浮世絵だけじゃない!江戸時代の傑作絵画が想像以上で驚がくする|厳選42枚

  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸時代は、浮世絵以外にもバラエティ豊かな絵画芸術が花開きました。数百年たった今でも衝撃的。斬新で美麗の傑作絵画42枚をまとめました。もちろん傑作浮世絵も紹介します。

古今無双のクールな鶏

『動植綵絵(どうしょくさいえ)』より「南天雄鶏図」(伊藤若冲 画)
『動植綵絵(どうしょくさいえ)』より「南天雄鶏図」 1765年
真っ赤な南天の木をバックに、真っ黒な軍鶏が雄雄しくポーズを決めています。黒と赤の配色がとにかくカッコイイ。見ていると気合が入ります。軍鶏の羽の繊細さも見所。


作者は、江戸時代中期に京で活躍し、昨今「奇想の天才絵師」として大人気の絵師伊藤若冲(じゃくちゅう)です。では、まずは多彩で幻想的な若冲ワールドからご紹介。

神々しき白

『動植綵絵(どうしょくさいえ)』より「老松白鳳図(ろうしょうはくほうず)」(伊藤若冲 画)
『動植綵絵(どうしょくさいえ)』より「老松白鳳図(ろうしょうはくほうず)」 1765~66年頃
さきほどの鶏と同じく若冲の代表的シリーズ『動植綵絵』のなかの1枚。伝説の霊鳥・鳳凰が旭日に向かい羽を広げています。どうですか、この白の神々しさと繊細さ。それに尾端はまるでハート。神聖な印象と同時に妙なエロティックさも感じさせます。

『動植綵絵(どうしょくさいえ)』より「老松白鳳図(ろうしょうはくほうず)」(伊藤若冲 画)における鳳凰の眼差し
秀逸なのは鳳凰のこの眼差し!

ひょうきんな虎(足ぺろぺろ)

虎図(伊藤若冲 画)
『虎図』 18世紀後半
ぜんぜん猛々しくない虎。むしろカワイイ。肉球もむっちむちです。ちなみに、本物の虎は見れないので李龍眠作といわれる「虎図」を模写したそう。若冲さん、どうしても虎が描きたかったみたいです。

虎図(伊藤若冲 画)における虎の顔
よく見ると毛の1本1本が墨で描かれています。舌のザラザラも。

コロコロのモフモフ

百犬図(伊藤若冲 画)
『百犬図』 1800年
画面いっぱいに描かれているのはコロコロでモフモフの子犬たち。わんわんパラダイス。タイトルは『百犬図』ですが実際は59匹。

百犬図(伊藤若冲 画)のピックアップ
表情豊かな子犬たち。最晩年の作品ですが、いささかも筆の衰えを感じさせません。むしろ冴えて澄んでいます。

シンプル&大迫力

象図(伊藤若冲 画)
『象図』 18世紀後半
みっちみちに象が詰め込まれています。いや、狭いところから出ようとしているのか? シンプルな線だけでこんな大迫力の象を描く若冲、やはり奇才です。

オシャレなしゃれこうべ

髑髏図(伊藤若冲 画)
『髑髏図』 18世紀後半
このままTシャツにできそうなデザインです。不気味な髑髏がなんだかユーモラスなのは若冲ならでは。

見ているだけで幸せ気分

伏見人形図(伊藤若冲 画)
『伏見人形図』 1800年
若冲、最晩年の作。描かれているのは布袋さまの伏見人形。コロコロという足音が聞えてきそうです。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

