大石内蔵助

大石内蔵助

おおいしくらのすけ

出身
播磨国
生年月日
1659年0月0日
没年月日
1703年3月20日
年齢
満44歳没

江戸時代前半の武士、播磨国赤穂藩の筆頭家老。『忠臣蔵』こと『仮名手本忠臣蔵』で知られる「元禄赤穂事件」で赤穂浪士たちを率い宿願を果たした。本姓は藤原、「良雄」は諱で、通称(仮名)は「内蔵助」。一般に「大石内蔵助」の名で広く知られる。幼名は松之丞。10代の時に父、祖父が他界したため、若くして領地と「内蔵助」の通称を受け継ぎ、21歳で赤穂藩の筆頭家老という重職に就いた。平時においては「昼行灯」とあだ名されるほどの凡庸な家老だったといわれるが、1701年、勅使接待役の赤穂藩主・浅野長矩が接待役指南の高家肝煎・吉良義央を江戸城松之廊下で斬りつけるという刃傷事件が起きる。これに将軍・徳川綱吉が激怒、浅野長矩は即日切腹を命じられ、赤穂浅野家はお家断絶となった。一方の吉良はお咎めなしであった。この報が赤穂城に届くと、城内は恭順派と篭城派に分かれ紛糾したが、良雄は、城を明け渡し長矩の弟・浅野長広を主君とし浅野家再興を幕府に嘆願、同時に吉良への処分も求める、ということで城内をまとめた。赤穂城を明け渡したあとは家族と今日の山科に隠棲、ここから浪士たちと連絡をとりあった。良雄は、吉良への仇討ちを急ぐ急進派を抑えつつ、お家再興に力を入れた。だが、お家再興の望みは絶たれ、良雄もついに吉良を討つことを決意、元禄15年12月15日未明(新暦では1703年1月31日未明)、47人の赤穂浪士たちは江戸の本所にある吉良屋敷に討ち入った。激闘の末、吉良を討ち取った浪士たちは江戸市中を行進し、泉岳寺にある長矩の墓前に吉良の首級を供え本懐成就を報告した。幕府の命により浪士たちは4つの大名屋敷にお預けとなり、良雄は肥後熊本藩の屋敷に預けられた。それから約2ヵ月後、幕府から切腹を命じられ良雄をはじめ浪士47人は切腹した。辞世の句は「極楽の道はひとすぢ君ともに阿弥陀をそえて四十八人」といわれる。良雄の亡骸は長矩と同じ泉岳寺に葬られた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

年月日 年齢(人生の残り時間) 内容
17010421 42歳(あと1年) 赤穂藩主・浅野内匠頭が江戸城松の廊下にて吉良上野介に斬りかかる。浅野内匠頭は即日切腹となった
17030130 44歳(あと2ヶ月) 赤穂事件。大石内蔵助ら47人が吉良上野介を討った
17030320 赤穂浪士、討ち入りの罪により切腹する

大石内蔵助をチェックした人はこんな人物もチェックしています

大石内蔵助にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

  • 大石りく
    [妻] 大石りく
    赤穂事件討ち入りによる連座が及ばぬように、事前に蔵之助から絶縁される
    10歳年下
  • 大石主税
    [子] 大石主税
    父・内蔵助とともに赤穂浪士四十七士として、吉良邸に討ち入りした。
    29歳年下
  • 吉良上野介
    [ライバル] 吉良上野介
    元禄赤穂事件における敵役。大石内蔵助率いる四十七士により討ち取られた。
    18歳年上
  • 浅野内匠頭
    [主君] 浅野内匠頭
    元禄赤穂事件における悲劇の若き主君。
    8歳年下

画像

現代に遺された肖像画像(肖像画)や記念画像。ゆかりの土地や墓所・銅像などの画像も。

エピソード・逸話

教科書には載っていない興味深いエピソードの数々。

大石内蔵助のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・辞世の句・最後の言葉

大石内蔵助が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそえて 四十八人辞世の句・最後の言葉
大石内蔵助の辞世の句と伝えられている

子孫

※参考:『月刊歴史百科』創刊号(1980年)など

大石主税(おおいしちから)
大石内蔵助、大石りくの息子(長男)にあたる。父・蔵之助とともに赤穂浪士四十七士の一人。「主税」は通称であり、名は大石良金。
大石吉之進(おおいしきちのしん)
大石内蔵助、大石りくの息子(次男)にあたる。名は良以(よしもち)。父・蔵之助や兄・主税ら赤穂浪士の討ち入り前に仏門に入り、祖錬元快と称す。享年19。
大石大三郎(おおいしだいさぶろう)
大石内蔵助、大石りくの息子(三男)にあたる。父・蔵之助や兄・主税ら赤穂浪士の討ち入り後、広島藩に仕官する。
大石くう(おおいしくう)
大石内蔵助、大石りくの娘(長女)にあたる。赤穂事件討ち入りによる連座が及ばぬよう、母・りくとともに事前に蔵之助から絶縁される。享年15。
大石るり(おおいしるり)
大石内蔵助、大石りくの娘(次女)にあたる。赤穂事件討ち入りによる連座が及ばぬよう、母・りくとともに事前に蔵之助から絶縁される。その後、弟・大三郎の広島藩仕官により、母・りくとともに広島へ移住する。

博物館、史跡、銅像

ゆかりの品が展示されている主な博物館や記念館。現在でも残る墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

大石内蔵助を演じた俳優

大河ドラマや映画などで、さまざまなタイプの俳優が演じています。

大石内蔵助を演じた声優

ゲームやアニメなどで、声優が新たな魅力で演じています。

大石内蔵助の演じた声優は見つかりませんでした…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大石内蔵助関連のタグ

大石内蔵助関連の情報

ブログ特集記事

大石内蔵助の魅力をもっと掘り下げます

大石内蔵助関連のブログ記事はまだ登録されていません。。

同い年の人物

大石内蔵助と同じ1659年に生まれた人物たち。

中村勘助
中村勘助
陸奥国
満44歳没

江戸の人物 人気ランキング

1位 (46view)
お久免の方紀伊国
徳川幕府8代将軍・徳川吉宗の側室。紀州藩士の娘として生まれ、和歌山城にて吉...
No Image
2位 (44view)
大石内蔵助播磨国
江戸時代前半の武士、播磨国赤穂藩の筆頭家老。『忠臣蔵』こと『仮名手本忠臣蔵...
大石内蔵助
3位 (39view)
高田郡兵衛三河国
江戸時代前期の武士、播磨国赤穂藩浅野家の家臣。「槍の郡兵衛」と異名をとる槍...
高田郡兵衛
4位 (39view)
天草四郎肥後国
生年は1623年とする説もある。江戸時代初期のキリシタンで、日本史上最大の...
天草四郎
5位 (38view)
緒方洪庵備中国
江戸時代後期の蘭学者、医者、武士。大坂で蘭学塾「適々斎塾(てきてきさいじゅ...
緒方洪庵
6位 (36view)
長谷川平蔵武蔵国
長谷川宣以(はせがわのぶため)。江戸時代中期の旗本で、火付盗賊改方の長官を...
長谷川平蔵
7位 (30view)
国定忠治上野国
江戸時代後期の侠客。本名は長岡忠次郎。「国定」は生まれ故郷の上野国佐位郡国...
国定忠治
8位 (26view)
喜多川歌麿 (不明)
江戸時代の中期に活躍した浮世絵師。美人画の名手として世界的に名高い。姓は北...
喜多川歌麿
9位 (23view)
松浦静山肥前国
江戸時代中期から後期の大名、肥前国平戸藩の9代藩主。幼名は英三郎、名は清。...
松浦静山
10位 (23view)
小林一茶信濃国
江戸時代後期に活躍した俳諧師で、生涯に2万句を超える俳句を残した。本名は小...
小林一茶
11位 (23view)
左甚五郎播磨国
江戸時代初期に活躍したといわれる伝説的な彫刻家。姓は伊丹、名は利勝。日光東...
左甚五郎
12位 (22view)
小堀遠州近江国
安土桃山時代から江戸時代前期にかけて活躍した大名。作庭家、茶人としても名高...
小堀遠州
13位 (21view)
柳生十兵衛大和国
江戸時代前期の剣豪、旗本。名は三厳(みつよし)だが一般に通称の「十兵衛」で...
柳生十兵衛
14位 (21view)
遠山金四郎武蔵国
遠山景元(とおやまかげもと)。江戸時代後期の旗本で、北町奉行・南町奉行を務...
遠山金四郎
15位 (21view)
絵島三河国
江戸時代中期の江戸城大奥御年寄。本名はみよ。「江島」の表記が正しいとも。歌...
絵島
16位 (20view)
河村瑞賢伊勢国
江戸時代初期の政商。幼名は七兵衛、通称は平太夫。生年は諸説ある。伊勢度会郡...
河村瑞賢
17位 (20view)
華岡青洲紀伊国
江戸時代後期の外科医。世界で初めて全身麻酔による手術を成功させたことで名高...
華岡青洲
18位 (19view)
竹姫山城国
江戸時代中期の女性で、薩摩藩5代藩主・島津継豊の後妻。徳川幕府5代将軍・徳...
竹姫
19位 (19view)
水野忠邦武蔵国
江戸時代後期の大名で、肥前唐津藩主のち遠州浜松藩主。幕府老中として“三大改...
水野忠邦
20位 (18view)
伊藤若冲山城国
江戸時代中期に京で活躍した「奇想の画家」。名は汝鈞(じょきん)、字は景和(...
伊藤若冲
21位 (18view)
月光院武蔵国
徳川幕府6代将軍・徳川家宣の側室、7代将軍・家継の生母。本名は勝田輝子、側...
月光院
22位 (18view)
鳥居耀蔵 (不明)
幕臣。老中・水野忠邦が推し進めた「天保の改革」のひとつ・綱紀粛正方針に従い...
鳥居耀蔵
23位 (17view)
尾形光琳丹波国
江戸時代前期から中期に活躍した画家、工芸家。「琳派」の大成者として知られる...
尾形光琳
24位 (17view)
林鳳岡武蔵国
江戸時代前期から中期の儒学者。名は又四郎、春常、信篤、字は直民、号はほかに...
No Image
25位 (17view)
円山応挙丹波国
江戸時代の中期から後期にかけて活躍した絵師で、「円山派」の祖。本姓は藤原、...
円山応挙

江戸ガイドとは

江戸をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら
江戸ガイドTwitterをフォローする

江戸をもっと深く知る

人物の子孫
現代に続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに江戸の人物や名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる江戸の有名人達の共通点
今日は何の日?
生まれた・亡くなった人物/偉人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに人物/偉人を見る
エピソード
教科書には載ってなかった偉人の意外な一面
博物館・史跡・銅像
有名な事件・出来事が起こった場所
大河ドラマ・映画・ドラマ
江戸をテーマにした映像作品
江戸作品 出演俳優
イメージ通りの人物を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる江戸の新たな魅力
江戸作品 出演声優
人物の新たな魅力を演じる声優たち

江戸ガイドブログ最新記事

3月24日
【画像あり】大混雑!人気企画展『奇想の系譜展』の見どころをレポート!グッズも紹介
3月18日
春画とはなに?有名浮世絵師も手がけた春画を分かりやすく解説
3月3日
2019年大型企画『新・北斎展』の見どころをまとめてみた 初公開作品も!
2月25日
猫と美女の浮世絵 今日の一枚 #9
2月11日
明治時代の猫浮世絵 今日の一枚 #8
2月9日
雪の日のお楽しみ 今日の一枚 #7
2月4日
【貴重な展示品も】富くじの企画展を見に貨幣博物館へ行ってきた!
1月23日
パステルでファンシーな浮世絵 今日の一枚 #6
1月22日
文明開化の光 今日の一枚 #5
1月20日
【スタイリッシュ】逆転の発想にしびれる浮世絵 今日の一枚 #4
1月19日
ぽっちゃり柔らかそうな人たちの浮世絵 今日の一枚 #3
1月16日
癒される!猫たちの宴会の浮世絵 今日の一枚 #2
1月15日
【可愛い】フグを買おうかどうか悩むイノシシ 今日の一枚 #1
1月14日
【写真あり】江戸時代の再現料理が想像以上に美味だった
1月14日
美少年による売春が流行。江戸時代の男色の実態はハードだった【おもな客は僧侶】
江戸時代のトリビアを紹介!江戸ガイドブログ版

他の時代を知る

戦国ガイド
戦国時代の武将/大名・名言・画像・子孫を網羅した総合サイト
幕末ガイド
幕末志士の写真・子孫・名言を徹底紹介した幕末総合サイト
明治ガイド
明治時代の人物・名言・画像を網羅した総合サイト
大正ガイド
大正時代の人物・名言・子孫を網羅した総合サイト
昭和ガイド
昭和時代の人物・名言・名作を網羅した総合サイト