大阪港にも開国の波 今日の一枚 #25

本日は「大阪港開港記念日」ということで、幕末の大阪港のようすを今に伝える浮世絵を。

『浪花百景』「安倍川橋」(長谷川貞信 画)
『浪花百景』「安倍川橋」(長谷川貞信 画)
1853年(嘉永6年)のペリー来航により日本は大きな転換期を迎え、下田港と函館港が世界に向けて開かれました。

そして徳川幕府から明治新政府に政権が変わった1686年(明治元年)、安治川の河口に外国船向けの波止場がつくられ大阪港が開港しました。

大阪港はその後も拡張と整備が重ねられ、現代では日本を代表する国際貿易港となったのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事