【画像あり】江戸時代にもクリスマス!? 日本初のサンタは侍の格好だった!
クリスマスって戦後ぐらいに日本でも広まった?と思いきや、意外にその歴史は長かった。キリスト教が弾圧された江戸時代に、どうやってクリスマスを祝われていたのでしょうか?
2016-12-06 11:02:49
ゆるカワ地獄が面白い 200年前の奇才絵師・耳鳥斎の厳選32作品を紹介
近頃、江戸時代の“ゆるカワ”作品がアツい注目を集めています。以前ご紹介した北尾政美(きたおまさよし)もそのひとり。そして、今回ご紹介する耳鳥斎(読み:にちょうさい)も江戸時代が生んだ“ゆるカワ”絵師として展覧会や図録がジワジワ人気を集めています。そんな耳鳥斎の楽しい作品をご紹介。
2016-11-22 14:32:58
宝くじのルーツ、江戸時代の禁止ギャンブル「富くじ」とは【1等いくら?】
ギャンブルをやらない人でも身近な賭博が宝くじ。億万長者を夢見て宝くじを買ったことのある人も多いのでは? ということで今回は宝くじのルーツ、江戸時代の富くじをご紹介。
2016-11-19 09:55:03
桜吹雪の刺青や名裁きは作り話?それでも遠山の金さんのモデルがヒーローだった理由
決め台詞「この桜吹雪に見覚えがねぇとは言わせねぇぜ!」で悪役たちに啖呵をきるシーンでおなじみ、時代劇ドラマのヒーロー「遠山の金さん」。大岡越前とともに“江戸時代を代表する名奉行”として知られる金さんの嘘と真実をまとめました。
2016-11-18 15:40:30
ペットショップに飼育書、ペットのお墓まで!?江戸時代のペット事情が現代と変わらない
犬に猫、金魚や小鳥に爬虫類まで――さまざまなペットを飼っている家庭が増え、ペットはもはや家族の一員となっています。ペットブームが起きたのは近年になってからと思いきや、じつは江戸時代にもペットは大人気。今回は江戸のペット事情をまとめました。
2016-11-14 14:28:11
松尾芭蕉の相手は13歳年下のイケメン?江戸時代の有名人たちの恋愛事情をまとめた
松尾芭蕉や小林一茶など江戸時代の有名文化人というと、色恋には無関心な“ストイックな人”というイメージがありますが、彼らとて人の子。恋をして、愛する人を想い涙することもありました。今回は有名文化人たちの恋模様をご紹介します。
2016-11-05 19:20:03
【画像多数】 富士山を描いた江戸時代の絵画が絶景すぎる【31作品】
古来、日本を象徴する霊峰として有名な富士山。江戸時代にも多くの芸術家たちが富士山の姿を描きましたが、今回はそのなかから厳選した31枚をご紹介します。
2016-11-03 19:34:06
【女性用ふんどしも!?】江戸時代の下着「ふんどし」が興味深い【戦前までは現役】
「ふんどし」というと“男性用の伝統的下着”というイメージがありますが、じつは戦前までは現役バリバリ。そして、女性用のふんどしもあった!? 江戸っ子たちの下半身を包んだふんどしについてまとめました。
2016-11-02 19:27:09
暴れん坊将軍 吉宗のライバル・徳川宗春の生き方がド派手すぎる
時代劇ドラマのヒーローであり、“幕府中興の祖”として有名な8代将軍・徳川吉宗。その吉宗の最大である尾張名古屋の愛すべきド派手お殿様、徳川宗春についてまとめました。
2016-11-01 14:38:42
【画像あり】江戸時代の妖怪絵巻がゆるカワ過ぎてほっこりする【厳選5作品】
近年の妖怪ブームで注目を集める妖怪界。妖怪をテーマにした展覧会は大人気。今回は数ある妖怪絵巻のなかでもとってもユニークでカワイイ5作品を紹介。
2016-09-17 21:24:37

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上
コメント

コメント

  1. Pingback: 【】iPhone 7はベゼルが狭く防水仕様に?ジャパンディスプレイの次世代LCDが狭額縁化や濡れた指での操作にも対応 | 小龍茶館 他 (2016/2/14) #applejp – Blog!NOBON+

  2. Pingback: ●コロンブスによる文物の相互持ち込みは、今日の「序列化する世界」を産みだした | ちえのたね|詩想舎

  3. Pingback: 【これが150年前!?】幕末の浮世絵がクール過ぎて圧倒される【まさに神】 | 幕末ガイド

  4. Pingback: 【これが130年前!?】最後の浮世絵師が描いた『100枚の月』がとんでもなく新しい【月岡芳年】 | 幕末ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL