【画像多数】 富士山を描いた江戸時代の絵画が絶景すぎる【31作品】

  このエントリーをはてなブックマークに追加

古来、日本を象徴する霊峰として有名な富士山。江戸時代にも多くの芸術家たちが富士山の姿を描きましたが、今回はそのなかから厳選した31枚をご紹介します。

富士山と太陽のベストコンビ

『絵手鏡』より「富士山図」酒井抱一 画(江戸時代後期)
『絵手鏡』より「富士山図」酒井抱一 画(江戸時代後期)
白い富士山、深く青い空、真っ赤な太陽、そしてたなびく金色の雲。シンプルながら洗練されたスタイリッシュな1枚で、江戸時代の作品とは思えない現代的な空気を醸し出しています。

作者は、江戸時代後期を代表する“琳派”の絵師で、洗練された都会的な作風で知られる酒井抱一。姫路藩主の弟というセレブ出身の絵師でした。


月夜の富士と名将と

『月百姿』より「きよみかた空にも関のあるならば月をとゝめて三保の松原」月岡芳年 画(1886年頃)
『月百姿』より「きよみかた空にも関のあるならば月をとゝめて三保の松原」月岡芳年 画(1886年頃)
ぽっかりと月が浮かぶ静かな夜。世界遺産に登録された三保の松原から富士山を見つめるのは、“甲斐の虎”と恐れられた戦国武将武田信玄公。名将の目に月夜の富士はどのように映っているのでしょうか。

こちらの絵、作者は幕末から明治にかけて活躍した絵師・月岡芳年。月をテーマにした晩年の傑作シリーズ『月百姿』のなかの1枚です。

鶴部隊、富士を越える

『富士越鶴図(ふじえっかくず)』長沢蘆雪 作(1794年)
『富士越鶴図(ふじえっかくず)』長沢蘆雪 作(1794年)
富士山、鶴、朝日というおめでたいモチーフを描いた作品ですが、なんだかとっても“普通じゃない”感が漂っています。なにせ、富士山はエベレストもかくやと思われるほどにとんがっているし、鶴は一直線に編隊を組んで飛んでいるし……。

このユニークな作品の作者は“奇想の絵師”といわれる江戸時代中期の絵師長沢蘆雪

ぞろぞろゾロゾロ……多すぎぃ!

『富士山諸人参詣之図』二代・歌川国輝 画(1865年)
『富士山諸人参詣之図』二代・歌川国輝 画(1865年)
これも異色の富士山絵。富士山というより富士山を登り下りする登山客の多さが気になってしょうがない。

ちなみにこの作品は幕末に描かれたもので、乱高下する物価の風刺画といわれています。よく見ると登山客の笠に「米」とか「油」とか書かれていて、登る人々は物価が上がったもの、下る人々は物価が下がったものを意味するんだとか。

それにしてもユニーク。

荒波に飲まれそう

『富士三十六景』より「駿河薩夕之海上」歌川広重 画(1859年)
『富士三十六景』より「駿河薩夕之海上」歌川広重 画(1859年)
駿河湾の海は荒れ模様のようで、大波が今にも富士山を飲み込んでしまいそう。でも、富士は泰然自若としており、「動」と「静」の対比が印象的。

作者は、独創的かつ大胆な構図で世界的にも有名な江戸時代後期の浮世絵師歌川広重

富士山は多くの絵師に愛されましたが、広重もまた富士山を愛した絵師のひとり。広重らしいユニークな富士山絵をいくつかご紹介。

なんだかかわいらしい富士山

『冨士三十六景』より「甲斐大月の原」(1859年)
『冨士三十六景』より「甲斐大月の原」(1859年)
先ほどの荒々しさとは打って変わって、こちらはパステルカラーのお花たちに囲まれた、なんだかかわいらしい雰囲気の富士山。色とりどりの秋の草花が咲き乱れる野原から見る富士山にほっこり癒されます。

ちなみに、『冨士三十六景』は富士山をテーマにしたシリーズで広重の代表作のひとつです。

次も同シリーズより by 広重

富士山を探せ

『冨士三十六景』より「下総小金原」(1859年)
『冨士三十六景』より「下総小金原」(1859年)
どこまでも広がる小金原の平野(現・千葉県松戸市)から眺める富士を描いたものですが、主役は富士山より馬!?広重の発想の自由さには脱帽です。

最後にもう1枚、広重

富士山にズームイン!

『江戸近郊図』(江戸時代後期)
『江戸近郊図』(江戸時代後期)
こちらも奇想天外な富士山。一見するとなんだかよくわかりませんが、丸い部分は望遠鏡をのぞいて見える富士近郊の風景だそう。これまたすごい発想。富士山の周りを飛ぶたくさんの鶴のシルエットもおもしろいですね。

さてさて、富士山を描いたシリーズとして広重の『冨士三十六景』と並んで有名なのが、天才・葛飾北斎の『富嶽三十六景』でしょう。通称「赤富士」などの超有名作が目白押しの同シリーズから個人的にイチオシの作品がこちら。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL