鬼にたとえることが多かったそうなので、鬼(病気)を退治するほど強力な薬、という意味か、はたまた、この薬さえあれば鬼に金棒! という意味か……どっちでしょうね。

次は難しいクイズ。

これ、なんの看板だ?

江戸時代の凧屋の看板(『守貞謾稿』より)
『守貞謾稿』より
タコです。全長2mほどもある巨大で真っ赤なタコの看板です。これはスゴイ。デカすぎる。
ストレートに考えるなら、魚屋さん? とも思いますが、残念違います。

答えは……凧屋さん

タコはタコでもこっちのタコ。

江戸時代の凧遊び(『東京名所四十八景』「筋違御門うち凧あそひ」昇斎一景 画)
『東京名所四十八景』「筋違御門うち凧あそひ」昇斎一景 画
凧なだけに看板もタコなわけです。はい、駄洒落です。すごいくだらないですが、このくだらなさがいい。

この巨大タコ看板は江戸限定、しかも冬から初春までのシーズン限定もの。きっとタコ看板の登場を待ち遠しく思っていた人たちもいたことでしょう。

では次。これ、なんの看板だ?

江戸時代の風呂屋の看板
画像引用元:専修大学文学部林ゼミ写真帳
弓矢ですね。ストレートに考えれば弓道グッズのお店かな、と思いますがぜんぜん違います。

答えは……お風呂屋さんの看板でした。

「お風呂屋さんと弓矢、ぜんぜんカンケーないじゃん!」と思っても、これは駄洒落。どんな駄洒落かというと「弓を射る……ゆをいる……ゆいる……湯入る」という具合。もはや酔っ払った親戚のおじさんのたわごとを聞いているみたいで、われわれ現代人はお手上げです。

このユニークなお風呂屋さんの看板ですが、残念なことに江戸時代後期には「懐かしいもの」となっていたようです(たまーに地方にはあったらしい)。ちなみに現代でもこのステキな看板を使っている銭湯があるそうです。老舗銭湯に行くときには看板をチェックしてみましょう!

次も難問。

江戸時代の質屋の看板

もはや想像もつかない。前衛的な照明のようにも見えてきます。

なんのお店の看板かといいますと……質屋さんの看板です。

説明しますと、上の茶色い丸いのが「月」を、下の黒いヒモが「質流れ」を表しているそうで、丸いのが3つ重なっている、つまり、「三ヶ月で質流れ」という意味になります。

江戸時代の人たちはこれで「お、ここは質屋か」とわかったわけですからね。おもしろいものです。

余談ですが質屋の看板にはこんなものをモチーフにした看板もありました。これ。

将棋のコマ

将棋のコマです。

正確には「歩」のコマなどです。どういうことかと説明しますと、「敵陣に入ると金になる」つまり「店に入れば金(カネ)になる」ということ。洒落が効いています。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 江戸時代の人たちはとにかくダジャレ好き。ただ、その行き過ぎたダジャレ好きにより、江戸時代の看板がもはや超難問クイズと化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL