ミニ氷河期だった江戸時代 庶民はどんな服装で冬の寒さをしのいだのか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加


冬の部屋着は「どてら」に決まり


江戸時代の家屋は、基本的に木と紙でできていました。現代より気密性も低く、室内の気温も格段に低かっただろうと思われます。江戸時代の暖房器具といえば火鉢や手あぶり、とても部屋全体を温めることはできません。

そこで冬のあったか部屋着として大活躍したのがどてらです。漢字で書くと「褞袍」と難しい。「丹前(たんぜん)」ともいいます。

三味線を爪弾く江戸時代の女性(『江戸名所百人美女』「今戸」歌川豊国 画)
『江戸名所百人美女』「今戸」歌川豊国 画
色っぽい美女が三味線を爪弾いています。彼女が着ているのが「どてら」です。


「どてら」は着物よりひと回り大きなサイズで、全体に綿が入っています。派手な縞模様が多いのも特徴。

江戸時代初期に、異風を好む“旗本奴”たちの間で流行した全体にたっぷり綿を入れた「丹前風」と呼ばれた小袖が原型といわれ、江戸時代後期には庶民の間でも冬の部屋着の定番となりました。

雪の朝、どてらを羽織る江戸時代の女性(『雪月花の内』「雪の朝」部分 歌川国芳 画)
窓から身を乗り出す女性が「どてら」を羽織っています(『雪月花の内』「雪の朝」部分 歌川国芳 画) 

どてらを着る江戸時代の役者(『市川鰕藏のらんみやくの吉』写楽 画)
こちらの役者が着ているのも「どてら」(『市川鰕藏のらんみやくの吉』写楽 画)
「どてら」は部屋着なので、基本的に外出の際には使用しなかったのですが、職人などは外出着としても着用したんだとか。

ほかにも、綿を入れて防寒用にした半纏(はんてん)や「甚兵衛」「ちゃんちゃんこ」と呼ばれた袖のない綿入り羽織も冬の部屋着として活躍しました。

コタツの周りに集まる江戸時代の女性たち(『絵本四季花 下』喜多川歌麿 画)
コタツの周りに女性たちが集まりヌクヌク&ゴロゴロ。猫もいるし、正しい冬の過ごし方。画像左のキセルを持った女性が袖なし羽織を羽織っています(『絵本四季花 下』喜多川歌麿 画)
子ども用の防寒着としては「亀ノ子半天」というものがありました。これは袖なし半纏の一種で、亀の甲羅に似ていることが名前の由来。ネーミングがかわいい。

また、冬の子守には「ねんねこ半天(半纏)」というものが防寒着として幕末に大流行しました。

積もった雪で遊ぶ江戸時代の子どもたち(歌川国輝 画)
歌川国輝 画
この浮世絵、めちゃくちゃ雪が積もっているなか、子どもたちが元気に遊んでいます。ものすごく寒そうですが、この子たち信じられないくらい薄着。

現代の子どもも冬にTシャツだったりして目を疑うことがありますが、この数百年前の子どもたちは雪のなか半裸だったり裸足だったりと度を越しています。「子どもは風の子」なんてレベルじゃない。

で、画像中央に赤ちゃんをおんぶした女の子がいるんですが、その子が着ているのが「ねんねこ半天」です。赤ちゃんを背負った上から着込みました。とってもあったかそう。

ねんねこ半天を着て子守りをする女の子(明治時代 撮影)

こちらは明治時代に撮影された古写真で、子守りの女の子たちが写っています。ここでも冬服「ねんねこ半天」が活躍しています。そういえば昔話なんかでも見たことあるな、これ。

ちなみに、「ねんねこ半天」は現在でも販売されていて、根強い人気があるようです。

外出用の冬の上着としては「袷羽織」という裏地つきの羽織がありました。

尾上梅幸、瀬川路考、市川三舛といった人気役者の冬の服装(『隅田川雪の情景』歌川国貞 画)
『隅田川雪の情景』歌川国貞
尾上梅幸、瀬川路考、市川三舛といった人気役者の冬の服装。それぞれステキな羽織を羽織っています。

現代、定番雨具のひとつとなっている「カッパ」は江戸時代にも雨の日や雪の日に活躍しました。今は「レインコート」で呼ぶことが多くなった気がしますが。漢字表記では「合羽」。

余談ですが、「合羽(かっぱ)」の語源はポルトガル語で「外套(がいとう)」を意味する「capa」です。これ豆。

「合羽」にもいろんな種類があり、たとえば「引き廻し合羽」と呼ばれるマントのような合羽は旅専用で普段使いはしませんでした。

庶民が雪の日に使ったのは、防水加工された紙や木綿でできた「半合羽」というもの。雨具としても使用されました。

半合羽を着るお供の小僧さん(『山海名産尽 加賀ノ雪』歌川国芳 画)
お供の小僧さんが着ているのが、半合羽。ボタンで留められるようになっているのがオシャレ(『山海名産尽 加賀ノ雪』歌川国芳 画)
そのほか、「蓑(みの)」も忘れてはいけない冬の防寒アイテム。

江戸時代の横浜市金沢周辺(『金沢八景』「内川暮雪」歌川広重 画)
『金沢八景』「内川暮雪」歌川広重
これは現在の横浜市金沢周辺の風景を描いた風景画。

現代でも横浜では雪が降りますが、この浮世絵では足首まで隠れるほど積もっています。雪道を歩く人は、笠に蓑というスタイルで、農村部ではこれがスタンダードでした。

江戸時代中期に「傘」が普及し、雨の日や雪の日の必須アイテムとなるわけですが、笠もずっと第一線で活躍しました。

笠の話が出たので、次は雪の日のかぶりものについて。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 江戸時代は、地球全体が「小氷期」と呼ばれるミニ氷河期でした。冬の寒さは現代以上に厳しく、隅田川が凍ったという記録も残されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL