シュールすぎる挿絵 今日の一枚 #27

本日の一枚は、シュールさがものすごい黄表紙の挿絵。

『胴人形肢体機関(どうにんぎょうからだのからくり)』より(曲亭馬琴 作・北尾重政 画)
『胴人形肢体機関(どうにんぎょうからだのからくり)』より(曲亭馬琴 作・北尾重政 画)
えー、胸元をくつろげた男性が横たわっています。よく見ると胸元になにか乗っています。なんとハト(擬人化)です。

胸元にハト……そのココロは、つまり「はとむね」というわけ。

これは『胴人形肢体機関(どうにんぎょうからだのからくり)』という江戸時代後期の黄表紙(大人向け絵本)の挿絵なんですが、発想が斜め上すぎます。

作者は『南総里見八犬伝』で有名な曲亭馬琴、挿絵は北尾重政。

体の部品の良し悪しで吉凶を占う教訓先生が、言葉遊びに引っかけ正しい生き方を説く、というわりと真面目な内容なのですが、「はとむね」をはじめとにかく挿絵がシュール。

「膝小僧」なら膝に小僧がくっついているし、「獅子鼻」なら鼻のところにお獅子がいるし、「猫背」は期待通りに背中に猫が丸まっているという具合。

ぜひほかの挿絵もみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: 投稿日:カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事