紫陽花とイケメンと 今日の一枚 #10

本日の一枚は、6月を代表する花である紫陽花を背負ったイケメン。

『当盛六花撰 紫陽花』(三代歌川豊国・歌川広重 画)
『当盛六花撰 紫陽花』(三代歌川豊国・歌川広重 画)
薄い青色が美しい紫陽花に、粋な浴衣姿の男性2人。ちなみにこの男性はどちらも当時の大人気歌舞伎役者です。季節感あふれるブロマイドといったところでしょう。

右側のイケメン役者が、なにやら鉢のようなものを手にしています。これは夏の甘味として現代でもおなじみのトコロテンと思われます。トコロテンは江戸っ子にも大人気な夏のおやつの定番で、江戸では砂糖か醤油をかけて食べたんだとか。

見ているだけで涼やかな風を感じるような浮世絵ですね。

余談ですが、こちらの作品、役者絵の大家・三代歌川豊国が役者を描き、風景画の巨匠・歌川広重が背景の紫陽花を描くという超豪華コラボなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: 投稿日:カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事