化け物たちがゾロゾロゾロ 今日の一枚 #23

7月13日は「オカルト記念日」ということで、本日の一枚は怖いけど愛嬌たっぷりな化け物たちが大集合。

『百器夜行(ひゃっきやぎょう)』(月岡芳年 画)
『百器夜行(ひゃっきやぎょう)』(月岡芳年 画)
闇から現れたのはたくさんの付喪神(つくもがみ)。
付喪神とは古い道具などに霊が宿ったもののことで、古くからその姿は絵師たちにより描かれてきました。

ここに描かれているのは、木魚に鐘、三味線などなど鳥山石燕先生の『画図百鬼夜行』に登場する付喪神たち。

化け物、妖怪の類ではありますが、ポップな色づかいとユーモアあふれる表情のおかげか不気味というよりなんだか楽しそうな雰囲気が漂います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事