義賊・鼠小僧は実在した!2億円以上盗んだ大盗賊の生涯をまとめてみた【お墓も紹介】

  このエントリーをはてなブックマークに追加

悪どい大名や商人の屋敷に盗みに入り、盗んだ金は貧乏人に分け与え”義賊”として庶民から喝采を浴びた大泥棒――歌舞伎や講談でおなじみの人気者・鼠小僧ですが、果たしてその正体は?

歌舞伎のなかの鼠小僧次郎吉(『講談一席話 鼠小僧次郎吉 尾上菊五郎』松雪斎銀光 画)
歌舞伎のなかの鼠小僧次郎吉(『講談一席話 鼠小僧次郎吉 尾上菊五郎』松雪斎銀光 画)

フィクションの正義のヒーロー、ホントは実在していた


義賊・鼠小僧といえば正義のヒーローとして歌舞伎や小説、ドラマなどで大活躍。

文豪・芥川龍之介も『鼠小僧次郎吉』という短編小説を書いていますし、近年の歌舞伎では、演劇界の奇才・野田秀樹が脚本・演出を手がけ、故・中村勘三郎(当時、勘九郎)がケチでドジな鼠小僧を熱演した『野田版鼠小僧』が大評判となりました。


一番新しい「鼠小僧もの」ですと、赤川次郎の小説『鼠、江戸を疾(はし)る』をドラマ化したNHKの同名ドラマもあります。ちなみに、主人公の鼠小僧を演じたのは、この人。

『鼠、江戸を疾る』(滝沢秀明 主演)
タッキー(滝沢秀明)版鼠小僧は、今までにないスタイリッシュでアツいイケメン義賊
タッキーこと滝沢秀明

このように、数々の作品で主役を張った鼠小僧ですが、彼はフィクションではなく江戸時代の実在の人物でした。実際の鼠小僧も大泥棒だったわけですが、本当のところイメージ通り”義賊”だったんでしょうか?


私はこうして盗賊になった――テンプレのような転落人生


鼠小僧、本名は次郎吉

生まれたのは江戸時代後期の1797年(寛政9年)のことで、現在の日本橋人形町で産声を上げました。父親は歌舞伎小屋・中村座の便利屋だったそう。

当時の子どもたちと同じく、鼠小僧も10歳頃になると木具職人の家へ奉公に上がりました。が、向いてなかったのか、16歳で親元に帰って来ちゃいます。

その後、鳶職に就いたそうですが、素行がよろしくなかったようで25歳の時に「お前など息子じゃない!出て行け~!!」と勘当されてしまいます。

それからは絵に描いたような転落ぶり。

荒れた生活からギャンブルにのめり込み、あげく、ギャンブル資金を稼ぐために盗みに手を染めるようになったとか。

鼠小僧の浮世絵

「もうカタギの世界には戻れねぇ」


覚悟を決めたかのように盗みを重ねていきました。のちの鼠小僧の自白によりますと、盗みに入ったのは武家屋敷ばかり28カ所32回。複数回入られている屋敷よ、とりあえずセコム入れとこうか。

しかし、28歳のときに現行犯逮捕されます。

ところが、鼠小僧はよほど肝が太かったようで「すみません、盗みはこれが初めてです。ほんの出来心で……」とあたかも初犯であるかのようにいけしゃーしゃーと大嘘をつき、絶体絶命のピンチを切り抜けました。

とはいえ無罪放免とは当然ながらいかず、入墨(いれずみ)のうえ江戸から追放という刑に処せられます。

余談ですが、江戸時代の刑罰には身体刑のひとつとして入墨を入れられるというものがありました。

『徳川禁令考後聚』より入墨の一例
『徳川禁令考後聚』より入墨の一例
入れられる場所や模様は罪状や地域によって異なったそうですが、「前科者である」という消えない烙印になったのです。場合によってはオデコに「犬」と入墨を入れられることも……あんまりだ!

さて、鼠小僧に話を戻しましょう。

ついに前科持ちとなってしまった鼠小僧、江戸を離れ上方へ向かったそう。新天地で心機一転、心を入れ替えマジメに働くようになる――ことはなく、再び盗人稼業に戻ってしまいます。ダメだ、こりゃ。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22
一人鍋が定番! 江戸時代の冬の食事は現代とちょっと違っていた フグは庶民向け
寒い冬にこそおいしくなる温かい冬の食事。おでん、すき焼き、フグ、焼き芋...。今も見るけど、ちょっと違う江戸時代の冬の食事を紹介!
2017-01-15 14:52:57
ミニ氷河期だった江戸時代 庶民はどんな服装で冬の寒さをしのいだのか?
地球全体がミニ氷河期だった江戸時代。現代のような温かいコートやダウン、ヒートテックなどないなかで、人々はどのような服装で冬の寒さをしのいだのでしょうか?
2017-01-14 13:19:19
【食べないおせち料理】江戸時代の正月の常識が現代とだいぶ違う【お年玉はお餅】
現代のお正月といえば、初詣に行って、あけおめメールを送り合って、初売りで福袋をゲットしてといった感じですが、江戸時代の人々はどのようにお正月を過ごしていたのでしょうか?
2016-12-30 17:00:20
これが江戸時代!? ゆるカワすぎる仙厓(せんがい)和尚の作品に思わずニンマリする
「かわいい江戸絵画」が注目を集める昨今、禅僧・仙厓義梵(せんがいぎぼん)の画も唯一無二のユーモラス&抜群のカワイさで展覧会でも大人気。今回はそんな仙厓和尚の作品をたっぷりご紹介します。
2016-12-23 16:10:05

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上
コメント

コメント

  1. 鼠小僧はいよいよ処刑されるとき、幕府の計らいできれいな着物に身を包み、薄化粧をして口紅までさしてもらった。その特別扱いの理由とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL