文明開化の光 今日の一枚 #5

本日の一枚は光と影が織りなす幻想的な浮世絵です。

『日本橋夜』(小林清親 画)
『日本橋夜』(小林清親 画)
しんしんと雪の降る夜、一台の馬車が駆けています。

それを追いかけるように野良犬が走り、反対側には傘で身を守るように歩く人の姿も。

そんな光景を煌々と輝くガス灯が照らし出しています。

こちらの作品が描かれたのは1880年(明治13年)。ガス灯は文明開化の音がする新しい時代を象徴でもありました。

夜の闇とまばゆい光が織りなす幻想的な風景は、江戸時代から明治時代へ移り変わる空気を見る者に感じさせます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事